焼失した首里城の、修復工事現場を視察しました。

 

 

 

2019年10月31日の未明に発生した火災によって、沖縄のシンボルともいえる

 

琉球王国の城郭、首里城は多くの歴史的遺産とともに焼失してしまいました。

 

 

 

 

 

今回は、焼失した首里城の復旧工事の進捗状況を確認するため、那覇市にやってきました。

 

 

 

 

 

多くの観光客で賑わった撮影スポットの守礼門も、今はひっそりと寂しげに佇んでいます。

 

 

 

 

威風堂々たる正殿のあった基壇には、古い基壇を守るための仮設小屋が設置されているだけです。

 

瓦礫はほとんど撤去されていますが、周囲には今も焦げたような匂いが漂い、火災の脅威を

 

来訪者にそっと伝えてくれているようです。

 

 

 

 

 

 

見学のために訪問した時の鮮やかな朱に塗られた正殿の威容が、懐かしく思い出されます。

 

 

 

 

 

前回の修復工事の時に保存されていた旧基壇は、なんとか火災の難を免れたようです。

 

 

 

 

焼け落ちた瓦も、可能な限り綺麗に分類整理ができていますね。

 

 

 

 

 

修復作業は、博物館に展示されていた復元模型のように進められていくものと思います。

 

幸いにも前回の修復に携わられた技術者の方々が沢山いらっしゃるのが心強いのですが、

 

木材や琉球瓦など、入手が困難な建築材料も明らかになってきたようです。

 

 

 

 

 

これから修復完了までには膨大な費用と時間がかかるものと思いますが、可能な限り

 

修復の進捗状況を現地調査を含めて当ブログに掲示していきたいと考えています。

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:364 最後に更新した日:2020/06/30

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM