ポポロ広場周辺を、散策しました。

 

ローマ地下鉄のA線に乗ってフラミーニオ駅で下車。

古くから交通の要所として栄えてきた、ポポロ広場周辺を散策してみました。

ローマから北へと続くフラミニア街道の起点となるのがこのポポロ門。

北からの巡礼者たちを迎えるポポロ門は、15世紀に当時のローマ法王によって建立されました。

 

 

ポポロ門に寄り添うように建っているのが、古い歴史と伝統を誇るサンタマリア・デル・ポポロ教会です。

11世紀に市民の寄付によって建てられた礼拝堂ですが、残念ながらファッサードは修復作業中でした。

 

 

15世紀にルネッサンス様式で改修されたこの教会は、絵画や彫刻美術館といえるほど有名な美術品が展示されていています。

 

 

入り口付近にはロマネスク様式の特徴を示すアーチ天井と、後のバラ窓の原型にもなった円形開口部が残されていました。

 

 

こちらが教会のスポンサーでもあったキージ家の礼拝堂。設計はラファエッロですね。

他にもカラヴァッジョ作「聖パオロの改宗」と「聖ピエトロの磔刑」や、キージ礼拝堂のベルニーニ作「ハバククと天使」、「ダニエルとライオン」は必見ですね。

 

 

こちらがチェラージ礼拝堂。正面はアンニーバレ・カラッチの「聖母被昇天」が展示されており、両脇には同時代に活躍したカラヴァッジョの作品が2点あります。

 

 

教会内部はいたるところに墓標が。この教会は、建立の由来ともなった皇帝ネロを埋葬したドミティアヌス家の墓所でもあるのです。こんな時、ラテン語を理解できないのがとても残念です。

 

 

 

古代ローマ時代にアウグストゥス帝によって、はるばるエジプトから運ばれてきたフラミニアのオベリスク。

ポポロ広場のシンボルとして、広く親しまれてきた歴史遺産です。それにしてもスケールが大きい!

 

 

ポポロ広場からフラミニア街道を見たところです。ローマの北の玄関にふさわしい威容を誇っていますね。

 

 

さて、本日の夕食はマルゲリータ。ローマ駅に併設されたメルカトーレ・チェントラーレ・ローマでいただいた、本格石窯焼きのピザは、やはり絶品でした。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:249 最後に更新した日:2018/12/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM