家庭菜園も、いよいよ花の季節を迎えました。

 

2005年に定植して、今では我が家のシンボル・ツリーになったブラックベリー。


キイチゴ属の果実で現生種は野生えの低木として育つのですが、我が家では竹で組んだ棚でのびのびと成長させていますので、幹長が10m近くにもなります。毎年30kgくらい収穫でき、ヨーグルトやシリアルの付け合わせ、さらにジャムとして一年中その恵みを楽しむことができます。

 

 

今年もバラ科の植物特有の、優雅な花を咲かせてくれました。早速大きなミツバチも、蜜を求めて集まってきます。

 

 

イギリス生まれのメイクイーンも順調に生育中。いよいよ花の季節を迎えました。

 

 

男爵よりも煮崩れしにくいので、煮物に好適。おでんの種にするととっても美味です。それにしても綺麗な花ですよね。

 

 

日照不足でトマト君はやや生育が遅れているようです。早く日差しが戻ってくれると良いのですが。

 

 

ルビー・スイートの花弁も、よく観察するととっても不思議な造形をしていることがわかります。もともとアンデスの乾燥地帯が原産地ですので、朝露になった空気中の水蒸気も効率よく採取できるように進化しているんですね。

 

 

 

絹サヤの花も、毎日どんどん開花するようになりました。

 

 

収穫したの絹さやはお味噌汁の具や、卵とじにしていただいていますが、ちらし寿司に入れると色合いも綺麗ですよね。

 

 

2mを超えるほどに成長したアスパラガスたち。物理的には自力で移動できない植物たちも、よく見ると小さな花を咲かせて生育領域を広げられるよう頑張っています。アスパラガスのタネが小さい理由も、ようやくわかりました。

 

 

今朝は近くにある原生林から珍客が。若い山鳩のようです。

 

 

集中豪雨の被害に遭われた多くの方々にお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた皆様のご冥福をお祈りいたします。

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:222 最後に更新した日:2018/09/24

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM