イタリア・ユーロスターでFirenzeへ。

世界歴史遺産の街、トスカーナ州の州都フィレンツェを視察するため、ローマ・テルミニ駅からフレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅までイタリア・ユーロスターで小旅行をしました。英仏間を運行するユーロスターとは違い、イタリアの民営鉄道トレニタリアが運行しています。

 

 

駅前広場にあるポーランド出身の教皇ヨハネ・パウロ2世の像です。朝日が後光のように差して、優しいフォルムを際立たせていますね。ヨハネ・パウロ2世は冷戦末期に、450年ぶりのイタリア人以外の教皇として世界平和を訴え、被爆地の広島市と長崎市を訪問されたこともあります。世界中の信者や宗教家から愛された偉大な教皇、パパですよね。

 

 

毎年1億5000万人もの乗降客がある国際ターミナル駅、ローマ・テルミニ。

パリやミュンヘン、ウィーンなどに向かう国際列車が毎日運行されており、地下鉄A線・B線やレオナルド・エクスプレス空港鉄道などへも乗り換えも可能ですから、観光にはとっても便利なランドマークです。

 

 

テルミニ駅は古代ローマの浴場遺跡がある歴史地区にあり、建設後60年を経過したモダニズム建築です。周囲を取り囲む重厚な組積造建築群の中にあって、機能性と軽快さ備えた優雅で美しいデザインは、ひときわ異彩を放っています。高層ビル群の駅前広場しか知らない日本人にとっては、ノスタルジーを感じるような駅舎でもあります。

 

 

駅構内のカフェスペースには、古代ローマ時代の城壁が発掘された当時のままに展示されています。ローマは、古代遺跡の上に現代都市が構築されていることを、いつも意識させられる街です。

 

 

ユーロスターのチケットは英語表示も可能な券売機で簡単に購入できます。

 

ところが・・・。券売機の前にいるとアフリカ系と思われる青年が、馴れ馴れしく接近して来ました。どこまで?いつ行くの?何人? などと質問しながら、頼みもしないのに次々と画面を操作してきます!

 

お礼は一人5ユーロね!!って。これは明らかな親切詐欺ですよね。

 

こんな時は黙っていないで、かならずNO!!と言いましょう。移民や難民問題を抱え、経済状況もあまり芳しくない現在のイタリアですので、観光客目当ての犯罪には十分注意が必要です。

 

 

発車15分ほど前になって、ようやく出発掲示板に乗降ホームの番号が表示されます。ヨーロッパの他の駅と同様に改札はありませんが国際駅ですのでセキュリーティー・チェックを受けてから出発ホームに向かいます。切符の刻印を済ませ、ホームヘ。

いました!イタリアの新幹線、ユーロスターです。フェラーリのデザインでも有名なピニンファリーナが手がけたETR500型車両。Firenzeまで所要時間 約1時間30分 の旅が始まります。

 

 

2等車の座席は4人がけ対面シートで、座席にはテーブルとUSBプラグがついています。列車には2等の他に1等車両、ビジネス車両が連結されています。それにしても、さすがイタリアンデザイン。落ち着いた色彩、シートの座りごごちも抜群で、すっかり気に入ってしまいました。日本の新幹線の5人がけシートより、こっちの方がはるかに快適ですね。

 

 

イタリア・ユーロスターで主に運行している列車は3種類で、最高速度はETR1000の400km/h。運行速度は250-300km/hです。車内には簡単にアクセスできる無料のWi-Fiも飛んでいて、観光情報などをチェックするのにとても便利です。

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/

 


健康講座 Lesson 6 をアップしました。

エアコンの設定温度は26℃なのに、どうしても寒い室内。

 

厚着をするか、入浴してさっさと眠るか?

住宅の冬の「寒さ」は設備だけでは解決できない、とても厄介な現象です。

 

冬暖かくて夏涼しい住宅をつくるために、温かさや涼しさの感じ方を理解しておく必要がありそうです。

 

詳細な情報は、公式HPをご覧ください。

■公式HP:http://iwall.jp/kenkou.html

 

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/

 


健康講座 Lesson 5 をアップしました。

温暖地と言われる地域を含め、住まいの悩みの第1位は「寒さ」。

 

全国の住宅ストック数は約6,000 万戸とも言われていますが、現在の省エネル

ギー基準に合致している住宅は5%程度。39%の住宅では、断熱材が全く施工

されていない、との調査結果もあります。

 

「断熱」ファーストな家づくりが、健康生活の原点なのですから。

 

詳細情報は、公式HPをご覧ください。

■公式HP:http://iwall.jp/kenkou.html

 

 

 

☆室内気候研究所

HP http://iwall.jp/

 


M-project(札幌市)を現場紹介に追加しました。

札幌市北区に建設された「M-project」。

外張り断熱工法による高性能建築と「e-プラスター」をコラボさせることで、健康環境と省エネ性能の両立を試みました。

 

建屋の1Fは建設会社の事務所。2Fがオーナーの居住部分になっています。

 

 

室内の温湿度環境を通期で測定してまとめてみました。

冬季間の室内環境基準は国際規格ISO7730で決められていますが、蓄熱性能の低いY-Projectでは日射の侵入による過昇温で相対湿度が著しく低くなることが確認できました。

 

一方で「e-プラスター」を施工したM-projectでは最高室温がPCMの融点付近で抑制されています。

また生活で排出された水蒸気を壁表面に蓄積することで、相対湿度も基準値を満足する結果となりました。

 

内外気温差から予測した総熱損失量(暖房負荷に相当)と消費電力量の測定結果を以下に示します。

冬季の消費電力量(実測値)は総熱損失量の48〜60%に抑制され、太陽エネルギーの利用によって暖房エネルギーが大幅に削減できることが実測により明らかになりました。

 

詳細は下記の公式HPからアクセスしてください。

http://iwall.jp/genba_01.html

 

☆室内気候研究所
HP http://iwall.jp/


健康講座 Lesson 4 をアップしました。

今回のテーマは「室内気候の変化」と「健康」の関係。

 

人類は社会的な適応能力を身につけることで、生活範囲を広げてきました。

衣・食・住は、最も大切な基礎技術です。

 

一方で、自然の中に暮らし「スミカ」で休む、と言った生活様式は、近年急速な変化を遂げています。

室内での過度な緊張。労働や学習は、人間に多くのストレスを強いています。

 

生体のリズムを創出するために欠かせない「自然の変化」。

暖かさと涼しさ、明るさと暗さ。爽やかな空気の流れ。

 

暗くなったら休むという、自然のリズムで生産活動ができると良いのですが。

 

■詳細情報は、公式HPをご覧ください。

公式HP: http://iwall.jp/kenkou.html

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:79 最後に更新した日:2017/05/20

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM