しっかり断熱すると、日射遮蔽も効果が出てくる!

 

 

 

当ブログでは、これまでにも何度か「就寝時熱中症」の原因とその被害について議論

 

してきました。

 

 

エアコンをつけて寝ていても、昼間に過熱状態になった屋根裏空間からの熱侵入によって

 

脱水症状を引き起こし、熱中症の症状で搬送される人が後を絶たないというのです。

 

 

 

 

(写真)北洲「プレミアム・パッシブハウス」の外付けブイラインド

 

 

 

「熱中症」対策は水分の補給ではなく、住宅の断熱から始める。

 

 

 

屋根や外壁の断熱性能を十分に高めていくと、躯体からの不用意な日射熱の侵入を防ぐ

 

ことができますから、一日中「熱中症」から身を遠ざけておくことも可能になるのです。

 

 

 

高断熱化することで、窓からの日射侵入を調整することの意味も顕在化してきます。

 

 

 

(写真)フランクフルト住宅展示場 ガラスハウスの日射遮蔽

 

 

 

建築躯体の断熱性能が低いと、窓ガラスからの日射侵入を抑えても屋根や壁など躯体から

 

の熱侵入が卓越するので室内の暑さを防ぐことはできず、単に眩しさの抑制することに

 

しか効果はありません。

 

 

眩しさと暑さからの開放感を同時に享受するためには、まず高断熱化が欠かせないのです。

 

 

 

(写真)外付けブラインドの収納事例(収納ボックスが大きすぎる!)

 

 

 

 

高断熱住宅が普及した欧州では、住宅の日射調整手法として外付けブラインドが一般化

 

しているのですが、日本での普及はまだまだ進んでいないようです。

 

 

台風などが頻発する日本の気候風土はもとより、他の日射調整手法と比較するとまだまだ

 

高価であることも、外付けブラインドの普及を妨げる要因となっているようです。

 

 

 

(写真)上手に収納された「プレミアム・パッシブハウス」の外付けブラインド

 

 

 

また、外付けブラインドには巻き上げ時にブレードを収納しておくための収納ボックスを

 

施工する必要がありますが、一般的に壁が薄く外断熱工法が普及していない日本では、

 

ボックスを窓の上部に施工すると、建築的な美観を損ねてしまうという課題があります。

 

 

 

(写真)ブラインドボックスのスマートな収まり 

    「プレミアム・パッシブハウス」(設計:北洲ハウジング)

 

 

 

北洲「プレミアム・パッシブハウス」では外壁の付加断熱に90[mm]のシリカエアロゲル

 

断熱材「SLENTEX」をアジアで初めて採用するとともに、ブラインドボックス周りの

 

ディテールを徹底的に見直すことで、すっきりとした窓周りのデザインを実現しました。

 

 

 

(写真)ドイツのパッシブ集合住宅に設置された、外付けブラインド

 

 

 

壁厚が最低でも300[mm]はあるドイツの住宅に比較すると、日本の壁は薄いのですが、

 

ブラインド周りのディテールの開発によって、その魅力を享受できる日も近いようです。

 

 

カーテンレスで生活できれば、プライバシーを確保しながら冬の日差しを十分に活用すること

 

もできるようになります。

 

 

「断熱」を進化させると「遮熱」も意味を持つのです。

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

         

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:315 最後に更新した日:2019/07/21

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM