到着後すぐにホテル周辺の探検を開始します。

 

巨大なハブ国際空港、チャンギ。ターミナル1から3までの移動にはスカイトレイン ( Skytrain) がとても便利です。

 

モノレール状シャトルのスカイトレインは、ターミナル1、ターミナル2、ターミナル3の間を早朝から深夜までピストン運行しています。乗り場はターミナル1〜3とも、2階(レベル2)の出発ホールの端にあり、料金は無料です。乗降口がホームとフラットでしかも広く、バゲージを抱えた旅行者にやさしい電車です。日本の空港も・・・。

 

 

チャンギ空港からの移動手段は電車(MRT)、バスまたはタクシーがあります。

 

今回の宿泊先は市街中心部の地下鉄City駅のすぐそばですから、MRTで移動することにしました。

MRTの初乗り運賃はS$1(日本円80円ほど)で、シンガポール島(本島)を端から端まで乗ったとしてもS$2.30ですからとても安価です。

ただし券売機では高額紙幣は使用できませんので、あらかじめ駅の案内で両替をしてもらいましょう。

初乗り運賃とカードチケットのデポジット代としてS$0.10を支払う必要がありますが、滞在中に3回乗るとカードのデポジットは返金されます。次に乗るときはカードをホルダーの上に乗せて料金をチャージすることができ、大変合理的にできています。

 

 

早朝ですからMRTの車内は空いていて、とても快適ですね。

 

旅行者が大きなバゲージを持っていても乗り降りはいつもスムーズ。

力自慢が必要な日本の空港アクセスも東京オリンピックまでには改善してもらいたいものです。

 

 

MRTのCity駅を降りると、すぐそこにST. Andrews教会があります。

 

高層ビルが立ち並ぶ中心部シティの周辺で、空に向かってそびえる純白の尖塔が一際目立つ大聖堂。

シンガポール教区の主教が座する主教座があるので、カテドラル(大聖堂)と呼ばれているセントアンドリュース教会です。

1823年、ラッフルズ卿がこの地に教会を設立することを決め、1856年から63年にかけ聖堂が建設されたようです。

 

 

MRTのCity駅から徒歩5分。あっという間にペニシュラ・エクセルシオールホテルに到着。

 

クラブラウンジでチェックインを済ませたら、早速周辺の街並みを探索です。

 

 

ホテル周辺の街区を2ブロックだけ散歩していると、地元仕様のフードコートを発見。

10件ほどのローカルフード店が入居しており遅い朝食を取る方もいました。

 

 

 

お店のおばさんに地元焼きそばとピリ辛鳥唐揚げ、そして目玉焼きをオーダー。

エスニックな香りとピリ辛が食欲をそそります。ビールにぴったりです!

 

 

東南アジアは果物の宝庫。80円ほどでフレッシュなカットフルーツが、まさに食べ放題です。

 

 

ホテルの裏手にあるシンガポール中央消防署の建物。

 

ヒルストリートにあるレンガ造りの伝統的建築は現在も消防署として使われています。

消防署の一部はシビル・デフェンス・ヘリテイジ・ギャラリーとして一般にも公開されています。

 

 

周辺探索を終え部屋で荷解きとシャワーを終えたらハッピーアワー。

 

夕暮れ時のシンガポール市街を眺めながら、クラブラウンジでタイガービールを堪能します。

欧州からの旅行者でしょうか、老夫婦がお友達とゆっくりカクテルを楽しんでいます。

 

 

軽食やフルーツもたくさん提供されていますね。慣れた味にホッと安心。

 

 

ハーバエリアを眺めながらのカクテルタイム。正面にマリーナベイサンズが見えています。

とっても贅沢な時間を過ごすことができました。さて明日は。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:121 最後に更新した日:2017/11/23

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM