チェコの東都の都市、オストラヴァまで出張します。

 

プラハでの楽しかった週末も終わり、今日からポーランドとの国境に近いチェコ第三の都市オストラヴァに出張です。オーストリア帝国の時代から炭鉱で栄えた街ですが、現在は資源も枯渇して新しい産業構造への転換を進めていると伺いました。初めての訪問ですので、どんな街に出会えるのかとても楽しみです。

 

 

朝食を終えたら運動を兼ねてホテルの周囲を散歩します。プラハは今日も見事に冷え込んでくれました。中央駅近くにあるジュビリー・シナゴーク。美しい装飾が印象に残りましたが、出発まで時間がないので今日は外観だけです。

 

 

さて、オストラヴァへの移動のためにプラハ空港へ。ここからチェコ航空の飛行機で約1時間の旅です。

 

 

それにしても寒い。雪はありませんが気温は零下20度ですので、空気中の水蒸気がフェンスに樹氷になって付着します。東欧の厳しい冬をたっぷり体験できました。それにしても寒い!

 

 

近代的に改修されたプラハ空港の出発ホールの様子です。多くの国内線、国際線が発着するチェコ第一のハブ空港ですね。

 

 

床には大理石で作られた世界地図が描かれています。日本から見るとチェコはやっぱり遠いですね。

 

 

搭乗までまだ時間がありますので、またまたピルスナー・ウルケルで乾杯。

 

 

見慣れぬプロペラ機、ATR-72型。ボーイングでもエアバスでもありません。いつもジェット機に慣れていますので、小型機は久しぶり。大丈夫かなあ?

 

 

不安を紛らすには、やっぱり美味しいワインです。€11でおつまみ付き。チーズとハムとサラミ、そしてオリーブ。好みのおつまみたちで、これ結構いけてました。プロペラ機の飛行感も、なかなか結構ですね。

 

 

お気付きでしょうか? 非常設備を説明するCAさんの身長!! おそらく200cmオーバーだと思われます。

 

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:249 最後に更新した日:2018/12/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM