「空気の質」について考えてみよう。 その3

 

 

 

前回に引き続き「空気の質」を維持する方法について考えてみることにしましょう。

 

 

機械換気装置を運転すれば、全てが解決されるというわけではない。

 

室内の温熱環境を快適に保ちつつ必要最小限度の換気を行うために、日本を含めたWHO

 

加盟国は室内環境に基準値を定めています。ただし、換気量に関する基準値は、あくまで

 

最低限必要な換気量を定めたもに過ぎないということに留意すべきでしょう。

 

 

乳幼児や育ち盛りの子供たちや、ご長寿さんと同居されていたり、ペットと共棲する

 

場合には、換気量を大幅に増やす必要があります。また就寝時のように密閉空間で移動が

 

できない場合には、空気質が著しく劣化する場合もありますので注意が必要です。

 

 

換気装置のフィルターが汚れていると、換気の意味がない。

 

2003年以降、新築住宅には機械的に換気を行う装置を設置する義務が課せられました。

 

おそらくみなさんのお宅にもなんらかの機械換気装置が備えられていることでしょう。

 

また概ね全ての換気装置には、粉塵の侵入を防止する目的でフィルターが装着されています。

 

 

新鮮な空気はフィルターを経由して室内へと導入されるのですから、そのフィルターが

 

汚れていたのでは換気効率も著しく低下します。

 

 

最低でも月に一度はフィルター清掃をして、機械で空気が汚染されるのを防止しましょう!

 

 

(写真)健康な生活には、綺麗な空気が不可欠です。(設計・施工:SUDOホーム)

 

 

【Good Design  Award 2018受賞】

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

       


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:273 最後に更新した日:2019/02/18

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM