フランクフルト経由で、帰国のはずが・・・。

 

大変有意義だった今回の視察旅行も今日で終了です。プラハからフランクフルトに移動して、夜の便で成田に向かいます。エアエミレーツのA380に食料が積み込まれているようですね。それにしても大きな機体です。

 

 

成田への直行便の出発まではまだ4時間ほどありますので、最後のお食事を空港内のドイツ料理店でいただくことに。

 

 

フランクフルトといえば、やっぱりソーセージでしょう! さすがは本場のソーセージ、いつも美味しくいただけますね。これを三人でシェアして、ちょうど良いポーションですが、ドイツでは一人前ですか?

 

 

もちろんヴァイス・ビアもいただきますよー。プハー。

 

 

こちらがウエイターのおじさんイチオシの味噌スープ! え?! 出汁のきいていない薄い味噌汁風のお湯の中に、冷凍のおうどんがたっぷりと。さらに生もやしとネギのトッピング。すみません。名前からくる期待値が高すぎて、食すことができませんでした。日本がさらに恋しくなります。

 

 

さて、搭乗まで1時間となりました。NHのB787もゲートに到着しています。色々な経験をさせていただいた欧州視察もこれで終了です。

 

 

え? 搭乗時刻になっても、なかなかボーディングが始まりません。1時間経過、2時間経過? なんと機材の不具合が見つかり、修理中とのアナウンスがあります。まさかの出発遅延?

 

 

搭乗予定のみなさん、どんどん疲労がたまりイライラもピークに。

 

 

結局3時間を超過したところで、本日のNH便は欠航が決定! どうやらグランドスタッフが、乗客の宿泊先を手配するのに時間がかかっていたみたいです。今度はホテル手配の行列に並び直します。

 

 

フランクフルト市内のホテルしかお部屋は準備できません、とスタッフに言われたのですが同行の方が粘り強く交渉してくれたおかげで、空港隣接のシェラトン・ホテルに泊まることが決定しました。明朝の移動を考えると、やはりこちらがベストですよね。

 

 

アクシデントがなければ、こちらに投宿することはないかと思いますので、これも良い経験です。iicは常にポジティブシンキングですから! 真夜中のロビーに日本人の団体客がゾロソロと集合しています。皆さん、お疲れ様です。

 

 

12時をまわっているので夜食が提供され、そしてようやくお部屋へ。ベッドはもちろん、バスもアメニティーもシェラトン仕様ですので、とっても快適でした。チェックアウトは昼の12時です。

 

 

うーん、でもなかなか寝つけません。ここはロビー横のBARで、ナイトキャップといきますか。

 

 

せっかくのシガー・バーでのナイトキャップですから、ちょっと一服!に挑戦することにします。

 

 

ウエイトレスのお姉さんが、注文したシガーに着火してくれました。明日の便への振替はまだ決まっていないので、早朝からNHのカウンターに行かなくてはいけません。でも、まあなんとかなるでしょう。

 

 

実は現在、ミュンヘン滞在中です。ローマに寄って帰国したら、また旅の思い出をご報告したいと思います。

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:197 最後に更新した日:2018/07/12

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM