「名古屋城本丸御殿」を見学してきました。

 

 

首里城の復旧工事を視察する途中に、中部国際空港での乗り継ぎ時間を利用して、

 

国宝「名古屋城本丸御殿」を見学に行ってみました。

 

 

徳川家康の名を受け建設され、金のシャチホコで有名な名古屋城に隣接する本丸御殿は、

 

2018年の全面公開から多くの専門家や調査団の視察を受け入れているようです。

 

 

 

 

 

第3期の工事では、将軍が上洛する際に利用した「上洛殿」の修復され一般に公開されています。

 

 

 

 

匠の技をちりばめ、尾張徳川家の威風と贅を尽くした装飾美術品の数々に、魅了されます。

 

 

 

 

もちろん絢爛豪華というばかりでなく精緻な建築技術が隅々にまで施され、匠の技が

 

現代にまで継承されてきたことは、日本建築界にとってかけがえのない財産でしょう。

 

 

 

 

江戸時代から建設に関わる膨大な史料が大切に保管されてきたことは稀有な例で、日本の

 

建築史を振り返る上でも、大変貴重な修復工事になったことは言うまでもありません。

 

 

 

 

単なるレプリカを超越し、これほどまでに高い技術力を持った匠が、現代の名古屋に

 

実在していることに感動しながら、梅雨時期の名古屋を後にしました。

 

 

 

 

 

猛暑を前にした免疫力アップ食といえば、やはり「ひつまぶし」ですよね。

 

名古屋風の蒲焼きを堪能させていただきました。

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:368 最後に更新した日:2020/08/06

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM