住宅の「断熱」は、寒さから身を守ってくれるか?

 

 

 

もしも厳冬期にブラックアウトが起きて、暖房が使えななくなったら!

 

災害大国日本では地震による二次的な被害を可能な限り抑制するため、深刻な事態を

 

想定した日頃の備えが常に必要になります。今回は、住宅の安全性を担保してくれる

 

性能の一つである「断熱」の役割を、簡単な計算を使って確認してみましょう。

 

 

 

 

 

人命にとって危機的な状況を緩和してくれる、住宅の必須性能とは。

 

2018年9月の北海道大地震では広域停電の解消までに3日を要しましたが、厳冬期に

 

ブラックアウトが起きたとしたら、住宅の室温はどのくらいまで低下するのでしょうか?

 

そして被災者の健康は、どのような影響を受けるのでしょう?

 

 

ここでは最悪な状況を仮定して、「断熱」と室温との関係を予測してみましょう。

 

 

【条件】停電が発生したのは厳冬期の深夜。停電直後に自宅の6畳間へと二人で避難

 

    しましたが、暖房が使えず人間以外に熱を発するものは他にありません。

 

    あいにくこの時期は曇天日が続き、日射による熱取得も期待できませんでした。

 

 

 

 

 

無断熱住宅では、暖房しないと秋口から呼吸器疾患のリスクが高まる?

 

英国保健省の指針によれば、室温が16℃を下回ると呼吸器疾患に影響が出始めます。

 

無断熱・無暖房の住宅では、平均外気温が13℃以下になると室温は16℃まで冷え込みます。

 

平均日較差が10℃だとすると、最低外気温が8℃、最高外気温が18℃の日に相当します。

 

驚くべきことに無断熱住宅ではまだ秋レベルの外気温でも、暖房をしなければ呼吸器疾患の

 

罹患率が上昇する可能性があるということです。

 

 

一方、断熱性能が比較的高い北海道などの寒冷地の住宅では、室温が16℃を下回るのは

 

外気温度が4℃の日ですから、最低気温が氷点下になる日に暖房ができなかったとしても

 

最低限の健康環境が維持できる可能性がありそうです。

 

 

無暖房でも、低体温症リスクを回避できる断熱性能が不可欠でしょう!

 

低体温症による死亡リスクが高まる条件を、断熱性能と外気温度に着目して整理して

 

みましょう。北海道の現行断熱基準をクリアしている住宅では、暖房が停止して低体温の

 

リスクが生起する日平均外気温度は−7℃になります。

 

 

つまり最低気温が−12℃の日でも、無暖房で命を繋ぐことができる可能性があるという

 

ことです。

 

でも北海道ではさらに過酷な厳寒の状況も予測されますので、断熱性能の設計は、

 

まず危機回避のために必要な室温を設定することから始めましょう。

 

 

どのレベルの室温が、災害時でも生命を維持するために必要なのか?

 

ここが断熱性能を決定するための必要条件になります。さらに地域の気象条件や想定する

 

災害のレベルを加味しながら断熱性能の設計を進めていきましょう。

 

 

省エネ基準で規定されている断熱性能は、リスク低減の一つの目安に過ぎません。

 

災害時の耐久性の観点から、「断熱性能」をもう一度見直してみましましょう。

 

 

断熱改修を急いで、環境弱者を死亡リスクから救い出そう!

 

災害時に過酷環境が生じた場合、一番初めに健康被害が及ぶのは、ご長寿さんや乳幼児

 

などの、いわゆる「環境弱者」です。

 

 

無断熱住宅では外気が氷点下になる日には生命が維持できないほどリスクが増大します。

 

さらに心疾患や脳血管疾患のリスクを合わせると、災害時にはとても過酷な状況が生起

 

することが容易に想像できます。

 

 

全国には2,500万戸にも及ぶ無断熱住宅が存在し、そこでは日々の生活が営まれています。

 

建築の専門家は災害時の寒冷による健康リスクに対応するためにも、断熱改修に早急に

 

取り組まなくてはいけないのです。

 

 

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:241 最後に更新した日:2018/11/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM