リガの街を散歩しました。

「バルト海の真珠」とも詠われるラトビアの首都、リガの街を散歩してきたました。

前日は1月にしては珍しく雨が降るほど暖かかったのですが、この日は極寒。

寒さ対策を十分にしてから、旧市街を中心に建築を見て回りました。

 

 

6月のオペラシーズンにはヨーロッパ中から音楽好きの方々が集まってくるのですが、さすがにシーズンオフです。早朝の市役所広場にやってくるのは、建築好きの我々くらいしかいませんよね。

 

 

ラトビアは親日的な方が多くいらっしゃると聞いていましたが、小学生みなさんから「コンニチハ」と声をかけられてびっくり!将来、日本にも遊びに来てくれるといいですよね。歓迎します。

 

 

戦禍の影響が少なかったせいでしょうか、リガ城を始め多くの建築が建築当初の姿を残したまま保存されているのが印象的です。アールヌーボ様式の建築も多数あり、色彩も豊かで美しい街並みが旅行者を楽しませてくれます。

 

 

定番の猫の家。屋根の上にいる2匹の猫のお尻はドイツの方を向いているのだそうですが、理由は・・・。EUでも一人勝ちと言われているドイツですが、欧州人でなくては分からない歴史的な事情もあるようです。

 

 

次の目的地プラハを目指し国営航空会社であるエア・バルチックの飛行機に乗り込みました。ボンバルディア社が製造した噂の最新鋭機で、シートや照明デザインもオシャレにまとまっています。それにしてもラトビアの方々はとっても高身長で、通路の天井に頭を打ち付けるのではないかと、ヒヤヒヤしたくらいです。

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:86 最後に更新した日:2017/08/13

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM