イタロに乗って、フィレンツェまで小旅行を。

 

 

ローマの視察を一時中断して、ルネッサンス芸術の都フィレンツェまで小旅行に出かけました。

 

今回は念願のイタロに乗るため、ホテル直近のテルミニ駅から、始発のティブルティーナ駅まで地下鉄で移動します。

 

 

ティブルティーナ駅にあるイタロ・ラウンジです。

 

私鉄新幹線のラウンジですが、Ferrariに激似のブランドカラーで統一されていてとても綺麗ですね。

 

 

ビジネスクラスの利用者は、€10を支払うとイタロ・ラウンジが利用できます。

 

 

とっても落ち着いた雰囲気で、革張りのソファーも快適。

 

スパークリングワインやエスプレッソなど、ドリンクやスナックを無料で楽しめます。

 

これなら待ち時間の間も、旅を満喫できますね。

 

 

さていよいよ出発の時刻が近づいてきました。

 

 

テルミニ駅よりも乗降客が少ないせいか、とっても落ち着いた雰囲気の駅ホームです。

 

 

 

こちらがイタロのビジネス車両の内部。

 

イタリアの名匠、工業デザイナーのジウジアーロがデザインを担当しました。

 

2+1のゆったりとしたシート配列になっています。

 

 

ローマからフィレンツェまでは、片道1時間30分の列車の旅。営業最高速度は250 km/hです。

 

 

イタリアの高速鉄道フレッチャ・ロッサとイタロの車両が仲良く並んでいたら、撮り鉄ならずともパチリですよね。

 

 

あっという間に、フィレンツェの中央駅に到着。

 

正式名称をサンタマリア・ノヴェッラ駅(Stazione Santa Maria Novella )といいます。

 

駅近くのホテルに荷物を預けたら、次のテーマ完遂のためにバスで移動です。

 

 

2階建ての豪華バスの中には、人種や国籍の異なるさまざまな人たちが仲良く乗車していますね。

 

気分もアゲアゲのようですが、さてどちらに向かうのでしょうか?

 

 

フィレンツェの市街地を外れて、バスはどんどん郊外へと進んで行きます。

 

 

高速道路のインターを降りたら、そこはトスカーナの田園風景。きれいですね。

 

 

60分ほどバスに揺られて到着したのがこちら。

 

40社以上のファッション・ハイブランドが軒を連ねる" THE MALL " という人気のアウトレット・モールです。

 

実はモール行きの直行バスが、SMN駅から30分おきに出ているんです。

 

 

日本でも人気のこんなメーカーのお店や・・・。

 

 

こんな高級店も。バーゲンシーズンには世界中から集まった、たくさんの買い物客でごった返すそうです。

 

 

とても暑い日でしたけれど、どのお店もたくさんの買い物客で賑わっていますね。アジア系の方もたくさん。

 

 

GUCCIはただいま入場制限中! どちらかといえば女性が多くて、しかも元気。

 

男性はどなたも虜囚のようで、どちらかで捕獲されたのでしょう。

 

気のせいか男性は、いまひとつ覇気がありません。

 

 

こちらが新作の帽子だそうです。可愛いというか奇抜といおうか。

 

ファッション・デザイン、全く理解できません。

 

 

GUCCIは、2階のカフェも大人気。

 

とても眺めの良いテラス席で、美味しい軽食をいただくことができます。

 

 

本日のランチは白ワインとカプレーゼ。

 

でもこのモッツアレラチーズ、一人前にしてはとっても量が多いので日本人ならシェアで十分かと。

 

新鮮な空気と美味しいお食事、そしてお買い物の熱気。

 

このあと40年分の感謝と贖罪の祈りを込めて、夕方までお買い物ツアーは続いたのです。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:232 最後に更新した日:2018/10/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM