Lesson 15 断熱材はどこまで厚くすれば良いのか?

GWをお楽しみのことでしょうが、今日はいささか長文です。

フル原稿は、いつものように公式HPにアップされています。

 

壁からの熱損失を少なくすると省エネルギーになるので、断熱材は可能な限り厚くするべきだ。だから断熱材が厚い方が「良い住宅」 だ。

  

一見正しく見える議論ですが、不毛とも言えるような「UA値競争」が際限なく繰り返されている現状は、健康住宅にとって本当に望ましい姿なのでしょうか。

 

ほんの50年ほど前の日本では、健康的な室内環境とは程遠い住環境が当たり前でした。そして、環境弱者である子供たちや高齢者がいつもその犠牲者です。

 

 

トップランナーと呼ばれる建築業者が作る住宅では、壁の厚さが600mm以上ということも今では珍しくありません。しかし、建築の構法や材料との整合性を取ることを前提として「美しく建てる」ことも住宅設計ではとても大切です。

 

「断熱」だけで全てが解決されると考えるのは、いささか単純すぎて危険な方向へと住宅を導くことにならないか、危惧されるところです。

 

「断熱」「蓄熱」「遮熱」技術の融合と非定常状態での総合的理解は、健康的で経済的に家族の安全・安心を守る新たな指標となろうとしているのです。

 

■詳細は、公式HPをご覧ください。

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/kenkou.html

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/

 


PPH完成見学会に参加しました。

仙台市に本拠地を置く(株)北洲のハウジング事業部が開発した「プレミアム・パッシブハウス(PPH)」の記者発表会と完成見学会に参加してきました。

 

「断熱」「蓄熱」「遮熱」をテーマに、世界的な最新技術を駆使したパッシブハウス。

これまでのパッシブハウスの概念を一新するようなデザインコンセプトのもと、住み手の健康・快適を第一に、環境負荷とエネルギー消費にも配慮した近未来の住まいを提示しようとする試みが一般に公開されることになりました。

 

 

当日はこのプロジェクトに参加した世界各国の専門家も集結して、最先端技術をわかりやすく解説してくれました。

 

 

住宅の熱性能は日本の省エネルギー基準はもちろん、ドイツの「パッシブハウス」やスイスの「ミネルギー住宅」の基準もクリアして、世界最高水準を達成しています。でも注目はそのデザインです。

 

 

南面の大開口部で日射エネルギーを取り込むというパッシブハウスの趣旨に加え、通風や周囲環境との連続性にも配慮したデザインは伝統的な日本の民家の知恵を取り込んで、住みごごちの良い長く愛される自邸へと昇華しています。居住後に予定されている2年間の実測調査の結果も大変楽しみなところです。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/

 


Lesson 14 北緯38°は、北国なのか?

四季折々の変化や風光明媚な景観など、南北に長く広がる日本は、世界的にみても稀有な自然大国です。

 

下図からは、仙台市が位置する北緯38度付近はヨーロッパで言えばポルトガルのリスボンと同緯度と言うことがわかります。札幌もローマとミラノのほぼ中間であり、ドイツやスイス、北欧の諸国からみればとても南方に位置しています。

 

北日本、とりわけ冬の寒さが厳しい北海道の住宅を考えるとき、北欧やドイツの建築基準が参考として取り上げられますが、太陽の位置だけを考えると北海道は欧州の南の地域とほぼ同等であるのです

 

つまり日本で住宅を考えるときには季節に合わせた日射利用の最適化が不可欠であり、「断熱」に加えて「蓄熱」や「遮熱」の技術開発がとても大切になる、ということでしょう。

 

<出展> http://takaotera.jugem.jp/?eid=1362

 

■詳細は、公式HPをご覧ください。

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/kenkou.html

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


Lesson 13 暖房と冷房、エネルギーを消費するのはどっち?

「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。」

 

よく知られた吉田兼好の「徒然草」の一節は、住宅の環境創生に建築技術をどう落とし込むべきかに、多くの示唆を与えてくれます。開放系と閉鎖系の何が日本の風土に適合しているのか、といった議論も過去には話題にも。

 

高効率の冷・暖房用エアコンを容易に入手できる現代では、どのような建築を旨とすれば良いのでしょうか?

 

下図からもわかるように、那覇市以外の全ての県庁所在地で暖房エネルギー消費量は冷房を大きく上回り、住宅の空調エネルギー消費に占める暖房の割合は80%を超過しています。

 

「冬はいかなる所にも住まる」とは、創意工夫によって寒さは解決することができるということです。「出アフリカ」以来、様々な社会的適応能力を身につけてきた現代人にこそ、新たな住まい方の創生が求められているようです。

 

 

■詳細は、公式HPをご覧ください。

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/kenkou.html

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


札幌市立大学の公開講座に参加しました。

札幌市立大学のサテライトキャンパスで「ウェルネス・ハピネスを高める地域医療 × まちづくり」をテーマに公開講座が開催されました。

 

世界に冠たるご長寿社会へと急速に変貌を遂げる、現在の日本社会。

 

病院の「Cure(治療)」技術は病気を治すことが主目的ですが、癒しや幸福感を与える「Care(介助)」を包括した地域医療のあり方について、先駆的な実践者でもある紅谷浩之先生1)から、事例を交えた興味深い講演がありました。

 

治す医療・戦う医療と癒す医療・支える医療との連携は、病気で苦しむ患者や自立が困難な高齢者に、癒しや幸福感を届けることはできるのでしょうか?

 

 

■詳細は、公式HPをご覧ください。

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/

 

 


Lesson 12 微弱な気流が「寒さ」の原因になる。

盛夏には一服の清涼感を醸し出してくれる「そよ風」も、冬の室内では「寒さ不快」の原因になります。

 

冬季の室内で生じる微弱気流はFig.1に示すように、「すきま風」「コールド・ドラフト」「換気・空調」によって生じることが知られています。気密性能を改善すると、室内から「すきま風」排除して不快を低減する効果があります。

 

一方で「換気」や「エアコン」などの設備から吹き出される気流には十分な注意が必要になります。

 

エアコンやFF式ストーブで生じる気流の速度は、およそ0.8[m/s]ほどです。この気流の中に3時間滞在すると、体感温度は6.5 ℃も低下してしまうのです。暖房設定温度の推奨値が20℃であるにもかかわらず、エアコンの設定を26℃以上にしなければ寒く感じてしまうのは、室内気流の影響ですね。

 

冬の暖かさと省エネルギーには、暖房設備の選択も大切です。

 

 

■詳細は、公式HPをご覧ください。

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/kenkou.html

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


リガの街を散歩しました。

「バルト海の真珠」とも詠われるラトビアの首都、リガの街を散歩してきたました。

前日は1月にしては珍しく雨が降るほど暖かかったのですが、この日は極寒。

寒さ対策を十分にしてから、旧市街を中心に建築を見て回りました。

 

 

6月のオペラシーズンにはヨーロッパ中から音楽好きの方々が集まってくるのですが、さすがにシーズンオフです。早朝の市役所広場にやってくるのは、建築好きの我々くらいしかいませんよね。

 

 

ラトビアは親日的な方が多くいらっしゃると聞いていましたが、小学生みなさんから「コンニチハ」と声をかけられてびっくり!将来、日本にも遊びに来てくれるといいですよね。歓迎します。

 

 

戦禍の影響が少なかったせいでしょうか、リガ城を始め多くの建築が建築当初の姿を残したまま保存されているのが印象的です。アールヌーボ様式の建築も多数あり、色彩も豊かで美しい街並みが旅行者を楽しませてくれます。

 

 

定番の猫の家。屋根の上にいる2匹の猫のお尻はドイツの方を向いているのだそうですが、理由は・・・。EUでも一人勝ちと言われているドイツですが、欧州人でなくては分からない歴史的な事情もあるようです。

 

 

次の目的地プラハを目指し国営航空会社であるエア・バルチックの飛行機に乗り込みました。ボンバルディア社が製造した噂の最新鋭機で、シートや照明デザインもオシャレにまとまっています。それにしてもラトビアの方々はとっても高身長で、通路の天井に頭を打ち付けるのではないかと、ヒヤヒヤしたくらいです。

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


Lesson 11 生活で発生する水蒸気で、カシコク調湿。

どうしても室内が乾燥しがちな冬。植物に水をあげて蒸散させたり、室内で洗濯物を乾燥したり。

でも、暮らしの工夫だけでは、なかなか湿度は維持できないものです。

 

毎日生活で生じる2リットルのペットボトルで10本分もの水蒸気を換気で屋外へ排出せずに、もっと積極的に利用する方法なないのでしょうか。

 

下の図でもわかるように調湿建材(デシカント材:赤色線)を施工した箱では加湿直後に相対湿度がやや上昇しますが、その水蒸気を壁が自然に吸収して、人間の快適範囲である40から60%の環境に整えてくれます。

 

機械やエネルギーに頼ることなく、自然の摂理を利用して健康を守る。

持続可能性を高めるためにも、考慮すべきコンセプトではないでしょうか。

  

(資料提供)北海道職能大職業能力開発大学校 三浦准教授

 

■詳細は、公式HPをご覧ください。

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/kenkou.html


ドゥオーモを見学します。

ランチに美味しいビステッカをいただき、大聖堂へと戻ってきました。

午前中行われていたミサも終了して、一般来場者の見学も始まったようです。

 

 

内径43mもある大クーポラの内部には、ジョルジョ・ヴァザーリの大作『最後の審判』が。

システィーナにも比肩するような、素晴らしい芸術作品ですね。それにしても最下段に描かれた人々の表情があまりにも恐ろしくて、凝視することができません。

 

最上階にいる人(神様?)は、今にも滑り落ちてきそうに感じられます。

 

 

お二人の若い同行者は、ジョットの鐘楼 (Campanile di Giotto)の414段の階段に挑戦することになります。

サン・ピエトロ大聖堂のドォーモの階段は途中でリタイアすることができませんが、

こちらは途中昇降が自由なのだそうです。でも、体力と心臓に不安のある方にはお勧めできませんね(入り口にも注意書きが!)。

 

 

ということで、近くのリストランテでワインを飲みながら待機です。w

 


Lesson 10 風邪の予防には、上手な湿度維持が有効?

冬の4大死亡原因の一つとして恐れられている呼吸器系の疾患「肺炎」を引き起こすこともある風邪。

風邪の予防には原因となるウイルスや細菌に対する正確な知識が不可欠です。

室内の相対湿度が40%を下回るとウイルスの増殖に好適な環境となり、人間の細胞はウイルスに感染しやすくなります。

 

そこで量販店の冬の定番商品、加湿器の出番となるわけです。でも低断熱の住宅で加湿器を使用することは、本当に健康的なのでしょうか?

過剰な加湿が、新たな健康リスクを生じさせることに注意です!

 

乾燥や結露による細菌の繁殖を防止し、風邪の原因を室内から排除するには?

最も有効な対策は「断熱」! そして調湿性能を持った建材の使用です。

 

■詳細は、公式HPをご覧ください。

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/kenkou.html

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:108 最後に更新した日:2017/10/24

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM