フランクフルトの住宅展示場視察。その2。

JUGEMテーマ:住宅

前回アップしたフランクフルトの住宅展示場視察の続報です。

歴史的にレンガや石による組積造が多用されてきたからでしょうか、ガラスのファサードを持つ軽量構造の提案もたくさん見られました。

窓の発生の歴史を組積造とポスト・リンテル造の相違から類型化する試みはとても有名ですが、このモデルハウスもまさにその典型とも言えるかもしれません。この引き違いサッシ、気密は取れているのでしょうか?重さも心配になりますよね。

 

 

あえて典型的な切り妻屋根をやめて、モダン建築をテーマにしたような住宅も展示されています。

ちょっと2階部分のプロポーションを間違えているように思いますが、気のせいでしょうか。

 

ドイツでお宅を訪問すると必ずと言っていいほど奥様に案内されて、しかも自慢される清潔なキッチン。

 

でも4人家族でこのシンクで足りる料理って、一体どんな料理なんでしょうか?

ドイツのご主人達のため息が聞こえてきそうな、そんな風景です。ビバ、日本人。

 

この展示場の太陽エネルギー利用の主役は、太陽電池ではなく太陽熱給湯器のようです。

それにしても小さな貯湯タンクですから、バスに浸かってリラックスするよりは、シャワーで済ませるライフスタイルが一般的なのでしょう。

 

よく見かける太陽熱集熱器と追い焚き用のガスボイラーの切り替えコントローラー。

 

換気設備は、第1種の熱交換換気が必須となっています。

でもこの透明なダクトを使えばダクト内の汚れも見えますので、メンテナンスの時期を逸することはないかもしれません。

 

セントラルヒーティングは、もちろん最もポピュラーな暖房システムですが、薪の炎は癒しの効果も抜群。

薪ストーブを装備している住宅がほとんどです。

デザイン的に洗練された、懐かしいコッフェル・オーフェン風のストーブも数多く展示されていました。

 

☆室内気候研究所
HP http://iwall.jp/


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:332 最後に更新した日:2019/12/05

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM