新型コロナの第二波襲来と、新しいライフスタイルの構築。

 

 

 

1918年から21年にかけて、世界中で大流行したいわゆる「スペイン風邪」を想起させるような

 

パンデミックが世界中を覆い尽くしています。すでに世界の死者数は65万人を超え、衰える

 

気配すらありません。中南米の感染拡大が心配です。

 

 

 

(出典)https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-world-map/

 

 

 

毎日の報道で気が滅入るほどなのですが、都市封鎖などの移動制限がどれほどの効果があるのか、

 

これまでの研究で明らかになっていないのが残念でなりません。

 

 

ただ永久に移動制限を続けることができないのも自明で、一人一人が健康リスク予防のため

 

新しいライフスタイルを模索しなくてはいけない時代なのでしょう。

 

 

 

(写真)緊急事態宣言が発出されていた頃の仙台駅(4月)

 

 

 

新型インフルエンザ感染症が経済活動に与えるインパクトも非常に大きくなってきていて、

 

徐々にではありますが国内での移動量が増加してきたことを実感しています。

 

 

 

(写真)移動制限が解除された後の仙台駅(7月)

 

 

 

 

皆さんマスク姿ではありますが、明らかに人が密集した空間もそこここにみられるように

 

なりました。首都圏、中京圏そして大阪圏で、感染者数が過去最高を更新する日が続いています。

 

自分自身のリスク管理が大切な気がしています。

 

 

(写真)人出が増え続けている、JR名古屋駅の様子(6月)

 

 

 

アクリル板の保護フィルムが品薄になっていると伺いました。飲食業ではアクリル板を使って

 

飛沫感染を予防する措置が取られているんですね。これも新しい風景の一つです。

 

 

 

(写真)アクリル板で仕切られた、お寿司屋さんのテーブル

 

 

 

ただ悪戯に恐れるだけでなく、日常の生活の中で自分にできる予防策をしっかり見極め

 

感染リスクから自らを遠ざける工夫が必要なのでしょう。

 

 

本年度の研究テーマは「コロナの時代に生きるための室内環境」です。

 

空気質と温熱環境の調整で、家庭内感染の抑止を目指します。

 

 

 

 

 

先日、仙台にお邪魔した時に幻の「DATE SEVEN」を頂いてまいりました。

 

 

技術的な問題でHPの更新ができずに困っています。スクールに通おうかな。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:368 最後に更新した日:2020/08/06

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM