健康講座 Lesson 2 をアップしました。

JUGEMテーマ:住宅

「健康のための室内気候講座」 Lesson2を公開しました。

 

今回のテーマは、日本人の幸福度の判断基準。

さて、どんな基準で日本人は幸福だと感じているのでしょうか?

 

■詳細情報は、公式HPをご覧ください。

公式HP: http://iwall.jp/kenkou.html

 

 

 


フランクフルトの住宅展示場視察。その2。

JUGEMテーマ:住宅

前回アップしたフランクフルトの住宅展示場視察の続報です。

歴史的にレンガや石による組積造が多用されてきたからでしょうか、ガラスのファサードを持つ軽量構造の提案もたくさん見られました。

窓の発生の歴史を組積造とポスト・リンテル造の相違から類型化する試みはとても有名ですが、このモデルハウスもまさにその典型とも言えるかもしれません。この引き違いサッシ、気密は取れているのでしょうか?重さも心配になりますよね。

 

 

あえて典型的な切り妻屋根をやめて、モダン建築をテーマにしたような住宅も展示されています。

ちょっと2階部分のプロポーションを間違えているように思いますが、気のせいでしょうか。

 

ドイツでお宅を訪問すると必ずと言っていいほど奥様に案内されて、しかも自慢される清潔なキッチン。

 

でも4人家族でこのシンクで足りる料理って、一体どんな料理なんでしょうか?

ドイツのご主人達のため息が聞こえてきそうな、そんな風景です。ビバ、日本人。

 

この展示場の太陽エネルギー利用の主役は、太陽電池ではなく太陽熱給湯器のようです。

それにしても小さな貯湯タンクですから、バスに浸かってリラックスするよりは、シャワーで済ませるライフスタイルが一般的なのでしょう。

 

よく見かける太陽熱集熱器と追い焚き用のガスボイラーの切り替えコントローラー。

 

換気設備は、第1種の熱交換換気が必須となっています。

でもこの透明なダクトを使えばダクト内の汚れも見えますので、メンテナンスの時期を逸することはないかもしれません。

 

セントラルヒーティングは、もちろん最もポピュラーな暖房システムですが、薪の炎は癒しの効果も抜群。

薪ストーブを装備している住宅がほとんどです。

デザイン的に洗練された、懐かしいコッフェル・オーフェン風のストーブも数多く展示されていました。

 

☆室内気候研究所
HP http://iwall.jp/


「健康のための室内気候講座」を開講します。

JUGEMテーマ:住宅

室内気候研究所のHome Pageで、「健康のための室内気候講座」を開講することになりました。

 

健康な生活を送っていただくためのTIPSを、できるだけ平易な表現で記述して行くつもりです。

定期的に記事をアップしていきますので、応援よろしくお願いします。

 

なお、記事の内容に質問や意見がある方は、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

可能な限り丁寧に回答させていただきたいと思います。

 

「健康のための室内気候講座」はこちらから: 

■公式HP:http://iwall.jp/kenkou.html

 

「お問い合わせフォーム」はこちらから:

■公式HP:http://iwall.jp/mail.html

 


フランクフルトの住宅展示場を視察してきました。

JUGEMテーマ:住宅

この日はマンハイムの宿泊先からフランクフルト・アム・マインまでICEで移動。

フランクフルトにある住宅展示場を視察しました。ドイツには大規模な住宅展示場が非常に少なく、フランクフルトやミュンヘンなど2〜3箇所しかありません。

 

 

フランクフルト中央駅は1988年に開業した欧州でも最大級の国際ターミナル鉄道駅です。

ドイツ国内はもとより、パリやブリュッセルなど、欧州各地の中央駅と結ぶ鉄道網の起点にふさわしい立派な建築です。

 

中央駅からはタクシーを利用して約1時間の移動。フランクフルトの住宅展示場に到着です。

懐かしい受付棟でチェックインを済ませ、いよいよ展示場の内部を見学します。

 

フランクフルトの展示場には、現在66棟のモデルハウスが常設展示されており、足早に巡っても2時間程度はかかるかもしれません。ご一緒した皆さんとは集合時間を決めて、各自興味のある住宅を見て回りました。

 

以前訪問した時は断熱や設備など、住宅の性能を数量化して提示している住宅が多かったのですが、断熱基準が明確に規定されている現在では高断熱・高気密は当たり前。どちらかというと生活イメージを中心とした展示に変わっていたように思います。

 

伝統的な切り妻の大屋根に加えて高性能ガラスによる大きな開口部がどの家でもデザインの中心です。

日射が少ないドイツの冬をいかに快適に過ごすのか。あくまでもモデルとしての提示ですから、実際のドイツの住宅とは少し勝手が違うようですが。

 

自然との連続性や日射熱の取り入れを目的とした、グリーンハウスの提案があちこちに。

大都会フランクフルトにお住いの方にとって、自然と調和したライフスタイルは、とっても魅力的なんでしょうね。

 

でも、今回の視察でびっくりするような発見は、残念ながらありませんでした。

 

日本にもこんなデザインの街並みが既に存在しているからなんでしょうかね。

(引用)北洲ハウジング HPより。 http://www.hokushuhousing.co.jp/concept/

 

☆室内気候研究所
HP http://iwall.jp/

 


T-house(三笠市)の美しい冬季環境。

JUGEMテーマ:住宅

三笠市に建設されたT-house(施工:武部建設)の冬季室内環境を実測することができました。

恵まれた敷地に建つ、片流れの大屋根が印象的なシンプル・デザイン。

高断熱・高気密と潜熱蓄熱材による高蓄熱技術の融合で、新しいパッシブ・環境デザインが成立しています。

 

 

メインルームは日射熱を取り入れる大開口の木製サッシと、2層吹き抜けの大空間が印象的。

セントラルヒーティングに加えて薪ストーブの炎は、寒冷地三笠の冬の楽しみでもあります。

 

大屋根で調整される太陽光が、四季を通じて快適なパッシブ室内環境を創出します。

 

1月からは深い積雪で閉ざされる北国の暮らし。

でも、高断熱と高蓄熱が室内環境を安定させ、健康な室内環境をパッシブ技術で形成します。

 

2016年1月から4月までの室温、相対湿度、外気温の変動を示しています。

外気温(青)がマイナス20度にもなる厳寒期でも、室温(赤)は期間中ほぼ設定値を維持。

加湿器を使用しなくても、相対湿度(緑)は健康領域の40〜60%に保たれています。

 

 

気になる光熱費も、太陽エネルギーの活用で約50%削減!!

日射量の増える3月からは、エネルギー消費量も一段と減少しています。

 

☆室内気候研究所
HP http://iwall.jp/

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:68 最後に更新した日:2017/02/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM