健康のために、自然の変化を室内に創り出す。

 

 

 

室内での活動がますます長時間化し、知的生産活動も高度化し続ける現代社会。

 

現代人は知らず知らずのうちに環境ストレスにさらされ、健康リスクが高まっています。

 

 

 

 

健康のためには、ストレスの元凶となる環境要因を室内から排除していく必要があるのです。

 

 

人間の生理的な活動は、ほぼ24時間周期で変動を繰り返しています。

 

「音・光・熱・空気・色」。

 

様々な環境刺激が、1日を通してゆっくりと変動するような環境の創出が不可欠ですね。

 

 

 

 

 

 

 

でも、これらの周期的な環境刺激を機械的に作り出したとしても、鋭敏な人間の感覚は

 

これを否定的な刺激としてしか受け取ることはありません。

 

 

自然の変化を快適な範囲まで和らげつつ、どのように室内に取り込んでいくのか?

 

「健康住宅ヅクリ」の基本的なコンセプトは、第二の自然の創生に根ざすべきでしょう。

 

 

 

 

 

温熱環境に目を向けてみると、外気温度や日射量の変化を生かした環境づくりが

 

居住者の健康にとって不可欠であることは言うまでもありません。

 

 

断熱性能を高めるだけでなく、蓄熱性能の付与による室温変動幅の抑制、過度な日射

 

受熱による過昇温の抑制は、温熱環境づくりの原点といえるかもしれません。

 

 

 

 

 

大切な家族の健康な暮らしと、充実した人生を約束してくれる住宅ヅクリ。

 

自然に学び、自然を上手に利用する工夫が大切なようです。

 

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

     

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:328 最後に更新した日:2019/11/13

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM