イタリア・ユーロスターでFirenzeへ。

世界歴史遺産の街、トスカーナ州の州都フィレンツェを視察するため、ローマ・テルミニ駅からフレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅までイタリア・ユーロスターで小旅行をしました。英仏間を運行するユーロスターとは違い、イタリアの民営鉄道トレニタリアが運行しています。

 

 

駅前広場にあるポーランド出身の教皇ヨハネ・パウロ2世の像です。朝日が後光のように差して、優しいフォルムを際立たせていますね。ヨハネ・パウロ2世は冷戦末期に、450年ぶりのイタリア人以外の教皇として世界平和を訴え、被爆地の広島市と長崎市を訪問されたこともあります。世界中の信者や宗教家から愛された偉大な教皇、パパですよね。

 

 

毎年1億5000万人もの乗降客がある国際ターミナル駅、ローマ・テルミニ。

パリやミュンヘン、ウィーンなどに向かう国際列車が毎日運行されており、地下鉄A線・B線やレオナルド・エクスプレス空港鉄道などへも乗り換えも可能ですから、観光にはとっても便利なランドマークです。

 

 

テルミニ駅は古代ローマの浴場遺跡がある歴史地区にあり、建設後60年を経過したモダニズム建築です。周囲を取り囲む重厚な組積造建築群の中にあって、機能性と軽快さ備えた優雅で美しいデザインは、ひときわ異彩を放っています。高層ビル群の駅前広場しか知らない日本人にとっては、ノスタルジーを感じるような駅舎でもあります。

 

 

駅構内のカフェスペースには、古代ローマ時代の城壁が発掘された当時のままに展示されています。ローマは、古代遺跡の上に現代都市が構築されていることを、いつも意識させられる街です。

 

 

ユーロスターのチケットは英語表示も可能な券売機で簡単に購入できます。

 

ところが・・・。券売機の前にいるとアフリカ系と思われる青年が、馴れ馴れしく接近して来ました。どこまで?いつ行くの?何人? などと質問しながら、頼みもしないのに次々と画面を操作してきます!

 

お礼は一人5ユーロね!!って。これは明らかな親切詐欺ですよね。

 

こんな時は黙っていないで、かならずNO!!と言いましょう。移民や難民問題を抱え、経済状況もあまり芳しくない現在のイタリアですので、観光客目当ての犯罪には十分注意が必要です。

 

 

発車15分ほど前になって、ようやく出発掲示板に乗降ホームの番号が表示されます。ヨーロッパの他の駅と同様に改札はありませんが国際駅ですのでセキュリーティー・チェックを受けてから出発ホームに向かいます。切符の刻印を済ませ、ホームヘ。

いました!イタリアの新幹線、ユーロスターです。フェラーリのデザインでも有名なピニンファリーナが手がけたETR500型車両。Firenzeまで所要時間 約1時間30分 の旅が始まります。

 

 

2等車の座席は4人がけ対面シートで、座席にはテーブルとUSBプラグがついています。列車には2等の他に1等車両、ビジネス車両が連結されています。それにしても、さすがイタリアンデザイン。落ち着いた色彩、シートの座りごごちも抜群で、すっかり気に入ってしまいました。日本の新幹線の5人がけシートより、こっちの方がはるかに快適ですね。

 

 

イタリア・ユーロスターで主に運行している列車は3種類で、最高速度はETR1000の400km/h。運行速度は250-300km/hです。車内には簡単にアクセスできる無料のWi-Fiも飛んでいて、観光情報などをチェックするのにとても便利です。

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:332 最後に更新した日:2019/12/05

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM