第3回 蓄熱シンポジウムに参加してきました。

 

 


前日までの季節外れの暖かさが去り、春まだ遠しを感じさせる陽気の2019年2月8日(金)。

 

東京日本橋の会場で開催された「第3回 蓄熱建材シンポジウム」に参加してきました。

 

 

(写真) 前日の都心は、20℃を超える暖かさだったのですが・・・。

 

 

主催者の(一社)日本潜熱蓄熱建材協会は、2016年に設立された蓄熱建材コンソーシアムの

 

理念と活動を発展的に継承する形で昨年11月に法人化された組織で、潜熱蓄熱建材の技術の

 

標準化と普及を目的に活動している企業連合です。

 

 

 

 

当日の会場は立ち見も出るほどの盛況で、気鋭の講師陣が潜熱蓄熱建材の最新情報や、

 

将来展望などについて熱のこもった講演をしました。

 

 

北洲総合研究所の今野氏は、潜熱蓄熱建材「エコナウォール」の実施事例と温熱環境の

 

評価結果を発表。高断熱住宅との組み合わせで、大幅な省エネと健康環境が同時に

 

実現されることを実証データから説明してくれました。

 

 

 

 

グッドデザイン賞を受賞し、潜熱蓄熱建材の先行事例である「エコナウォール」が、健康増進

 

や持続可能な社会の構築に貢献できる可能性を強く示唆する内容で、大変興味深く

 

素晴らしい講演となりました。

 

 

 

 

今が冬であることを忘れさせるような前日の陽気から、セミナー翌日は一転して真冬の

 

空模様に激変。東京にも確実に冬はある、ということを実感させてくれる1日となりました。

 

 

 

電車から見る住宅の屋根も、うっすらと雪化粧をしていますね。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

       

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:315 最後に更新した日:2019/07/21

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM