Lesson 35 加湿器が原因でレジオネラ菌に感染。死者も。

 

2018年2月1日付の新聞にショッキングな記事が掲載されました。

 

「大分県国東市の高齢者施設では加湿器が原因で昨年12月〜今年1月に、 

80〜90代の男性3人が「レジオネラ菌」に感染、うち1人が死亡した。

今冬、インフルエンザが猛威を振るい加湿器の需要も伸びる中、厚生労働省などは

「適切に手入れをしないと集団感染につながる」と注意を呼び掛けている。

(2018.12.1 西日本新聞、記事原文ママ)。

 

危険なのは加湿器内部の細菌繁殖だけでしょうか?

 

蒸気式加湿器は水を沸騰させ加湿しますので、細菌の発生リスクは比較的低いと考えられます。

しかし室内の水分量(相対湿度)に関係なく強制的に加湿を行いますので、

過加湿(過剰な水分放散)になりやすいという欠点があります。

 

そこで、ビニールクロスを施工した室内で蒸気式加湿器を運転して相対湿度の推移を観察してみました。

 

あっという間に室内は飽和状態。窓には結露が。

 

ビニールクロスを施工した室内では、加湿直後から相対湿度は急激に上昇を始めました。

1時間足らずで室内の空気は飽和状態に。ビニールクロスの防湿性能が仇となったようです。

 

もちろん窓面は全面結露の状態です。

ガラスやサッシにもびっしりと水滴がついているのが目視でも確認できました。

壁や天井、床も結露水で濡れてしまっているのでしょう。

おそらくこれが日本の住宅の冬の結露の現状を示しているのだと思います。

 

調湿建材の使用で、室内の相対湿度は安定。自然に吸放湿。

 

調湿建材を施工した室内でも同様の測定を実施してみました。

加湿器から放散された水蒸気は調湿建材に吸収され、相対湿度の変動が緩慢になりました。

壁が余分な水蒸気を吸い取って、貯蔵する役割を果たしてくれたのです。

 

また乾燥過程でも調湿建材に取り込まれた水蒸気が室内へと再放散されますから、

相対湿度の変動は緩やかかになります。

 

機械に頼りすぎない生活習慣で自分の健康を守ろう。

 

家電商品や設備の発達で、温度も湿度も空気の質も機械任せという住宅が増えてきました。

同時にスイッチを入れたら自動的に、しかも永久に環境調整をしてくれるものと信じ込んでいる

居住者も少なくないようです。

 

しかしどんな設備でもメンテナンスが不可欠であることを忘れてはいけません。

危険はすぐそこにあるのですから、無知だったでは済まされないのです。

 

加湿器のお手入れは、できるだけこまめに行いましょう。

 

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/column.html

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 

 


スメタナホールで、念願の音と装飾を楽しむ。

 

様々な建築様式を一気に見ることのできる世界遺産の街、古都プラハ。町中が建築の博物館とも言われる所以です。

-20℃にまで冷え込んだこの日、早朝からプラハの歴史的建築群を鑑賞しに出かけます。

 

今日のお目当は20世紀初頭に完成したアール・ヌーヴォー建築の傑作プラハ「市民会館」です。

左側に見える塔が有名な「火薬塔」。下を通り抜けると旧市街広場、そしてカレル橋へと続く美しい通りです。

 

 

ホール採光用の透明天蓋とモザイクの装飾がとても綺麗です。

天井画やステンドグラスなど細部にわたって粋を凝らし、建築そものが芸術作品として成立しています。

巨匠ミュシャも芸術家の一人として市民会館の建設に参加したそうです。

 

 

正面入り口付近の装飾。アール・ヌーヴォーの趣意を凝らした精巧な芸術品です。

 

 

 

入り口近くのチケットオフィスをチェック。今夜のコンサートにまだ空席があるみたいです。

もちろん速攻でS席を購入。テラス席、2階正面の最前列をゲットできました。

コンサートまではまだ時間がありますので、とりあえず建築探訪を続行です。

 

 

さて、早くも夕刻。シャワーを浴びて散歩着をジャケットに着替えスメタナ・ホールへ。

交響詩「わが祖国」の作曲者スメタナの命日に開幕する「プラハの春」音楽祭のメーン会場としても有名ですね。

まずはエントランス正面の階段からチケットコントロール。そしてクロークへ。

皆さんコートを預け、身軽になってスメタナ・ホールへと向かいます。

 

 

これが1階席の様子ですね。正面のパイプオルガンと美しい装飾の数々が、コンサートという非日常へと誘ってくれます。

 

 

こちらが2階席から見たホールの様子。音の響きは、1階よりこちらの方が良いのではないかと思います。

 

 

コンサートが始まるまで、ともかくウロウロ、キョロキョロ。パチパチ。

田舎者根性をあらわにしつつ、ともかく細部まで観察です。

 

 

天井の採光用ガラス。やや薄暗い天井に浮かんだエメラルドのようで、幻想的な雰囲気です。

 

 

コンサートもあっという間に終了。興奮したせいか少しお腹が空いてきました。

それでは市民会館の地下にあるチェコ料理のお店「プルゼニ・レストラン」に行ってみましょう。

ウエイターのおじさん、優しい方なんですけど、ちょっとだけ表情が怖い?

 

 

こちらがチェコの名物料理。かなりボリューミーなメインディッシュが、メニューを埋め尽くしております。

 

 

オーダーしたのがこちら。ローストダックの煮込み、クネドリーキとビーツ添えです。量がすごっ。

 

 

もちろんピルスナービールの発祥の地ですから、さっそくこちらを。

ダークタイプのピルスナーをいただきますが、とても優しくて芳醇な香りです。

とっても美味しいですよね、チェコビール。ピルスナー・ウルケル!万歳。

 

 

市民会館のお向かいにはショパン肖像が。

スメタナ国際音楽コンクールのピアノ部門で、東洋人として初めて優勝されたピアニストは札幌の出身の方ですよね。たしか。

 

 

建築、絵画、彫刻そして音楽。芸術の都、プラハの旅はまだまだ続きます。

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/

 


「地球の会」の勉強会に参加しました。

 

2018年2月16日、札幌市で開催されたNPO法人 環境共棲住宅「地球の会」の勉強会に参加しました。

会主催のイノベーション勉強会は、今回で11回目だそうです。

 

「地球の会」は、国産材を活用することで日本の森林資源を保全しながら、「木の家」の持つ魅力を積極的に啓蒙・普及しようとしている工務店さんの会です。今回は会のメンバーでもある武部建設の社長さんのご紹介で「高断熱・高気密住宅における改革と展望」というテーマでお話をしました。

 

北海道の高性能住宅の開発の歴史を振り返りながら、断熱技術と蓄熱技術との融合で新しい環境創生の可能性が広がっていくことを、現場の実測事例などを交えながらお話ししました。皆さん熱心に聴講されていたのが印象的です。

 

 

厳寒期の札幌で開催されたセミナーですが、前日には冬季施工中の現場を含め、北海道の建築の現場を視察されたようです。

地域工務店が置かれている立場は大変厳しいものがあると伺っています。

参加された皆さんが地域の住環境改善の現場で活躍され、勉強会の成果が生かされることを心から期待しているところです。

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 


T-houseの現場紹介を更新しました。

UA=0.24の超高性能住宅と蓄熱技術で、LOHASな環境を創出。

  〜 T-house(三笠市)の環境測定で分かったこと〜

 

北海道の大自然に抱かれた絶好の敷地に建つ超高性能住宅「T-house」(施工:武部建設)。厳寒季から初夏まで実施した温熱環境の測定結果から明らかになったことを、健康・快適や省エネルギーといった観点から考察してみることにしましょう。

 

 

 

パッシブ蓄熱で、厳冬期から初夏まで安定した温湿度環境を維持。

 

図1は、1F, 2Fの室温と相対湿度、外気温の推移を示しています。測定期間は2016年1月5日から5月31日までの半年間です。外気温度(青)がマイナス20℃付近まで冷え込む厳寒期の朝でも、1F, 2Fの室温(赤、橙)ほぼ全時間で快適領域(20〜24℃)を維持。

 

冬から初夏まで温熱環境がほぼ一定に推移するという、驚くべき実測結果になりました。

 

 

全暖房期間の省エネ率*1は55%を超過。

 

パッシブソーラー住宅の設計で最も大切にしなくてはいけないのは、温熱環境の快適性維持と居住者の健康への配慮です。一方で、エネルギー消費量を低減し環境負荷を抑制することも欠かすこができません。

 

図10はT-houseの総熱損失量と暖房に使用したエネルギー量(床下暖房に供したガス使用量)の推移を示しています。

 

外気温度と日射取得量から評価したパッシブソーラー住宅の適合性から判断すると、北海道はパッシブソーラー住宅に向かない地域であると言われています。しかし、断熱性能を強化し適切な蓄熱システムを採用することで、北海道においてもパッシブソーラーハウスが建設が効果的であることが明らかになりました。

 

 

LOHAS住宅に必要な住宅の熱性能とは何か?

 

小職が研究生活に入った当時は、日本が2度にわたるオイルショックを経験した後でした。エネルギーのほぼ全量を輸入に頼る我が国では、機械設備やエネルギー消費に頼ることなく快適で健康的な居住空間を創生することが、当時から焦眉の課題として取り上げられてきました。おそらくZEHの普及活動も軌を一にするものでしょう。

 

近い将来、高断熱・高気密住宅がようやく義務化されるという時代の流れの中で、さらなる住宅環境の高度化を推し進めるためには断熱と蓄熱の最新技術を融合させて、自然エネルギーをパッシブに利用する設計・施工技術の開発が必要になります。

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

研究報告: http://iwall.jp/report.html#T-house

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


プラハの中央駅周辺を散策します。

 

モルダウに抱かれた中欧の古都プラハ。

今日は1200年の歴史を誇るかつての神聖ローマ帝国の首都、プラハの街を訪ねてみましょう。

 

プラハ中央駅(プラハ本駅)近くのホテルにチェックインしたら、早速周辺の探索から始めることにします。

EU加盟後は外国人旅行客が急激に増加。駅前の公園には麻薬中毒者やホームレスが溢れたそうです。

プラハ中央駅前の広場も、今はかなり落ち着いてきたようですね。でも、用心しながら探検開始です。

 


プラハ中央駅の旧駅舎は典型的なアール・ヌーヴォー方式の建築。プラハの街並みにもしっくりと溶け込んでいます。

建物は地上3階、地下1階で、吹き抜けに。欧州の駅には必ずと言って良いほど素敵なカフェがありますが、プラハは3階です。

 

国際列車で旅立つ大切な人との出会いと別れ。プラハ本駅も悲しくも、希望に満ちた雰囲気の空間だったことでしょう。

駅舎の右手にはプラハ国立歌劇場と国立博物館もありますが、この時は博物館が改修工事中でした。

 

 

正面の車寄せ(馬車寄せ)の天蓋にはアール・ヌーヴォーを象徴する花や草を装飾した支柱があります。

バナキュラーチックというよりも、何処と無く抑制的なデザインで品の良さを感じます。

 

 

中央のエントランスには華麗な丸屋根の吹き抜けが。

両サイドにあるのがチケットオフィスで、その上がカフェになっています。

現在は自動販売機に置き換えられていますが、竣工当時の社会的背景を考えると鉄道旅行は大変高価で非日常の貴重な経験だったことは想像に難くありません。

 

 

国際列車の行き先になっている国々の紋章をあしらった美しいドームです。

あっという間に時間が経過してしまうほど、本当に美しい空間ですね。

 

 

こちらが新駅舎側の地下にある出発口。国際線の発着も多く、サインは空港の掲示法によく似ています。

 

 

駅のキオスクも探検。美味しそうなサンドイッチが沢山あります。でも自分には少し大きすぎるか?

 

 

夜は同行の皆さんと和食のお店に。そろそろ日本料理が恋しくなる時期です。

プラハでも日本食はインテリの方々を中心に流行し始めているようですが、やはりお値段はかなり高め。

素敵なカップルが上手に箸を操りながら食事をしているところをパチリ。

 

 

やはり日本食といえばお寿司でしょう。それにしても上手に握られています。

中国人が経営している欧州のナンチャッテ和食のお店とは一線を画しているのでは?期待が高まります。

 

 

うん、海苔巻きも美味しそう。

 

 

店内に掲示されていた「寿司技能 一段?」の認定証!初段じゃなく?

正しい和食の技法を伝えようとする団体が公布したのでしょうか。

その土地なりにアレンジされた現地和食をいただくのも旅の楽しみではあるですが・・・。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


Lesson 34 健康寿命は、冬場の運動量できまる。

 

社会問題として捉えられることも少なくない、ご長寿化(高齢化)社会。

間近に迫るご長寿化の進展に備え、幸福な長寿社会に課題はないのでしょうか?

 

居間が寒いと、運動の機会が失われてしまう。

 

学生さんたちと話していて「寒い家」でまず思い浮かぶのは祖父母の家だそうです。

断熱性能の低い住宅の冬の情景を思い浮かべてみてください。石油ストーブがおかれた寒い居間。

コタツでじっとしてテレビを見ている、というライフスタイルは想像にかたくありません。

 

そしてその先にあるものは?

 

 

上の図は住宅の温熱環境と居住者の歩行数の関係を調査した結果です。

居間や寝室に10℃以上の温度差(日較差)があるだけで、運動量はかなり減少することがわかります。

居間が寒いと運動量は自然と減ってしまうのです。

 

室温の低下が運動量の低下を招き、ひいては健康寿命を短くすることもあるということです。

寒さを我慢して光熱費を浮かしても医療費や介護費の出費が増えるばかりで、人生は豊かになりません。

 

意外に多い、住宅での転倒事故死!

 

内閣府が発表した「平成29年版高齢者白書」によれば家庭内での事故死者数は交通事故の死者数を大きく上回っており、転倒、つまづき、転落による死亡事故が後を絶たないようです。

 

冬季間はどうしても運動不足になり、ご長寿さんの筋力も急激に低下してしまいます。

また運動感覚も次第に麻痺しがちになりますので、ちょっとした家事をしようとした時に事故に巻き込まれることがあるのです。

 

一度寝たきりになると、自立復帰はなかなかできない。

 

家庭内の転倒やつまづき事故で一度寝たきりになると、介護なしに生きていくことは難しい。

「寝たきり期間」が3年以上に及ぶ寝たきり者の数は全体の約6割にも上り、

10年以上寝たきり方も全体の2割を超えています。

 

介護職員の定着率がなかなか改善されず、家族の介護離職や老老介護が社会的な問題として顕在化する現在。

ご長寿さんの健康寿命が格差の原因にさえなろうとしてるのです。

 

 

健康寿命を左右する室内気候はいつ準備するのか?

 

前述のようにヒートショックによる脳血管疾患や心疾患のリスクは広く知られるようになってきました。

一方、冬場の運動不足に起因した転倒事故のリスク増大に関する認知はまだまだ一般的ではないようです。

 

どうやら健康的な温熱環境づくりを考える時には、ご長寿さんになった時の自分を想像することが大切なようです。

 

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/column.html

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 


ミュンヘン聖母教会、そしてホフブロイ・ハウスへ。

 

マリエン広場を探検した後はミュンヘン観光では外せない大伽藍、聖母教会の見学です。

玉ねぎ尖塔は見えるのですが周囲には住宅などが密集しており、なかなか入口に到達できません。

 

 

聖母教会(フラウエン教会)はミュンヘン市最大の聖堂で、後期ゴシックの建築です。

三身廊を持つ大聖堂は、長さ109m、幅131mの巨大建築。

一度に22,000人を収容することができるそうです。

現代でいえばドーム型球場の収容力でしょうか。

 

玉ねぎドームはゴシック様式とは一致していませんが、この聖堂の以降バイエルン地方の

多くの教会でこの様式が模倣されることになりました。

それにしても教会自体が巨大すぎて、自前のカメラではその迫力をお伝えできないのが残念です。

 

 

22本の白い柱が並ぶ身廊(ネーブ)は入り口から見ると一連の壁のように見え、

正面祭壇のステンドグラス以外の窓を見ることができません。

建築家がこの教会の設計を引き受ける条件としたデザインで、「悪魔の足跡」の

伝説もこのデザインから生まれたと言われています。

 

 

後期のドイツゴシック建築を代表する大伽藍ですが、第二次世界大戦後の修復には長い年月と巨額の費用がかかり、完了したのは1994年だそうです。

 

 

ステンドグラスももちろん修復品ですが、これから歳月を経るごとに美しく、重厚さを増しながら変化していくのが楽しみです。

 

 

天井を飾るリブボールトもオリジナルを忠実に再現していますね。

ドイツ人のひたむきさと真面目さを象徴するような見事な出来栄えです。

 

 

 

さて、午後のお仕事を終え、今日は観光名所にもなっているホフブロイ・ハウスへ。

同行の皆さんと夕食を楽しむことにします。すでにたくさんの観光客で入り口には人だかりができています。

 

 

16世紀の後半に起源をもつドイツでも有数の醸造場ホフブロイハウス。

一度に数千人もが食事を楽しむことができる大きなビアホールです。

生演奏のバンドもあり、ドイツの伝統的な民族歌謡フォルクスリード「乾杯の歌」を演奏してくれます。

 

 

ホフブロイハウスのコースター。自宅にもたくさんあるのですが、やはりお土産にいただきます。

 

 

名物の巨大プレッツェル。アルバイト学生さんでしょうか、テーブルまで売りに来てくれました。

 

 

同行のみささんと1リットルのジョッキで乾杯。日本人は片手で持てないくらいの重さなのですが、ウエイトレスのお姉さんは両手に12杯のジョッキを持って一度に運んでくれます。さすがはドイツ。

酔いのせいでしょうか、激しいピンボケの一枚になってしまいました。

 

 

初めてのミュンヘン訪問以来このホールは何度も伺っています。

現代では平和の象徴のようなこのホールも、かつてヒトラーの演説会が開催され、群衆によって熱狂的に迎えられたという史事を、少し悲しそうな表情で説明してくれたドイツ人の友人のことを、今も忘れることができません。

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/

 

 

 

 


北海道は、氷の世界になりました。

 

九州や四国からも積雪の便りが聞かれますが、北海道もあいかわらず強い寒気団の中です。

オホーツク海側の網走や紋別には流氷が接岸して、まさに冬本番。

でも、夏になると都合よく忘れてしまうんですよね「冬の寒さ」のこと。

 

エンジュの葉っぱも氷でお化粧です。

 

先週は最低気温が連日-15℃以下にまで冷え込み、2月2日の朝はなんと-20℃!

節分を過ぎても、しばらくこの寒さは続くようですのでご自愛ください。

 

 

 

春が待ち遠しいこの季節。来年も必ずやってくる「寒さ」を忘れずにいたいものです。

健康のために、万全の準備を怠らず。周囲の大切な方の温熱環境にもご配慮いただければ・・。

 

 

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


「e -プラスター」のガス吸着性能試験。

 

潜熱蓄熱建材「e -プラスター」のガス吸着性能を評価中です。

 

左官建材には消臭や空気清浄機能が付与された商品もあります。

「e -プラスター」が持つガス吸着性能を定量化するために、北海道職能大の三浦研究室の皆さんの協力を得ながら研究開発を進めています。

 

 

試験体にはガス吸着の性能が期待できる無機材料を数種類調合。

材料の調合比率を変えながらガス吸着性能との関係を定量化していきます。

試験ガスには生活環境を想定してアンモニア、メチルメルカプタン、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、トリメチルアミン、硫化水素を採用。

さらにトルエンの吸着性能も評価しているところです。

 

 

恒温槽の内部にマイクロチャンバーを設置して庫内の温度を管理しながら、試験体へのガス吸着量を定量化していきます。

 

 

日常生活で発生する有害なVOCや生活臭、ペット臭などを効率的に除去してくれる「e -プラスター」の開発。

空気清浄機や消臭スプレーなどに頼ることなく、自然で綺麗な空気に抱かれた生活の創生が目標です。

 

ガスの吸収速度と調合率の関係など、研究成果は本ブログにもアップしていきますので、お楽しみに。

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

「e -プラスター」: http://iwall.jp/e_kuukiseijou.html

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/

 

 


冬のミュンヘン。カールス門からマリエン広場まで散歩しました。

 

ミュンヘンの中央駅の近くにホテルを取りましたので、歩いて旧市街まで散歩します。

とはいっても外気温度は-13℃。とっても冷え込む朝ですから、万全の防寒対策をして出発です。

ミュンヘン旧市街の西の守り、カールス門をくぐればそこは美しいミュンヘンの古い町並みが迎えてくれます。

 

 

マリエン広場までの途中に、有名な聖ミヒャエル教会があります。ルネッサンス様式の壮麗な教会建築ですね。

後方に見えている特徴的なたまねぎ頭の尖塔が、ミュンヘンの聖母教会です。
聖ミヒャエル教会の地下にはバイエルンを治めていたヴィッテルスバッハ家の歴代の王たちが眠っています。

 

 

教会に侵入しようとする悪魔を退治しようとしている聖ミヒャエル。聖人?でも、ちょっと怖い。

 

 

世界有数の規模(第2位?)を誇る独立型のアーチ天井。内部に自然光を取り込むエントランスの大きく美しい飾り窓が見事です。

天上の世界を具象化しようとする建築家の意思が、光に込められているような気がします。

 

 

入り口上部にあるパイプオルガンの装飾がとっても立派で、次はコンサートのある日に行ってみたいと思います。

 

 

こちらはカールス門近くにあるブルンネンブーベルという噴水です。

ユーゲントスタイルのちょっと変わった噴水ですが、今日は凍りついていますね。頭上の鳩も寒そう!

 

 

教会を出て程なくマリエン広場に。初めてこの建築を見てから、早いもので30年以上が経過しました。

今では修復も完了して綺麗になりましたが、当時は酸性雨の影響で真っ黒だったような気がします。

 

ネオゴシック様式のミュンヘン新市庁舎は建物の美しさもさることながら、等身大というスケールに驚く仕掛け時計や塔からの素晴らしい眺望などが楽しめます。毎正時ごとに人形のパレードが見られる尖塔の上部へは、エレベーターで登ることもできますよ。

 

 

さてミュンヘンの新市役所に来たのですから、お約束のRatskellerでビールを。

市役所の正面向かって右手の方に地下への入り口があります。日本語のメニューもあるので安心ですよ。

 

 

地元の方でしょうか?仲良くランチを楽しんでいるグループがちらほら。

有名なビアホールですが、時間帯によってはゆっくり落ち着いて食事ができ、熟年世代にはぴったりの雰囲気です。

 

 

さて、今日はRatskeller Braeuの名物ヴァイス・ドゥンケルをいただくことに。

芳醇な香りと爽やかな飲み口が最高です。

おつまみのプレッツェルの塩気は、ビールとの相性がとってもいいんですよね。

 

 

さて、一休みの後はさらに教会巡りを再開。

ミュンヘンの名称はドイツ語の「僧房」から来ているそうで、素晴らしい教会がたくさんあります。

それにしてもこの寒さの中でフルーツを購入する人がいるのでしょうかね?お疲れ様です。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:191 最後に更新した日:2018/06/14

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM