ルフトハンザのリムジンバスは、とっても快適でした。

 

ミュンヘンまでは東京(羽田)から直行便で11時間30分の旅。

便利になったとはいえ、千歳空港出発ではかなり体力のいる旅になります。

上空から見たシベリアはまだまだ冬のようです。

 

 

今回はNHのB787に搭乗したのですが、ビジネスを含めほぼ満席の状況でした。

 

 

ミュンヘンで入国審査を終え、バゲージクレームで荷物をピックアップしてから中央駅へと移動します。

日本からの便はターミナル2に到着しますが、今回は時間にも余裕があるのでバスで移動してみることに。

 

 

到着口を出てすぐに右側の出口方向に移動。出たところにルフトハンザのエアポートバスの停留所があります。

中央駅までの所要時間は30〜45分ほど。15分間隔で運行されており、とっても便利でした。

 

 

普段は時間の制約もあるのでタクシー利用が多いのですが、初めてリムジンバスを利用です。

重いバゲージは屈強な運転手さんがヒョイとトランクルームに乗せてくれました。

 

 

バスの料金は片道€11。往復チケットを購入すると割引料金の€18で乗車することができます。

バスの運転手さんに行き先というと、その場で発券してくれるシステムです。

到着時刻が変更になることも多いので事前予約をする必要がないバスの利用も視野に入れて見てください。

 

 

車内は清潔で快適です。この日はアウトバーンが空いていたこともあり、30分強でミュンヘン中央駅に到着です。

バスの乗り場はこちらの出口の右側にありますので、みなさんもすぐに発見できるでしょう。

 

 

以前にも紹介しましたがミュンヘンはドイツ第3の都市。

近隣諸国へも鉄道の直行便がたくさん出ている、お気に入りのターミナル駅です。

 

 

乗降される方のためにレストランやコンビニ、サンドイッチ屋さんなども豊富で、しかも品質がしっかりしています。

 

 

駅のサラミソーセージ屋さん。みるからに美味しそうで、お酒のおつまみにも最適ですね。

でもどれをチョイスすべきか?好みを言うとお店のお姉さんが英語でオススメを教えてくれました。

 

 

こちらがミュンヘン中央駅、出口付近のリムジンバス停留所。

駅から空港へもきっちり15分間隔で運行されています。さすがドイツです。

 

 

こんな感じでバスは出発。後ろに見えているピンクの建物が今回宿泊したホテルになります。

駅直近で移動も便利。レストランもとっても美味しい、オススメの4つ星ホテルでした。

 

 

ちょうど修学旅行のシーズンと重なったこともあり、中央駅に降り立った生徒さんたちがたくさん。

これから一日、ミュンヘンの教会めぐりをするのでしょうか?

 

 

いつも感心するのですが、どうやって縦列駐車しているのでしょうか?

歴史のある街はモータリゼーションが発達する前にできたので、市内では駐車場が確保できないようです。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:191 最後に更新した日:2018/06/14

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM