フランクフルトの住宅展示場を視察してきました。

JUGEMテーマ:住宅

この日はマンハイムの宿泊先からフランクフルト・アム・マインまでICEで移動。

フランクフルトにある住宅展示場を視察しました。ドイツには大規模な住宅展示場が非常に少なく、フランクフルトやミュンヘンなど2〜3箇所しかありません。

 

 

フランクフルト中央駅は1988年に開業した欧州でも最大級の国際ターミナル鉄道駅です。

ドイツ国内はもとより、パリやブリュッセルなど、欧州各地の中央駅と結ぶ鉄道網の起点にふさわしい立派な建築です。

 

中央駅からはタクシーを利用して約1時間の移動。フランクフルトの住宅展示場に到着です。

懐かしい受付棟でチェックインを済ませ、いよいよ展示場の内部を見学します。

 

フランクフルトの展示場には、現在66棟のモデルハウスが常設展示されており、足早に巡っても2時間程度はかかるかもしれません。ご一緒した皆さんとは集合時間を決めて、各自興味のある住宅を見て回りました。

 

以前訪問した時は断熱や設備など、住宅の性能を数量化して提示している住宅が多かったのですが、断熱基準が明確に規定されている現在では高断熱・高気密は当たり前。どちらかというと生活イメージを中心とした展示に変わっていたように思います。

 

伝統的な切り妻の大屋根に加えて高性能ガラスによる大きな開口部がどの家でもデザインの中心です。

日射が少ないドイツの冬をいかに快適に過ごすのか。あくまでもモデルとしての提示ですから、実際のドイツの住宅とは少し勝手が違うようですが。

 

自然との連続性や日射熱の取り入れを目的とした、グリーンハウスの提案があちこちに。

大都会フランクフルトにお住いの方にとって、自然と調和したライフスタイルは、とっても魅力的なんでしょうね。

 

でも、今回の視察でびっくりするような発見は、残念ながらありませんでした。

 

日本にもこんなデザインの街並みが既に存在しているからなんでしょうかね。

(引用)北洲ハウジング HPより。 http://www.hokushuhousing.co.jp/concept/

 

☆室内気候研究所
HP http://iwall.jp/

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:332 最後に更新した日:2019/12/05

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM