琉球文化の象徴、首里城正殿が消失。 残念です!

 

 

2019年10月31日深夜。世界遺産に登録されている首里城正殿でに火災が発生し、

 

完全に消失するという痛ましい事態となりました。

 

沖縄県民の皆様の悲しみに、今はそっと寄り添いたいと思います。残念です。

 

 

 

 

 

 

琉球王朝の執政の中心施設であり、沖縄文化の象徴でもあった首里城正殿。

 

世界中からの観光客をお迎えしていた施設が、あっという間に失われてしまいました。

 

 

 

 

 

 

第二次世界大戦の戦禍によって1945年に消失した正殿は、1992年に再建。

 

以来、沖縄県民ばかりでなく世界中の人から愛され続けてた、貴重な木造建築でした。

 

 

 

 

 

 

木造の世界遺産ですから、火災に対しては十分な配慮がなされていたと思いますが、

 

深夜の失火、そして消失に大変驚きました。

 

 

 

 

 

 

本ブログでも度々取り上げてきた沖縄の建築。とりわけ首里城は琉球と日本の伝統を

 

調和よく受け継いだ建築だっただけに大変残念です。

 

 

今後再建に向け動き出すことでしょうが、困難は多くても木造での再建を期待します。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

       

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:328 最後に更新した日:2019/11/13

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM