東欧の産業遺産の街、オストラヴァを散歩します。

 

プロペラ機でプラハを出発してから約1時間。ポーランドとの国境までは10kmと至近の、チェコ第三の都市オストラヴァが見えてきました。オーストリア帝国の時代から炭鉱の町として栄えたこの街は、多くの産業遺産があることでも知られています。

 

 

空港の到着ゲートにはブリッジが無く沖留めですが、本当に人影がまばらで発着便もかなり少ないのかもしれません。第三の街にしてはちょっと寂しい空港ですよね。

 

 

タクシーでホテルまで移動してチェックインしたら、夕食まで街中散歩の時間です。錦織くん残念ながら負けました、ってフロントの人が教えてくれました。親日的な対応でほっと一息。ホテル前の大通りにはトラムバスが走っていますね。

 

 

オストラヴィツェ川の河畔に行ってみますが、散歩している人がほとんどいません。日曜日のせいでしょうか、街中にも本当に人影がまばらで、ちょっと寂しい印象の街ですね。

 

 

元気を出して街中探検を続行。ボヘミア公でありチェコの守護聖人でもあるヴァーツラフ1世の名を冠した、カトリックのヴァーツラフ教会へ行ってみます。たまねぎ帽子の鐘楼が可愛らしいですよね。ミュンヘンの聖母教会に由来するデザインでしょうか?

 

 

こちらがオストラヴァで最も有名な救世主大聖堂。歴史主義的な意匠を凝らしたファッサードが美しく、そして魅力的です。

 

 

ホテルの隣にあるオストラヴァ福音教会。奥の薄緑色の建物が、19世紀の事務所建築をリノベートした今夜のホテルです。レンガ積みの鐘楼のとんがり帽子が特徴ですね。チェコを代表する音楽家の名を冠したヤナーチェク・フィルハーモニーが演奏を録音したことでも有名な教会で、次回はコンサートが楽しめたらと思います。

 

 

翌日のランチは地元のチェコ料理のお店でご馳走になりました。クラッシックな古民家風のレストランで、暖かければテラスで食事するのも楽しいでしょうね。

 

 

そろそろ日本食が恋しくなる頃です。いただいたのはビーフコンソメに自家製の生パスタがあしらわれたチェコの家庭料理です。うどんのような食感でコンソメスープも出汁が効いており、少しだけジャパンを感じます。大変美味しゅうございました。

 

 

移動中の飛行機で出会った小さな絵描きさん。東洋人を見るのが珍しかったのでしょうか。お母さんの制止を振り切って、何度もこちらをチラチラと観察してきます。3時間のフライト中、ずっと絵を描いていました。お利口さんです。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:197 最後に更新した日:2018/07/12

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM