カレル橋から、プラハ城を目指します。

 

カレル橋の西の端にあるアーチ門をくぐれば、マラーストラナ地区。プラハ城は丘の上ですが、ここからはもう少しの距離です。今日も朝から大勢の観光客で賑わっています。

 

 

プラハ城に向かってだんだん傾斜が急になっていく坂道。ゆっくり、ゆっくりと歩くことをお勧めします。最後の階段が結構な難所なので、ここでは体力の温存が必要ですね。街区の小径にも、ローマ帝国の古都にふさわしい美しさがあります。次回はこちらも探検してみたいと思います。

 

 

カレル橋の門を出発して20分、ようやく城壁の一部が見えてきました。中世の城郭には必ずと言って良いほど設計されている4隅の円塔。新古典主義の建築でもモチーフとして多用されているので、皆さんもご存知かもしれません。

 

 

階段途中のちょっとしたテラスで小休止。一気に登るだけの体力がないのが残念です。振り返りのプラハ市街。赤い瓦屋根が延々と続いて、どこかおとぎの国に迷い込んだような錯覚に襲われます。

 

 

さて、プラハ城の正門まではあとほんの少し。歴代ボヘミア大公の執務室として使用されていた旧王宮のファッサードが見えてきました。

 

 

さすがに最低気温が-20℃まで冷え込んだ日の午前ですから、観光客でごった返すということはありませんでしたが・・・。正門の上に鎮座している彫刻があまりにもリアルで驚きます。邪悪な心を持たない人でも一瞬ひるみそうな勢い。和風建築でいえば仁王門といったところでしょうか。

 

 

衛兵さんも写真撮影には慣れっこなのかもしれませんね。ぽっちゃり系ですが強そうな兵隊さんですよね。

 

 

さて、聖ヴィート教会を見学しようとしたらこの大行列。正門前に人がいなかったのは、こちらの入場チケットの行列にみなさんが並んでいただからなのですね!ここまできたら諦めるわけにはいきません。ティータイムはキャンセルです。

 

 

250czk(クローネ)のショートチケットを購入して中庭へ。堂々としたゴシック様式の正面ファッサードがお出迎えです。14世紀に完成したボヘミア教会建築を代表するゴシック建築で、フランス人建築家の設計ですからフレンチ・ゴシックの様式だと思います。

 

 

身廊部分の高さは34m、奥行きは124mもあるそうです。大司教のミサもこの聖堂で行われ、歴代のボヘミア王のお墓もこの教会の中にあります。祭壇奥のステンドグラスが特に見事で、中世の匠の技を堪能することができます。

 

 

正面から入り左手側廊にある、大変有名な3面のステンドグラス。

 

 

一番右がチェコを代表する芸術家、ミュシャ作のステンドグラスです。素晴らしい!

 

 

外に出てフライング・バットレス(飛び梁)を撮影します。大学の講義用に入念に、しかも何枚も撮影しました。学生時代にフライング・バットレスという言葉を初めて習ったときのことを思い出しました。次はパリのノートルダム寺院の写真を!

 

 

誰が?なんのために?改造したのでしょうか・・・。こんな車が坂道に。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:315 最後に更新した日:2019/07/21

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM