健康講座に、Lesson_55を追加しました。

 

 

OECD加盟国の中でも、睡眠時間が少ないことで有名な日本人の生活!

 

 

「良質な睡眠」の確保は免疫システムを活性化させるなど、健康な生活を支えています。

 

 

質の良い睡眠を十分に取った朝には爽快で気持ちの良い目覚めが待っています。

 

十分な睡眠を取り免疫細胞の活性化させたなら、睡眠を誘導する物質「メラトニン」の分泌を

 

速やかに停止させましょう。

 

 

 

(写真)天然素材に囲まれた、質の良い睡眠を促す寝室(設計・施工:北洲ハウジング)

 

 

 

特に幼児期にはサーカディアンリズムの発達が不十分ですから、この習慣を乳児期から身につけて

 

おくことが健康と成長の秘訣になります。起床後いつまでも新陳代謝を引きずることは、遺伝子の

 

損傷を促進し免疫の不活性化の要因ともなりますので注意が必要ですね。

 

 

【詳細全文は】  http://iwall.jp/column.html

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 

 


健康講座Lesson_53を更新しました。

 

 

 

隠れたお風呂の健康リスク、足裏温度に注意しよう。

 

 

足の裏が床に触れて冷たいと感じるのは、熱が床へと移動して足の裏の温度が急激に低下して

 

冷たくなっている証拠です。また、足裏の温度が3℃低下をすると、血圧は瞬間的に

 

30〜60 mmHg も急上昇すること言われています。

 

 

いわゆる「足裏温度のヒートショック現象」です。

 

 

 

 

 

 

 

健康な人であれば耐えられる血圧上昇も、動脈硬化が進んだご長寿さんにとっては大問題!

 

浴室で脳血管障害を発生する健康リスクが、場合によっては高まることになるのです。

 

 

 

 

 

住宅内で素足で歩く可能性がある脱衣室やトイレなどでは、床に使用する材料にも注意する

 

必要があります。また、マットやラグなどを効果的に利用することで、足裏温度低下による

 

ヒートショックを防止していきたいものです。

 

 

 

 

全文はこのリンクから> http://iwall.jp/column.html

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 

 

 

 


床の素材選びが、ヒートショックの原因になる?

 

 

 

住宅内での「ヒートショック」といえば、寝室や浴室、トイレなど、非居住部分の室温が

 

快適範囲よりも低い時に起きる「健康リスク」を思い浮かべるのではないでしょうか?

 

 

 

それでは、室温さえ快適な状態に維持されていれば、ヒートショックは起きないのか?

 

今回はこの問題に迫ってみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

室温程度に温められたお部屋の中のテーブルを思い浮かべてみてください。

 

ひんやり冷たく感じる素材と、そうではない素材があることに気がつきましたか?

 

 

「木のぬくもり」と言いますが、まさに言い得て妙!

 

 

スティールデスクに比べると、同じ温度でも木のテーブルの方が暖かく感じるものです。

 

それはどうしてなのか、もう少し物理的に考察してみましょう。

 

 

 

 

 

 

手のひらが冷たく感じるかどうかは、机へと移動する熱のスピードが関係しているのです。

 

熱のスピードが早ければ早いほど冷たく感じますし、ゆっくりならば暖かく感じます。

 

 

どうやら暖かさは熱のスピードと密接な関係があるようです。

 

 

 

素足の足裏温度は27℃と、誰でもほぼ同じであることが知られていますが、

 

素足で床に立った時、足裏から逃げる熱のスピードがヒートショックの原因になることは

 

あまり知られていません。

 

 

 

 

 

 

足が冷たいと感じるのは、足の裏の温度が急激に低下して冷たくなっている証拠です。

 

既往の研究で、足の裏が3℃温度降下をすると、血圧は急上昇することが知られています。

 

 

いわゆる「足裏温度のヒートショック現象」です。

 

 

健康な人であれば耐えられる血圧上昇も、動脈硬化が進んだご長寿さんにとっては大問題!

 

浴室で脳血管障害を発生する健康リスクが、高まることになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは床の材質ごとに、足裏温度の降下度を計算して比較してみましょう。

 

室温が20℃に設定されている時、床の表面温度はおおよそ18℃程度になっています。

 

 

先ほども言及したように、足からの熱移動速度は床に使用されている材料の性質に関係しています。

 

コンクリートやタイルなど、熱伝導率の低い材料では足裏からの熱移動も即座に行われ、

 

あっという間に危険温度の24℃を下回ってしまうことがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

一方で、畳やカーペットなど熱伝導率の低い材料では温度降下のスピードも緩慢で、足裏が

 

冷たくなるまでの時間を稼ぐことが可能なのです。

 

 

ご家庭で素足で歩く可能性がある脱衣室やトイレなどでは、床に使用する材料にも注意して

 

足裏温度によるヒートショックを防止していきたいものです。

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

       


運動不足になりがちな冬は、転倒事故の多発する季節!

 

 

 

猛暑の夏や、相次ぐ台風被害が発生した2019年。でも冬はもうすぐそこまで来ています。

 

 

 

 

 

ヒートショックによる入浴中の溺死が、冬に発生していることはよく知られていますね。

 

でも家庭内の死亡事故のうち、転倒や転落によって亡くなられる数の多さをご存知ですか?

 

残念ながら犠牲者はここでも、65歳以上のご長寿さんが多数を占めています。

 

 

 

 

 

住宅のバリアフリー化やユニバーサルデザインの導入によって、転倒事故は減少傾向に

 

あるようです。確かに段差の解消や手すりの設置は転倒防止に役立ちますね。

 

 

でも、高齢者の転倒事故の根本的な原因はどこにあるのでしょうか?

 

驚くことに、冬季間の運動不足による全身の筋力低下が引き金になっているのです。

 

 

 

 

断熱が十分でない住宅では、暖かい部屋と寒い部屋が同居することになります。

 

この部屋間の温度差が、冬季の運動不足の原因となっているという研究成果があります。

 

 

確かに暖房された居間と、寝室やトイレ、玄関などとの温度差が大きいと、

 

家の中で活動はどうしても制限されて、運動不足になりがちです。

 

 

さらに家が寒いと、どうしても散歩に出かけようという意欲も低下してしまいますね。

 

 

 

 

 

 

高断熱・高気密化の効果は、住宅内部のヒートショックの予防、という観点から議論される

 

ことが多いのですが、運動不足の解消にも一役買っているというのは新しい視点ですね。

 

 

 

 

 

家中どこにいても寒さを感じることのない住宅の環境は、一年を通して活動的な生活を

 

送る上で欠かすことのできない大切な価値です。

 

ユーザだけでなく住宅を設計している専門家にも、断熱の新たな価値を十分理解して

 

いただきたいものです。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

     

 

 

 

 


Lesson 50 汚れた空気は希釈するか、置き換えるか?

 

 

 

(写真)新鮮空気を供給するために設置された、休憩スペースの巨大なダクト。

 

 

 

汚れた空気を屋外に排出するためには、二つの換気手法があります。

 

 

一つめ方法は汚染物質で質が低下した室内の空気を、外部から取り入れた新鮮空気と混合

 

して希釈することで、汚染濃度を低減しようとする考え方です。

 

一般にこの換気方法を「混合換気」と呼んでいます。

 

 

(写真)大空間では、冷暖房と換気を同じシステムで行うことが多い。

 

 

 

でも、いくら導入する新鮮空気量を増やしたとしても汚染物質の濃度はゼロにはなりません。

 

あくまで限りなくゼロに近く低減するだけで、汚染は無くならないということですね。

 

 

 

汚染された空気と新鮮空気を、置き換えるという考え方。

 

 

 

積雪寒冷地である北海道では床下空間に新鮮空気を直接屋外から取り込み、汚染した空気を

 

居住空間の上部から電動ファンで屋外へと排出する「置換換気」システムが広く採用される

 

ようになってきました。

 

 

 

(写真)「床下集中換気システム」を採用した住宅のリビング(設計・施工:武部建設)

 

 

 

換気によって居室の温熱的快適性が低下するという「第3種換気」の欠点を解決するために

 

考案されたのが、「床下集中換気システム」です。

 

 

 

(写真)床面に設置された換気用のスリット(設計・施工:り・ぷらんにんぐ)

 

 

 

床下放熱器の放熱量を調整すれば、置換換気と同時に室内の暖房も可能になり一石二鳥です。

 

 

 

(写真)床下に設置された、外気を予熱するための放熱器

 

 

 

「混合換気」では空調用の送風量と必要換気量に10〜20倍程度の大きな差異があります。

 

「床下集中換気システム」では必要換気量と床下温度の関係から暖房量を求めることができ、

 

自然対流を利用した送風と暖房が可能になるため空調の搬送動力が不要になります。

 

 

 

(写真)床下集中換気で快適性を高めたリビング(設計・施工:北央建設)

 

 

 

つまり室内で風を感じることのない快適な暖房環境と、新鮮空気に満たされた居住域を

 

同時に生成することが可能になるわけです。

 

床下空間を衛生的に維持する必要はありますが、寒冷地の空調方式としては魅力が

 

ありそうですね。

 

 

 

 

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

 

「健康のための室内気候講座」: http://iwall.jp/column.html

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

       

       

 

 


Lesson 49 新鮮な空気は、どこから供給されるているのか?

 

 

 

 

空調用ダクトも、建築に溶け込みながら進化し続けています。

 

 

空港ターミナルや体育館、工場といった巨大な空間では空調機で温湿度や清浄度を調整

 

した空気を効率よく分配して快適な室内環境を創生するために、複雑なダクト網が

 

利用されてきました。一般的にはメッキ鋼板が、材料として利用されています。

 

 

 

(写真)プラハ国際空港の天井付近に、露出して設置されたダクト網

 

 

 

一方「オープンエアダクト」とは、管状ではなく内部がむき出しの送風ダクトのことで、

 

関西国際空港国際線出発ロビーではテフロン製の白い帆布が19本も設置されています。

 

 

(写真)関西国際空港 国際線出発ロビーの「オープンダクト」

 

 

 

吹き出し口から空間へと供給された空気は付着噴流となって帆に沿って流れ、フロア内の

 

すみずみまで、まんべんなく調整された空気が行き渡るように工夫されているのです。

 

 

 

(写真)空調の吹き出し口と「オープンダクト」の配置の様子

 

 

 

ここでは新鮮空気を届けるという役割の他に、空港を設計したイタリアの建築家レンゾ・

 

ピアノが起想した「障子のような影のできないソフトな照明」も同時に実現しています。

 

 

 

(写真)間接照明の役割も果たしている、関西国際空港のオープンダクト

 

 

目立たぬところで、快適と健康を支えてくれる空調設備のデザイン。

 

 

空気の質は命にかかわる重大事なのに、ほとんど顧みられることもない空調設備。

 

でも、無意識でいられることの幸福を、現代だから享受できるのかもしれません。

 

 

 

(写真)ホテルのロビーの床に設置された、空調の吹き出し口

 

 

私達の生活を常に見守ってくれている生命維持装置は、空間のどこに隠れているのか?

 

 

(写真)「せんだいメディアテーク」の空調吹き出し口

 

 

 

建築デザインを探索する時の楽しみが、また一つ増えそうです。

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

        

 

 

 

 


Lesson 48 就寝時の「空気質」が、健康と生産性向上の鍵を握る!

 

 

 

睡眠時に空気環境が悪化すると、健康リスクは高まります。

 

 

紫外線暴露や細菌感染などによって昼間に酷使された人間の免疫系修復には、良質な睡眠が

 

欠かせません。就寝時の空気環境の悪化が睡眠の質を低下させると、結果的に免疫力が

 

修復できなくなり、健康リスクが高まることになるのです。

 

 

 

 

 

アレルギー性の疾患を抱える人が半数を占める、と言われている現代社会。

 

 

閉め切った寝室は、カビやダニ、寝具からのホコリなどが舞いやすく、二酸化炭素やVOCの

 

濃度も高くなりがちです。

 

 

空気清浄機などを利用して室内の浮遊粉塵量を減少させることで良質な睡眠が得られ、結果と

 

して免疫機構の活性化が期待できるでしょう。

 

 

 

 

 

機械換気をしていても、就寝時には基準を上回る二酸化炭素濃度。

 

 

6畳間の寝室を閉め切った状態で建築基準法が規定する前述した量の換気を行なった場合でも

 

8時間後の二酸化炭素濃度は2,600ppmに達し、環境基準を大きく超過します。

 

 

二酸化炭素濃度が基準を超過しただけで直ちに健康被害があるわけではありませんが、室内の

 

空気質が低下している危険信号とみなすことができます。

 

 

 

空調設備のダクト内を、清潔に保つことは本当に可能なのか?

 

 

第1種熱交換換気システムなどで利用される、送風のためのダクトシステムは、床や天井など

 

建築の躯体内部に隠蔽されているため、その内部を観察することはできません。

 

 

全館空調の普及が進むにつれてダクト内のホコリやカビなどを原因とする健康リスクが

 

取りざたされるようになってきました。

 

 

 

 

日本のように湿潤な気候区分にある地域では、内部に埃などの栄養分が一旦入り込むと

 

常在菌やカビの発生原因ともなることから、メンテナンスは必要不可欠といってもいいでしょう。

 

 

 

 

メンテナンスの必要な設備機器は隠蔽せず、メンテナンスを容易にすることが肝要です。

 

 

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

「健康のための室内気候講座」: http://iwall.jp/column.html

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                        

 

 


目立たぬところで、快適と健康を支えてくれる空調。

 

 

<写真> 仙台国際空港の搭乗口ロビー

 

 

日常を室内で過ごしている時、自分の呼吸している空気には生存に必要な酸素が含まれて

 

いるのか? 急に呼吸が困難になることはないのか?、などと考える人はいないでしょう。

 

 

生命維持のために常に緊張を強いられることがない。なんと幸福な生活なことか。

 

 

それでは、我々はどうしてこれほどまでに空気の質に無頓着でいられるのでしょうか?

 

 

例えば飛行機のような密閉された空間では、生命維持に不可欠な酸素はどこからやってきて

 

どのように消費され、代謝で生成した二酸化炭素はどこから排出されているのでしょう。

 

 

<写真>調整された空気を供給してくれる、空調設備の吹き出し口

 

 

人間が快適で健康的な生活を送るためにはアレルギーの元凶ともなる花粉や粉塵などを除去

 

して清浄度を維持しながら、適切な温湿度になるよう空気の質を維持しなくてはいけません。

 

 

もちろん生命の維持に不可欠な酸素の供給も、空調設備の大切な役割の一つです。

 

 

<写真>ホテルのエントランスロビーに設置された空調吹き出し口

 

 

大勢の人が行き交う空港ターミナルのような大空間では、必要な空気量を安定して供給する

 

ばかりなく、人間が利用する居住域を効率よく空調された空気で満たすことが必要になります。

 

 

 

 

同時に空調設備には建築のデザインに溶け込んで、できる限りさりげなく、その機能を

 

発揮することも求められるのです。

 

 

<写真> せんだいメディアテークの空調吹き出し口

 

 

私達の生活を常に見守ってくれる生命維持装置は、建築空間のどこに隠れているのか?

 

 

<写真> 関西国際空港 到着ロビーにある空調吹き出し口

 

 

 

建築デザインを探索する時の楽しみが、また一つ増えそうです。

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

       

 


空気と光の通り道。関空のオープンエアダクトは、空調設備の進化形?

 

<写真> 関西国際空港の「オープンエアダクト」

 

 

空港ターミナルや体育館、工場といった巨大空間の空調設備では、空調機で温湿度や清浄度を

 

調整した空気を効率よく分配するために、複雑なダクト網が利用されてきました。パリにある

 

ポンピドーセンターの「見えるダクト」がその好例でしょう。

 

 

<写真> 天井に設置された、鋼板製のスパイラルダクトと吹き出し口

 

 

しかし、むき出しの空調ダクトは建築デザインとして、あまりにも武骨な印象を与えることも

 

あります。これを環境工学的に解決したのが、関西国際空港のメインターミナル4階に設置

 

された、空調のための「オープンエアダクト」です。

 

 

オープンエアダクトとは、管状ではなく内部がむき出しの送風ダクトのことで、ここでは

 

テフロン製の白い帆布が19本も設置されています。吹き出し口から空間へと供給された空気は

 

付着噴流となって帆に沿って流れ、フロア内のすみずみまでまんべんなく空調が行き渡る

 

ように工夫されているのです。

 

 

<写真> 関西国際空港の「オープンエアダクト」と空調の吹き出し口

 

 

このオープンエアダクトは天井間接照明の拡散板の役割も兼ねており、ターミナルビルを設計

 

したイタリアの建築家レンゾ・ピアノが想定した通り「障子のような影のできないソフト

 

な照明」も同時に実現しているのです。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

 

       


空調設備のダクト内を、清潔に保つことは本当に可能なのか?

 

 

 

第1種熱交換換気システムなどで利用される、送風のためのダクトシステム。温湿度や

 

清浄度を調整した空気が内部を流れ、所定の量だけ居室に分配、供給することで室内の

 

空気環境を整えてくれる優れものです。

 

 

通常は床や天井など建築の躯体内部に隠蔽されているため、その内部を観察することはでき

 

ないのですが、ダクトシステムを採用した住宅の普及が進むにつれて、ダクト内のホコリや

 

カビなどを原因とする健康リスクが取りざたされるようになってきました。

 

 

年間を通して窓開け換気が可能な期間が短い北欧などでは、定期的なダクトシステムの

 

内部清掃を義務付けている国もあるほどです。

 

 

日本のように湿潤な気候区分にある地域では、内部に埃などの栄養分が一旦入り込むと

 

常在菌やカビの発生原因ともなることから、ダクト内部のメンテナンスは必要不可欠と

 

言っても過言ではないでしょう。

 

 

近年ではダクトを使用しない換気システムも開発され、ドイツをはじめ欧州では普及も

 

進んできているようです。

 

清潔な空気環境を整え維持するための機械設備が、逆に健康リスクとならないよう、

 

設備の選択時には常時メンテナンスの容易さにも十分に配慮したいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

        

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:364 最後に更新した日:2020/06/30

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM