K-house(千歳市)の環境測定を開始しました。

JUGEMテーマ:住宅

既にお伝えした千歳市にあるK-houseの室内環境とエネルギー消費量の測定を開始しました。
K-houseは3月まではショールームとして公開され、以降は入居後の実居住データを測定する予定です。
1月下旬ですが、札幌に比較すると千歳市の積雪量は非常に少ないことに驚きます。

外観

1FのLDKには、採光、換気、蓄熱のパッシブ機能を持った吹き抜け部分があります。
冬季でも日射量が多い千歳の気候を生かした建築デザインが、K−houseの特徴です。

吹き抜け

吹き抜けの上部には、この空間に接続するた内窓が3方向に設けられています。
この窓を開けていれば、階下の雰囲気を2Fでも感じることができるように工夫。
吹き抜け部に施工したe-プラスターで、環境変動を抑制しながら夜間の日射利用が可能になります。

吹き抜け上部

気温、湿度、CO2濃度、騒音などのデータを5分間隔で測定してくれるNetatmo。
データはクラウド上にアップロードされており、.csvや.xlsxフォーマットでいつでもダウンロード可能です。

温度計

K-houseでは、施主様の協力を頂き温水暖房システムの配管途中に熱量計を設置。
暖房で消費したエネルギーを1分間隔で測定して、データを蓄積しています。
今後は、室内外温度の測定値から予測される総熱損失量と、消費エネルギー量の測定値から、日射の有効利用率を評価していく予定です。

熱量計
 

☆室内気候研究所

HP http://iwall.jp/

 



コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:315 最後に更新した日:2019/07/21

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM