LOHASな生活を支える、高性能住宅の新たな挑戦!

 

 

 

年間を通して快適な室内環境をつくり、LOHASな生活を送っていただくためには、3つの

 

技術が必要であることをお話ししてきました。

 

今回は先駆的に、これらの技術が導入された北海道の高性能住宅をご紹介しましょう。

 

 

 

【技術1】 まず「断熱」をしっかりと計画し、施工することです。

 

 

 

 

 

 

「暑さ」「寒さ」を感じることなく生活するために必要な断熱材の厚さを敷地の立地条件と

 

気候から算出してみましょう。もちろん省エネルギー基準に合致していることが最低条件です。

 

 

 

 

 

 

 

 

断熱材の厚さを決定したら、次は断熱欠損なく施工できるのか、構法の検討に入ります。

 

しっかりと施工できる断熱構法でなければ、設計上の性能を満たすことはできません。

 

 

 

 

 

 

施工が終了したら赤外線カメラを使って、熱橋がないか可視化してみると良いでしょう。

 

 

 

(画像)軸間断熱と外断熱を組合わせた高性能住宅の例(設計・施工:北央建設)

 

 

 

断熱材の施工が緻密に実施されていると、外壁面の温度はほぼ均一になり熱画像の色相

 

を見てもほとんど差はありませんね。しっかりとした計画と施工ができている証左です。

 

 

 

 

【技術 2】 夏場の暑さに備えて「遮熱」計画をしましょう。

 

冬場には嬉しい日射熱ですが、夏はそのまま室内に取り入れると暑くなりすぎます。

 

窓の外側で、しっかりと日射熱を遮断するための方策を考えましょう。

 

 

 

 

 

遮熱効果の高いネットやシートが発売され入手しやくなりましたので、建築の意匠を

 

勘案して最も適した遮熱装置を、建築時にあらかじめ施工しておくことにしましょう。

 

 

 

【技術3】 「断熱」と「遮熱」をしたら、あとは「蓄熱」をしっかりと。

 

日本の伝統的家屋をみると、茅葺き屋根のしっかりとした断熱性能と軒庇の遮熱性能が

 

備わった住宅が全国的に存在していることがわかります。また土壁や土間床が担っていた

 

「蓄熱」の性能を組み話せれば、現在の住宅でもパッシブ性能の高い住宅が完成します。

 

 

 

 

 

 

現在は大壁構法が多数派ですが、土壁に代わる潜熱蓄熱性能を持った建材も開発されています。

 

木造建築にRC建築が持つ熱容量を加えてあげれば、快適な温熱環境の出来上がりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

夏は涼しく、冬暖かな住宅は「断熱」「遮熱」それに「蓄熱」で完成します。

 

 

 

 

 

 

もちろん自然室温が快適範囲を逸脱する季節は、少しだけ空調設備の力を借りましょう。

 

こうすることで設備容量はとても小さくて済みますし、消費エネルギーも抑制できます。

 

 

 

 

 

 

パッシブ住宅づくりの基本的な技術を守り、しっかりと施工することで「LOHAS」な生活が

 

約束されるのです。

 

 

 

 

 

 

パッシブな住宅は、そこに住む人をアクティブにしてくれるものです。

 

あなたの大切な家族の健康を守ってくれるパッシブな住宅づくりにチャレンジしませんか?

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

        

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:328 最後に更新した日:2019/11/13

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM