北海道職能大の研究開発が本格的にスタートしました。

 

北海道職能大で実施している室内気候研究所( iic )との共同研究が本格的にスタートしました。

 

今年のテーマは「住宅ストックの断熱・蓄熱改修構法の開発」です。

 

iicがこれまでに取り組んできた潜熱蓄熱建材の性能評価も継続的に実施していきます。

本年度は蓄熱性能の定量化に加えて、蓄熱建材の調湿性能、空気清浄・消臭性能、高機能断熱材との組み合わせ構法の最適化研究を新たに開始しました。

 

 

床の断熱改修には厚さ5[mm] の真空断熱材を使用。GW換算で50 [mm]断熱に相当する能力があります。

釘打ちが不要なフローティングフロアとの組み合わせで施工も合理化し、冷たい床を快適床に改修するため断熱性能の評価を実施していきます。

 

 

断熱改修構法の開発に加えて、本年度は家具の高蓄熱容量化にも挑戦。

 

木製椅子の表面に貼り付ける蓄熱シートとの組み合わせで、椅座状態の温熱的快適性を向上させる取り組みを始めました。

冬暖かく、夏は涼しい家具の創出。温冷感実験の結果が楽しみです。

 

 

住宅ストックの約40%が無断熱住宅という日本の現状を改善するため、学生諸君と一緒に研究開発を進めていきます。研究成果は本ブログでも逐次報告していきますのでご期待ください。

 

室内気候研究所 主席研究員

工学博士 石戸谷 裕二

■公式HP: http://iwall.jp

■ブログ:http://blog.iwall.jp


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:121 最後に更新した日:2017/11/23

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM