ZEHを流行で終わらせないためには、何が必要か?

 

 

 

 

日本政府は、2014年4月に閣議決定された「エネルギー基本計画」で「2020年までに

 

標準的な注文戸建新築住宅の過半数でZEHの実現を目指す」ことを政策目標としています。

 

 

 

(出展)資源エネルギー庁_公式HP (http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh/)

 

 

 

 

ZEH(Net Zero Energy House)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、

 

高効率な省エネルギー設備と太陽光発電機などの創エネルギーシステムを導入することで、

 

室内環境の質を維持しつつ、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した

 

住宅」の総称です。

 

 

高断熱住宅の普及、地球温暖化対策やエネルギー安全保障の観点からも、その推進が期待

 

されているZEH。今回は、ZEHの現場でどのような問題が取りざたされているのか、

 

考えてみることにしましょう。

 

 

好循環を生む「ZEH」普及のために、ハードルはあるのか?

 

健康的な住環境を創出するとともに地球温暖化の防止にも役立ち、さらに光熱費を抑える

 

ことができるZEH。すぐにでも普及しそうなZEHですが、そこにはかなり高いハードルが

 

存在しているようです。

 

 

住宅をZEH化するためには断熱性能を強化し、高性能な空調設備や太陽光発電システム

 

などを導入をする必要がありますから、数百万円単位のイニシャルコストが必要です。

 

また、投資額が大きいので費用の回収には長期間を要することになります。

 

政府は、この問題を解決するために「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」に

 

おける補助金制度を設け、蓄電池の設置費用を含め一定額の補助金を支給しています。

 

 

(写真)軸組構法の特徴を生かした、首里城の開放的な和室空間と「間戸」

 

 

 

ZEHで狭小化された開口部は、日本の住文化を守れるか。

 

経済合理性の観点以外に、ZEHの現場でどのような問題が指摘されているのでしょうか?

 

 

ZEHの建設では一次エネルギー消費量を削減するために、外皮性能の大幅な高性能化が

 

義務化されています。もちろん断熱性能の向上のためには費用がかかりますので、これを

 

圧縮する目的で比較的に断熱性能が脆弱な「窓」の面積をどんどん小さくしようとする

 

住宅が増えていると言うのです。

 

 

外皮性能の向上を目的とした規制が、住宅のデザインを歪めかねない実態があります。

 

 

「間戸」には「窓」との根本的な意味の違いが存在している。

 

もともと軸組工法の特徴を生かして開放的な「間戸」を設け、自然の変化を身近に感じながら

 

生活を営んできた日本人の持つ住文化が、ZEH普及のために毀損されようとしていると言える

 

のかもしれません。

 

 

先進的な技術であるZEHを一過性のものに終わらせることなく日本に根付かせるためには、

 

伝統的な「住文化」に「技術」をなじませていく不断の努力が不可欠なようです。

 

 

(写真) ハイデルベルク城の、組積造の小さな「窓」

 

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:241 最後に更新した日:2018/11/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM