Lesson 15 断熱材はどこまで厚くすれば良いのか?

GWをお楽しみのことでしょうが、今日はいささか長文です。

フル原稿は、いつものように公式HPにアップされています。

 

壁からの熱損失を少なくすると省エネルギーになるので、断熱材は可能な限り厚くするべきだ。だから断熱材が厚い方が「良い住宅」 だ。

  

一見正しく見える議論ですが、不毛とも言えるような「UA値競争」が際限なく繰り返されている現状は、健康住宅にとって本当に望ましい姿なのでしょうか。

 

ほんの50年ほど前の日本では、健康的な室内環境とは程遠い住環境が当たり前でした。そして、環境弱者である子供たちや高齢者がいつもその犠牲者です。

 

 

トップランナーと呼ばれる建築業者が作る住宅では、壁の厚さが600mm以上ということも今では珍しくありません。しかし、建築の構法や材料との整合性を取ることを前提として「美しく建てる」ことも住宅設計ではとても大切です。

 

「断熱」だけで全てが解決されると考えるのは、いささか単純すぎて危険な方向へと住宅を導くことにならないか、危惧されるところです。

 

「断熱」「蓄熱」「遮熱」技術の融合と非定常状態での総合的理解は、健康的で経済的に家族の安全・安心を守る新たな指標となろうとしているのです。

 

■詳細は、公式HPをご覧ください。

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/kenkou.html

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:108 最後に更新した日:2017/10/24

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM