寝室の環境を整えて熟睡すると、免疫は活性化される。

 

 

 

 

室内気候研究所が目指しているのは、「室内に穏やかな変化をデザインする」こと。

 

 

採用している「パッシブ環境設計手法」は、衣服と建築によって社会的適応範囲を拡張し

 

幸福で持続可能な人間の活動が高度化することを目標にしています。

 

 

 

 

 

 

エネルギーと機械任せでは、自然の変化を享受することができない。

 

 

自分や自分の大切な家族が、充実した実り豊かな人生を送るためには、健康で快適な

 

居住環境が維持されていることが不可欠です。これをどう構築すれば良いのか?

 

 

 

 

 

 

 

快適な環境作りには色々な手法があるのですが、大切なのは環境の中に刺激と変化が

 

存在していることだと、私たちは考えています。

 

 

地下鉄の車内や工場の制御室のように、外界の変化から隔絶され変化のない環境では

 

ストレスにさらされて、健康的な生活を送り続けることは不可能なのです。

 

 

 

 

 

また、地域の気候や風土を無視して強大な機械のパワーやエネルギー利用に依拠しては

 

持続可能性が損なわれることは言うまでもありません。

 

 

時として人間の脅威ともなりうる自然の変動は、パッシブ環境を整備することで

 

生活に欠くことができない「豊かな四季の変化」という財産にもなりうるのです。

 

 

 

 

 

 

 

自然の中にしっかりと溶け込み、豊かな変化の魅力を生活に生かす手法。

 

それが「パッシブ建築の設計技術」だと言えるかもしれません。

 

 

 

 

 

暖冬傾向の続く今年の日本列島ですが、北海道から九州沖縄まで様々な気候風土の特徴が

 

存在しています。その土地の気候をどう生かしていくのか?

 

 

各地で開催されているパッシブ環境の研究会に参加しながら、議論を続けているところです。

 

 

 

 

先日開催された研究セミナーの様子です。生後7ヶ月のお子さんから、熟年のご夫婦まで

 

幅広い年齢層の方々にお越しいただきましたが、今回もとても有意義な会になりました。

 

 

参加者のお子様たち全員が60分間の講演を、静かに聴講していただきました。感謝です。

 

 

 

 

 

子供の成長にとって必要な住環境とは? これをどのように構築すれば良いのか?

 

ますます長時間化する人工環境での生活と、人間の成長の関係についても議論してきました。

 

 

結論的に言えば、就寝中の環境整備、特に温度・湿度を含めた空気の質をいかに維持し、

 

睡眠の質を高めていくことができるか? これが子供室のキーワードになりそうです。

 

 

 

 

 

 

また寒中に発生する季節性の失敗の発生率と住環境の関係についても、データを交えながら

 

みなさんと情報を共有してきました。元プロ野球選手の野村克也氏も、残念ながら寒中症

 

で生涯を閉じられることになったのは、記憶に新しいところです。

 

 

家中どこにいても、寒い場所、寒い時間を作らない! これが環境設計の基本と言えそうです。

 

 

 

 

 

 

 

セミナー終了後は、参加者の皆さんとお食事をしながら懇親を深めてきました。

 

それにしても会場になったホテルのレストランは、和・洋・中どこもハズレなしですね!

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:364 最後に更新した日:2020/06/30

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM