Lesson 50 汚れた空気は希釈するか、置き換えるか?

 

 

 

(写真)新鮮空気を供給するために設置された、休憩スペースの巨大なダクト。

 

 

 

汚れた空気を屋外に排出するためには、二つの換気手法があります。

 

 

一つめ方法は汚染物質で質が低下した室内の空気を、外部から取り入れた新鮮空気と混合

 

して希釈することで、汚染濃度を低減しようとする考え方です。

 

一般にこの換気方法を「混合換気」と呼んでいます。

 

 

(写真)大空間では、冷暖房と換気を同じシステムで行うことが多い。

 

 

 

でも、いくら導入する新鮮空気量を増やしたとしても汚染物質の濃度はゼロにはなりません。

 

あくまで限りなくゼロに近く低減するだけで、汚染は無くならないということですね。

 

 

 

汚染された空気と新鮮空気を、置き換えるという考え方。

 

 

 

積雪寒冷地である北海道では床下空間に新鮮空気を直接屋外から取り込み、汚染した空気を

 

居住空間の上部から電動ファンで屋外へと排出する「置換換気」システムが広く採用される

 

ようになってきました。

 

 

 

(写真)「床下集中換気システム」を採用した住宅のリビング(設計・施工:武部建設)

 

 

 

換気によって居室の温熱的快適性が低下するという「第3種換気」の欠点を解決するために

 

考案されたのが、「床下集中換気システム」です。

 

 

 

(写真)床面に設置された換気用のスリット(設計・施工:り・ぷらんにんぐ)

 

 

 

床下放熱器の放熱量を調整すれば、置換換気と同時に室内の暖房も可能になり一石二鳥です。

 

 

 

(写真)床下に設置された、外気を予熱するための放熱器

 

 

 

「混合換気」では空調用の送風量と必要換気量に10〜20倍程度の大きな差異があります。

 

「床下集中換気システム」では必要換気量と床下温度の関係から暖房量を求めることができ、

 

自然対流を利用した送風と暖房が可能になるため空調の搬送動力が不要になります。

 

 

 

(写真)床下集中換気で快適性を高めたリビング(設計・施工:北央建設)

 

 

 

つまり室内で風を感じることのない快適な暖房環境と、新鮮空気に満たされた居住域を

 

同時に生成することが可能になるわけです。

 

床下空間を衛生的に維持する必要はありますが、寒冷地の空調方式としては魅力が

 

ありそうですね。

 

 

 

 

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

 

「健康のための室内気候講座」: http://iwall.jp/column.html

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

       

       

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:315 最後に更新した日:2019/07/21

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM