Lesson 45 #ZEH を流行で終わらせないためには、何が必要か?

 

 

高断熱住宅の普及に加えて、地球温暖化対策やエネルギー安全保障の観点からも、その推進

 

が期待されている「ZEH」。今回はZEHの現場でどのような問題が取りざたされているのか、

 

考えてみることにしましょう。

 

 

高性能な住宅建設の好循環を生む「ZEH」。普及のためのハードルは?

 

「健康・快適」や「資源・エネルギー」など、住宅のウエルネス向上に貢献すると期待される

 

ZEH。いい事尽くめで、すぐにでも普及しそうなZEHですが、初期費用など経済的な

 

理由に加えて、その普及にはかなり高いハードルがあるようです。

 

 

 

 

 

 

ZEHのために狭小化された開口部は、日本の住文化を守れるか?

 

ZEHの建設では一次エネルギー消費量を削減するために、外皮性能の大幅な高性能化が

 

義務化されています。もちろん断熱性能の向上のためには費用がかかりますので、これを

 

圧縮する目的で相対的に断熱性能が脆弱な「窓」の面積を小さくした住宅がどんどん

 

増えていると言うのです。

 

 

もともと軸組工法の特徴を生かして開放的な「間戸」を設け、自然の変化を身近に感じ

 

ながら生活を営んできた日本人の持つ住文化が、ZEH普及のために毀損されようとしている、

 

とも言えるかもしれません。

 

(写真)首里城の和室と縁側

 

 

建築は「フィルター」と「シェルター」の異なる機能で構成される。

 

以前にも述べたように「まど」は外界と室内環境をつなぐ情報の「フィルター」の役割を

 

担っています。「まど」は生活に必要な外界の情報を、必要なぶんだけ透過する事で、室内に

 

良質な刺激を与えてくれるのです。壁や床、屋根などの建築躯体が外界の変化を遮断して、

 

居住者に安心感を提供する「シェルター」の役割を担っているのとは好対照です。 

 

 

 

 

室内に自然な光や風などの変化を取り込み、時間の流れや外界の変化を知らせてくれるのは

 

「まど」の大切な機能の一つです。また視線や眺望を得ることで自然や周囲環境と「ツナガル」

 

ことができるのも「まど」のおかげでしょう。

 

 

眺望をアクティブにコントロールして、「ツナガル」家づくりを。

 

ZEHの普及に伴って、減り続けてている開口部の面積。

 

そして外界の刺激を取り入れながら精神的な活動を豊かにしていきたいという住要求の高まり。

 

伝統的な住文化を未来へと継承してくれる革新的な窓システム開発が、これら問題に解決を

 

与えてくれる日も近いのかもしれません。

 

 

(写真)テラスの坪庭を中心に繋がる視線 (SUDOホーム:MCH24)

 

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

「健康のための室内気候講座」: http://iwall.jp/column.html

 

 

【Good Design  Award 2018受賞】

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

                

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:332 最後に更新した日:2019/12/05

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM