インフルエンザウィルスは、湿度50%以上の環境に弱い!

 

 

 

冬になると大流行するインフルエンザは、病原体であるインフルエンザウィルスに感染

 

することによって生じる急性の上気道炎や呼吸器疾患の総称です。

 

 

発熱、頭痛やせきなどの辛い症状を引き起こすだけでなく、急性の肺炎などへの重症化に

 

よって毎年たくさんの尊い命が失われることから世界中で恐れられている疾病です。

 

 

冬季間は大気中の水蒸気量も低下しますし、暖房の使用によって室内の空気も乾燥しがちです。

 

空気中の水分量が低下すると呼吸器官内の粘膜は厚くなり、くしゃみなどによる飛沫で

 

インフルエンザウィルスも拡散しやすくなるようです。

 

 

では室内をどのように管理すれば、インフルエンザへの感染リスクを低減することができるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

インフルエンザウィルスの生存率と相対湿度の関係については、G.J.Harper博士の研究(1961)が

 

よく知られています。この研究論文を参考に、室温20.5から24℃の空間における相対湿度と

 

4時間後のインフルエンザウィルスの生存率の関係を上図にまとめてみました。

 

 

結論から言えば「インフルエンザは寒冷乾燥を好み、高温多湿に弱い」ということが

 

いえそうです。相対湿度50%以上ではウィルスは約4時間で死滅するのですが、湿度40%

 

以下の環境ではウィルスの半数以上が生き残り感染リスクを高める結果になります。

 

 

一方で、室内の湿度が70%以上になると表面結露の発生などによって、細菌やカビが育ち

 

やすくなります。これらを長期間吸い込み続けると、アレルギー性疾患など別の疾病罹患確率が

 

高まりますので注意が過失のしすぎには必要です。

 

また加湿器を使用するときは、フィルターやタンクはこまめに清掃したいものです。

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 


「健康環境」をパッシブ・デザインで実現!今年も新研究スタートです。

 

 

 

コロナウィルス感染症に関わる緊急事態宣言が発出された、2020年の4月。

 

 

感染被害が世界中を覆い尽くし自粛ムードの春ですが、ウィルス感染症予防にも効果が

 

期待される「健康環境づくり」に関する研究が、今年もスタートできそうです!

 

 

 

 

 

 

北海道職能大 三浦研究室の皆さんとは、冬季間でもウィルスが不活性化する22℃、50%に

 

室内環境を維持するために必要な「高機能内装材の開発と性能評価」を継続的に研究させて

 

いただいてきました。心から感謝申し上げる次第です。

 

 

 

 

 

 

講座を主宰される三浦教授のご指導のもと、高機能でしかも容易に施工することのできる

 

蓄熱・調湿建材システムを開発していくことでご了解をいただきました。

 

 

また、昨年度の研究成果は「北海道職業能力開発大学校 紀要」に研究論文として採用され、

 

先日無事に出版されました。過去の紀要と同様に、国会図書館にも収蔵される予定です。

 

 

一昨年度から開始した「テレワーク」「在宅勤務」に必要な環境因子の抽出と、環境設計手法

 

の開発についても、並行して研究を行ってまいります。緊急事態宣言で、在宅勤務が

 

ますます注目される中での研究となりますので、本年度の研究が本当に楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

過去20年間で4回目となる新型ウィウス感染症の発生は、今後も止むことがないでしょう。

 

感染症に強い家づくりを目指して今年も小欄で報告していきますので、ご高閲、応援を

 

よろしくお願いいたします。

 

 

北海道は、今朝から雪が降り続いています。農作業はもう少し先になりそうですね。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 

 


「在宅勤務ができる」が、住宅デザインのキーワードに!

 

 

 

通信技術が飛躍的に進歩し、同時にワークバランスの見直しが社会的な要請となる中で、

 

テレワークの普及が近年の政府の重要政策課題になってきました。

 

 

本欄でも「知的生産性の高度化」に寄与しうる住宅環境のデザイン論について、

 

ウェルネス住宅設計のテーマとして度々議論してきたところです。

 

 

 

 

 

 

幸福な人生の基盤ともなる「住宅の環境設計」は、風雨や地震など過酷な自然変動から

 

人々の生命を守ることに基盤を求めてきました。

 

 

しかし、人工環境下における人間活動の長時間化、高度化の流れを受けて、環境の価値は

 

「健康・快適」さらには「知的生産性向上」へと、その目標を変化させなければならない

 

時期を迎えたと言えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

住宅内での知的生産性向上に資する環境デザインは、単にスペースとしての執務空間の

 

確保のみに留まらず、温・湿度や空気質、光や音のデザインなど、広範囲な技術的知見に

 

基づいた、合理的な手法でなくてはいけません。

 

 

また、家族を構成する一人一人が伸び伸びと、幸福で充実した人生を謳歌するために必要な

 

人間関係を豊かに醸成するものである必要があります。

 

 

 

 

 

 

新型コロナウィルス感染症の蔓延によって、教育機関は活動休止に追い込まれ、子供たちが

 

家庭で学習する機会が増えています。

 

 

また在宅勤務やを推奨する企業も増加する中、世界的危機を一つの契機として住宅環境の

 

あり方が身近なものになりました。

 

 

ピンチをチャンスに変えて、住宅環境デザインをもう一度見直してみたいものです。

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 


【速報】コロナ対策で温湿度管理をするなら、窓の結露に注意!

 

 

 

イタリアのコロナウィルス感染による死者数は1万人に迫り、米国、スペインと並んで

 

感染爆発の中心地となりました。日本を含めた全世界的なコロナ感染の被害拡大は、

 

収束する気配がありません。

 

 

今回も、コロナ対策に必要な温湿度管理の要点と、注意点について報告していきましょう。

 

 

 

室内を22℃、50%に維持すると、コロナウィルスは不活性化する。

 

 

アメリカのアレルギー・感染症研究所の報告によれば、温度と湿度を所定の範囲内に

 

管理すると、コロナウィルスが不活性化することができることが明らかになりました。

 

 

 

 

 

 

コロナウィルス不活性化の温湿度領域は、人間の快適性に関わる領域とほぼ一致しています。

 

室内環境を24時間快適な範囲に維持することで、感染リスクを低減することができるのですが、

 

あたかもウィルスが不活性化する領域を、人間は快適と感じているかのようにも見えます。

 

 

 

22℃、50%の空気は、14℃以下の表面で結露してしまう。

 

 

温湿度を維持しようとすると、まず頭に浮かぶのがエアコンと加湿器の使用ですね。

 

一日中暖房をしながら加湿器を運転すれば、容易にウィルス対策ができそうな気がします。

 

 

でも環境維持ができる日本の住宅は、何パーセントくらいあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

現在施行されている省エネルギー基準と、表面結露の関係をグラフにして整理してみました。

 

基準通りに施工された窓ガラスを使っている場合、北海道では外気温度が0℃、東京以西では

 

外気温度が11℃になると、窓に表面結露が発生するリスクが高まることがわかります。

 

 

 

 

(写真) ガラス窓の性能が高いと、表面結露は予防できる(設計・施工:北央建設)

 

 

 

 

温湿度を維持するために、暖房・加湿をしても、窓ガラスが結露して細菌やカビの温床になったのでは

 

本末転倒と言えそうです。しっかりとした窓ガラスの断熱対策が、コロナウィルス予防にも

 

不可欠であることがわかります。

 

 

 

しかも日本の住宅ストック 6,300万戸のうち、この基準を満足しているものは5%にしか過ぎません。

 

高断熱・高気密住宅のさらなる普及が、感染症対策のためにも不可欠だと言えそうです。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 


コロナ対策に効果のある室内環境は、パッシブ設計が基本。

 

 

 

世界中で蔓延するコロナウィルスの現状と、生命への甚大な被害が毎日報道されています。

 

 

人の移動制限や国境封鎖、感染予防や治療方法の開発など、国際的な協力の中で

 

封じ込め対策が図られていますが、私達自身が取れる感染対策はないのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

本HPでも何度か取り上げてきましたが、これまでのウィウス対策と同様に「室内の温・湿度を

 

適切に維持」することで、コロナウィルスも不活性化させられることが、アメリカの

 

研究機関による報告書の公開で明らかになってきました。

 

 

 

【室内を温度22℃、相対湿度50%に維持すると、コロナウィルスは不活性化する】

 

 

 

私たちの住宅では、どうすればこれを実現できるのでしょうか?

 

 

 

断熱性の低い住宅では、結露が心配で加湿できない!

 

 

暖房と加湿。まず思い浮かぶのが、エアコンと加湿器の使用ですね!

 

 

でも、本当にこれらのアクティブ設備を運転すれば、家中の環境を目的の温湿度に

 

維持することはできるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

22℃、50%の空気の露点温度はおよそ10℃。結露被害が心配です。

 

 

ガラス窓、壁や床、天井などの表面温度が10℃よりも低くなると、コロナ対策のために加湿

 

した水蒸気は、その表面で結露をし始めます。

 

 

一日を通して室内の全ての表面温度が10℃以上を維持できる住宅は、どれくらいあるのでしょう?

 

 

パッシブ設計を十分に吟味しておいた成果が、こんな時に役に立つのですね。

 

 

 

エコナウォールを施工したパッシブ住宅なら、コロナ対策もできる。

 

 

本研究所で開発した「蓄熱塗り壁材」を施工した住宅の室内環境を振り返ってみましょう。

 

 

加湿器を使用しなくても、生活で発生した水蒸気を壁が呼吸することで、相対湿度が

 

コロナ対策に有効な快適範囲に維持できていることが分かります。

 

 

 

 

 

 

 

平時にはなかなか評価されることが少ないパッシブ設計による室内環境性性技術ですが、

 

いざという時に我々の味方になってくれるのは、本当に心強いですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 


【緊急】やはり分かった、コロナも湿度に弱い!

 

 

新型コロナウィルスへの感染と重症化症例、残念ながら死者数の報告が後を絶ちません。

 

いま我々にできるコロナ感染の予防策は、

 

 

1 手洗い、うがい、マスク着用など、通常の風邪対策

 

2    人混みや密閉された空間を避ける

 

 

などが挙げられていますが、やはり湿度維持が効果的という調査結果が米国で報告されました。

 

 

22℃の室温で、50%以上に湿度を保つと、コロナウィルスも不活性できるようです‼

 

 

 

 

 

(国際政治経済学者・浜田和幸)

 アメリカの「アレルギー感染症研究所」「国立衛生研究所」「国防総省先端技術開発庁」「全米科学財団」などの委託を受けて行われた「COVID-19新型コロナウイルス感染症)媒介物報告書」がまとまった。

 

(中略)

 

更にこの報告書によれば「ウイルスは空気中であれば3時間は生存するが、銅製品の表面であれば4時間、厚紙の表面では24時間、プラスチックやステンレスの表面の場合には2〜3日にわたって生存すること」が確認された。

 その一方、弱点があることも明らかになった。それは湿度に弱いということだ。加湿器を使い、湿度50%でカ氏72度(セ氏22.22度)にすれば、ウイルスの活動が収まることが判明したという。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200314-00000024-nkgendai-life

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         


WHOがパンデミック宣言を発出。どうする自己防衛。

 

 

 

 

緊急事態宣言が出た北海道では、休校措置と週末の外出自粛の影響がジワリ。

 

マスク、消毒ジェルはもちろん、どういうわけか納豆までもが欠品状態?

 

 

まさに非常事態の様相を呈してきました。最近では胆振地震以来かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

そんな時期でも、大切なお仕事はこなさなくてはいけませんので新千歳空港へ。

 

いつも行列のできている手荷物カウンターも、今朝は閑散としていますね。

 

 

 

 

 

 

東京でのお仕事を終えて、打合せ先の近くにある浅草寺にお参りに来てみました。久しぶり。

 

境内は外国人観光客がすっかり消えて、ちょっと、というかかなり寂しい状況。

 

 

 

 

 

 

いつもは人とぶつからないように歩くのにも苦労する仲見世通りも、今日は人がいませんね。

 

雨の水曜日ということを差し引いても、かなり影響が出ているようです。

 

 

 

 

 

 

いつもは行列のできている雷門外の老舗和菓子店も、お客様なし。

 

入手困難で有名な銘菓を、やすやすとゲットすることができました。

 

 

 

 

 

 

帰宅後、今度はお客様のお見送りのため新千歳空港の国際線出発ロビーへ。

 

こちらも中国、韓国路線がキャンセルされたせいか、ほとんど乗客がいませんね。

 

 

 

 

 

 

午前8時に売り出し直後に、いつも完売のこちらのお菓子も簡単にゲットです。

 

 

 

 

 

中国武漢での感染ピークは、ほぼ峠を越えたとの公式アナウンスがありましたが、WHOは

 

パンデミック宣言を発出。イタリアを含め、欧州での感染拡大が懸念されています。

 

 

医療が重症化しそうな患者に行き渡るよう、また自分が感染源にならないよう、

 

しっかりと免疫力を高めて、自覚ある行動を心がけていきたいものです。

 

 

いずれやってくる収束の日まで、頑張れ日本。頑張れ人類。

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 


健康講座Lesson_53を更新しました。

 

 

 

隠れたお風呂の健康リスク、足裏温度に注意しよう。

 

 

足の裏が床に触れて冷たいと感じるのは、熱が床へと移動して足の裏の温度が急激に低下して

 

冷たくなっている証拠です。また、足裏の温度が3℃低下をすると、血圧は瞬間的に

 

30〜60 mmHg も急上昇すること言われています。

 

 

いわゆる「足裏温度のヒートショック現象」です。

 

 

 

 

 

 

 

健康な人であれば耐えられる血圧上昇も、動脈硬化が進んだご長寿さんにとっては大問題!

 

浴室で脳血管障害を発生する健康リスクが、場合によっては高まることになるのです。

 

 

 

 

 

住宅内で素足で歩く可能性がある脱衣室やトイレなどでは、床に使用する材料にも注意する

 

必要があります。また、マットやラグなどを効果的に利用することで、足裏温度低下による

 

ヒートショックを防止していきたいものです。

 

 

 

 

全文はこのリンクから> http://iwall.jp/column.html

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 

 

 

 


新型コロナウィルス対策は、室内の調湿から始めよう。

 

 

 

新型コロナウィルスの感染拡大の影響は、私たちの日常に迫りつつあるようで、昨日は

 

3月3日に東京ビックサイトと幕張メッセで開催予定の展示会も、中止の連絡がありました‼

 

 

 

 

 

 

毎年参加している「建築・建材展」も、今年は中止が決定です。

 

出展を準備されていたみなさん、参加を楽しみにしていたみなさん、残念でしたね。

 

でも新型コロナウィルスの拡散が新フェーズにあることを考えると、賢明な判断でしょう。

 

 

 

 

 

 

本ブログでも度々取り上げてきたのが、新型コロナウィルスに対する自主防衛策の提案。

 

良質な睡眠による「免疫力アップ」に加えて効果的なのが、室内の「相対湿度管理」ですね。

 

相対湿度を快適範囲に維持することでウィルスを不活性化させることも可能です。

 

 

 

 

 

 

昨年の「建築・建材展」でも展示したのですが、蓄熱塗り壁材「エコナウォール」は自然の

 

調湿力を備えているので、冬の健康管理にも大活躍してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

エコナウォールを壁や天井に施工しておくと、室内で発生した水蒸気を自然に吸収。

 

湿度が低下してくると水蒸気が放散されるので、自然な調湿が可能です。

 

 

 

 

 

 

エコナウォールを施工した住宅の環境調査では、加湿器を使用しなくても快適な湿度を

 

壁や天井が維持してくれる、優れた温湿度調整機能が確認されています。

 

 

 

 

 

北海道では本日から、全道の小中学校が休校。一週間程度続く見込みです。

 

新型ウィルスに感染した場合、特効力のある有効な治療方法は確立されていませんし、

 

感染予防は新しいステージへと移行しつつありますので、自己防衛が大切になります。

 

 

 

 

 

 

暖冬傾向は気候変動の証拠。異常気象で雪が少なく、気温も高い状態がこれからも続く。

 

北海道の積雪量は編年以上、マイナス20℃の厳しい冷え込み。

 

 

声高に叫んでいたテレビのコメンテーターの皆さんに、ご意見を拝聴したいところですが、

 

新型コロナウィルスの情報発信で忙しいのか、どなたも忘れてしまったように静かです。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         


寝室の環境を整えて熟睡すると、免疫は活性化される。

 

 

 

 

室内気候研究所が目指しているのは、「室内に穏やかな変化をデザインする」こと。

 

 

採用している「パッシブ環境設計手法」は、衣服と建築によって社会的適応範囲を拡張し

 

幸福で持続可能な人間の活動が高度化することを目標にしています。

 

 

 

 

 

 

エネルギーと機械任せでは、自然の変化を享受することができない。

 

 

自分や自分の大切な家族が、充実した実り豊かな人生を送るためには、健康で快適な

 

居住環境が維持されていることが不可欠です。これをどう構築すれば良いのか?

 

 

 

 

 

 

 

快適な環境作りには色々な手法があるのですが、大切なのは環境の中に刺激と変化が

 

存在していることだと、私たちは考えています。

 

 

地下鉄の車内や工場の制御室のように、外界の変化から隔絶され変化のない環境では

 

ストレスにさらされて、健康的な生活を送り続けることは不可能なのです。

 

 

 

 

 

また、地域の気候や風土を無視して強大な機械のパワーやエネルギー利用に依拠しては

 

持続可能性が損なわれることは言うまでもありません。

 

 

時として人間の脅威ともなりうる自然の変動は、パッシブ環境を整備することで

 

生活に欠くことができない「豊かな四季の変化」という財産にもなりうるのです。

 

 

 

 

 

 

 

自然の中にしっかりと溶け込み、豊かな変化の魅力を生活に生かす手法。

 

それが「パッシブ建築の設計技術」だと言えるかもしれません。

 

 

 

 

 

暖冬傾向の続く今年の日本列島ですが、北海道から九州沖縄まで様々な気候風土の特徴が

 

存在しています。その土地の気候をどう生かしていくのか?

 

 

各地で開催されているパッシブ環境の研究会に参加しながら、議論を続けているところです。

 

 

 

 

先日開催された研究セミナーの様子です。生後7ヶ月のお子さんから、熟年のご夫婦まで

 

幅広い年齢層の方々にお越しいただきましたが、今回もとても有意義な会になりました。

 

 

参加者のお子様たち全員が60分間の講演を、静かに聴講していただきました。感謝です。

 

 

 

 

 

子供の成長にとって必要な住環境とは? これをどのように構築すれば良いのか?

 

ますます長時間化する人工環境での生活と、人間の成長の関係についても議論してきました。

 

 

結論的に言えば、就寝中の環境整備、特に温度・湿度を含めた空気の質をいかに維持し、

 

睡眠の質を高めていくことができるか? これが子供室のキーワードになりそうです。

 

 

 

 

 

 

また寒中に発生する季節性の失敗の発生率と住環境の関係についても、データを交えながら

 

みなさんと情報を共有してきました。元プロ野球選手の野村克也氏も、残念ながら寒中症

 

で生涯を閉じられることになったのは、記憶に新しいところです。

 

 

家中どこにいても、寒い場所、寒い時間を作らない! これが環境設計の基本と言えそうです。

 

 

 

 

 

 

 

セミナー終了後は、参加者の皆さんとお食事をしながら懇親を深めてきました。

 

それにしても会場になったホテルのレストランは、和・洋・中どこもハズレなしですね!

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:364 最後に更新した日:2020/06/30

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM