クリスマスのフィレンツェは、絵画のよう。

 

 

 

 

クリスマスシーズンの、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅の朝。午前8時を少し回ったところです。

 

ようやく空が明るさを取り戻してきた時刻。今日はトスカーナの空を振り返ってみましょう。

 

フランクフルトよりも緯度が10°も低いので、日の出も幾分早く感じられます。

 

 

 

 

 

 

この時期のフィレンツェは季節風の影響もあって、どんよりとした雲に覆われる日が多いようです。

 

今日も曇り空にサンタ・マリア・ノヴェッラ教会の尖塔が、くっきりしたシルエットを見せ始めています。

 

 

 

 

 

 

フィレンツェの緯度は札幌市とほぼ同緯度ですので、日の長さはちょうど同じくらい。

 

夜明けは7時過ぎ、午後4時にはそろそろ日没前の仄暗さがやってきます。

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスシーズンは観光客も少ないので、美術館や博物館を巡るには良い季節ですね。

 

ゆっくりとフィレンツェの歴史遺産を散歩しながら巡ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

地中海の海流の影響でしょうか札幌よりもかなり暖かく、雪の心配はありません。

 

中世の絵画にも出てきそうな雲が、パステルカラーの空に浮かんで流れていきます。

 

 

 

 

 

 

共和国広場では、クリスマスの飾り付けが済んでいますね。

 

メリーゴーランドに乗った親子連れが、本当に楽しそうに冬を楽しんでいました。

 

 

 

 

 

 

夕方から日没までの時間は、あっという間に過ぎて行きます。

 

綺麗にライトアップされた、シニョーリア広場の尖塔が本当に美しく見えます。

 

 

 

 

 

 

簡単な食事を済ませてから、本日のホテルへと帰還することにいたします。

 

 

 

 

 

 

フィレンツェはフランクフルトよりも確実に日が長く暖かいので、この季節の

 

お散歩には最高かもしれません。空の色が、とっても美しくて感動しました。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:364 最後に更新した日:2020/06/30

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM