サンタ・マリア・マッジョーレ教会の「洗礼堂」を見学します。

 

 

 

 

ローマ4大バジリカの一つ、サンタマリアマッジョーレ教会の探訪を続けましょう。

 

 

こちらは右側廊の入口近くにある洗礼堂の様子です。エジプトのアスワンから運ばれた

 

といわれる赤い花崗岩の柱がとても印象的に目に映ります。それにしても大きな水盤です。

 

 

 

 

こちらがイル・パッシニャーノが描いた天井のフレスコ画。金色のスタッコ装飾はとても豪華

 

なのですが、躍動的で生き生きと描かれたフレスコ画の人物たちがちょっと迷惑そうでは?

 

 

 


洗礼堂のまっすぐ奥の壁には、ピエトロの作の「聖母被昇天」のレリーフが掲げられて

 

います。聖女を天に導くプットーの部分に、この大聖堂に眠る巨匠ベルニーニが手を入れた

 

のだそうです。大聖堂の壮大な歴史を感じることのできる逸話ですね。

 

 

 

 

これで大聖堂の内部探検も一周。長い歴史の中、守り抜かれた伝統と宗教文化を満喫できました。

 

 

 

 

土産物の売店を兼ねたギャラリーを通って、入り口のファッサード部分まで出てきました。

 

 

 

 

売店で申し込むと、正面に見える扉の鍵を開けてもらうことができます。

 

2階にある「祝福のロッジャ」を見学することができるのですが、もう時間もないので

 

次回訪問の楽しみにしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

       


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:315 最後に更新した日:2019/07/21

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM