SUDO/MCHモデルを見学してきました。

 

千葉市に竣工した SUDOホームさんの MCHモデルハウスを見学してきました。

 

新在来木造構法による「持続可能な快適住宅:Multi Comfort Houseの提案」をコンセプトに、SUDOホームさんが自社で設計・施工。北海道で培った高断熱・高気密技術をベースにした環境デザインは、長期環境測定で検証されていく予定ですので今から結果が楽しみです。

 

 

外装に用いた屋久島産の杉材と樹脂モルタルのコントラストがとても美しいエントランス。

出隅、入り隅部のクラックや色のグラデーションもなく、コンクリートを連想させるほど綺麗に施工されています。

 

 

驚くことに玄関の収納扉も、樹脂モルタルで左官仕上げしてあります。

 

 

リビングとウッドデッキはプライバシーを確保しつつ連結してありますので、床面積以上の開放感が得られます。

 

 

キッチンの吊り戸棚やカウンター、什器もすべてデザイナーが設計したオリジナル。しかも大工さんの手作りです。

 

 

ウッドデッキには涼しい風が流れ、掃き出し部のサッシュを解放して生活することで季節感を満喫できそうです。

 

 

ウッドデッキの塀には視線の閉鎖と解放を意識した開口が、絶妙なバランスで開けられています。

都市の住宅地ではなかなか得られない開放感が、意匠的な工夫で実現ました。

 

 

もちろんウッドデッキの上部は外部環境へと解放されています。

 

 

リビング・ダイニングに設置した大樹を想起させるような木製の階段が、家族の成長を優しく見守る吹き抜け空間のシンボルになっています。

 

 

内装材には国産の杉材と樹脂モルタルを採用。質感のコントラストが、デザインコンセプトを明確に主張しています。

 

 

2Fには主寝室と子供室がウッドデッキを挟んで配置され、お互いの気配を感じながら生活できる設計になっています。

 

 

 

プライバシーをコントロールしながら外界、環境へと繋がっていくMCHの成長が楽しみです。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:232 最後に更新した日:2018/10/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM