Lesson 16 消えた大屋根と庇。

春には軒先の縁側で、ぽかぽかと日差しを楽しむ。

夏は庇の下や、天井の高い土間玄関で、ひんやりと涼を得る。

 

伝統的な日本家屋が持つ四季折々の原風景も、進行する住宅地の都市化と敷地面積の狭小化によって、どこか遠い昔のおとぎ話へと変化してしまいました。

 

 

先日シンガポールで蒸暑環境下における室内環境創生について議論する機会がありました。四季のない蒸暑地域では暑さ対策が最優先され、とりわけガラスの遮熱性能が重要視されることは議論の余地のないところです。

でも、快晴の日に窓辺に佇んでも全く暖かさを感じない縁側空間。これが本当に日本の住宅に求められる体験なのか、いささか疑問に感じてしまいます。

 

 

太陽の恵みと強大な力を常に感じつつ、日射と仲良く暮らしていく住まい。四季の変化に対応した日射の調整は、窓の遮熱性能だけでは実現不可能です。深い庇、葦簀やすだれ、障子や鎧戸が果たしてきた役割を、現代の建築技術はどのような機構に置き換えていけば良いのでしょうか?

 

 

常に変化する住まい手の要求。時事刻々と変化する自然環境。これらをつなぐのは、変化することができる建築以外にないような気がします。

一つの技術で全てを解決するのではなく、使い方などソフトを含めた技術の総合化がこれからの住宅建築を支えていく鍵になりそうです。 

 

 

■記事原稿の詳細は、公式HPをご覧ください。

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/kenkou.html

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:81 最後に更新した日:2017/06/14

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM