聖徳太子ゆかりの四天王寺を見学します。

 

天性の高所恐怖症が、地上60階の「あべのハルカス」に挑戦した日。

ご近所にある四天王寺を拝観してきました。高所展望台からもはっきりと伽藍の配置が見えます。

はっきり言って怖いです。やや手ぶれです。

 

 

混雑する天王寺の街をキャリーバッグを引きずりながら、ようやく参道までやってきました。立派な鳥居です。

聖徳太子が建立した最初の官寺らしく「大日本佛法最初四天王寺」の石碑が厳かに出迎えてくれます。

 

 

境内の案内地図には伽藍配置や来歴に関する詳細な説明があります。

四天王寺は中門、塔、金堂、講堂を南から北へ一直線に配置した「四天王寺式伽藍配置」と呼ばれ、飛鳥時代を代表する伽藍配置だそうです。ここから早速歩測を開始します。

 

 

排仏派の物部守屋に勝利した崇仏派の蘇我氏に所縁のある聖徳太子が、戦の途中で勝利を祈念した四天王を祀るために建立されたのが「四天王寺」の縁起だそうです。どのお名前も歴史の教科書に出てきますよね。

 

手水舎で清めをしてから極楽門へ。いよいよ中心伽藍を拝観していきます。

 

 

寒い日でしたので参拝者も少なめですね。まずは西重門の手前にある香炉でお香を焚いて家内安全の祈願です。

 

 

高さ39メートルもある立派な五重の塔。593年の創建当時から幾度も消失し、再建も8度を数えるそうです。

 

 

四天王寺の本尊である「観世音菩薩半跏像」が安置されている金堂。

RC造ではありますが歴史建築家の詳細な考証によって、創建当時のデザインを再現しています。

 

 

エンタシスの列柱が美しい回廊を回ると「講堂」が見えてきます。

聖徳太子がお経を講義されたと言われている建物で「十一面観音菩薩像」と「阿弥陀如来坐像」が安置されています。太子がどんな講義をされたのか、とても興味深いですよね。

 

建築のオリジナリティーを「モノ」ではなく、様式や文化という「コト」で残す日本の伝統が息づく場所です。

 

 

大阪出張のお土産は「551蓬莱」の豚まん⤴です。決して肉まんではありません。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:222 最後に更新した日:2018/09/24

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM