「e -プラスター」の調湿性能試験。

 

左官建材のメリット、「調湿性能」の強化を研究中です。

 

「e -プラスター」には蓄熱性能以外にも、暮らしに役立つ性能がいろいろと備わっています。

冬の室内環境に関する悩みで、いつも上位にあげられるのが「結露」と「乾燥」。

全く正反対の悩みが冬には同時に起きるのですから、本当に不思議ですよね。

 

 

「e -プラスター」の調湿性能を評価するために、まずはJIS A 6909に準拠した試験体を作成していきます。

漆喰などの左官材はそれ自体が調湿性能を持つ建材ですが、この性能を強化するために色々な調湿材料を「e -プラスター」に添加しながら性能を評価しています。

 

もちろん珪藻土もその一つ。北海道を代表する珪藻土「稚内層珪質頁岩」の性能評価も継続中です。

 

 

開発中の新しい材料を含め、デシカント材の調合割合を変化させながら吸放湿性能を評価していきます。

 

 

標準環境で試験体を十分に乾燥・硬化をさせた後、湿度の異なるデシケータの中に静置して平衡含水率を測定していきます。

数ヶ月間の継続的な観測が必要なこの研究。非常に根気のいる作業が長期間続きます。

いつも協力してくれてる学生さん、お疲れ様です。

 

 

動的な吸放湿性能を評価するため恒温恒湿槽に試験体を入れ、周囲環境を変化させながら試験体重量の変化を測定します。

この測定も試験体あたり一週間程度の時間がかかりますが、これを何十回も繰り返しながら最適調合を探ってきます。

 

 

新建材としてビニールクロスが開発され、広く普及してる現在の住宅建築。

「健康のための室内気候講座」でも繰り返し取り上げてきたように、そろそろ吸放湿性能のない材料に取り囲まれて生活することの意味を再評価する時期にきていると思います。

 

土壁や漆喰が持つ調湿性能を暮らしに取り入れることで、冬場の呼吸器疾患の予防やアレルギーの発現が抑制できるか?

エビデンスを持った調湿と健康の因果関係に関する研究が、喫緊の課題となっているような気がします。

 

本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

「e -プラスター」: http://iwall.jp/e_choushitsu.html

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:152 最後に更新した日:2018/02/24

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM