北京経由で乗り継ぎ、チャンギ国際空港へ。

 

 

千歳発午後の便で夕刻には北京に到着しましたが、シンガポール便は深夜0時発ですのでラウンジで休憩です。

 

 

食事コーナーやアルコールを含めたドリンクバーなどがあり、洋食も提供されていますがやはり中華料理が充実しています。

お味もそこそこにはいただけるレベル。それにしても中国の皆さん、お皿にどっさり盛っていっぱい召し上がっています。

 

 

飲茶コーナーもあって、できたてがいつも提供されていますね。

 

 

中国ではフランス産よりもオーストラリア産ワインの方が人気が高いとか。

国産ワインの評価も上がってきているようですが、実はラベルだけ張り替えてあったりして。

国産の三つ星マーク。カベルネ・ソービニョンでしょうか、結構しっかりしたよいお味です。

 

 

機内食が今ひとつだったので、ちょっとだけ料理も味わってみることに。

ごく普通に美味しいというか、日本人好みの味付けかもしれませんね。

 

 

ラウンジには仮眠室も用意されていて、長い待ち合わせにはとっても便利です。

でも個室には鍵がかけられないので、色々と心配で熟睡はできませんが。

 

 

出発時刻の30分前にボーディング。A330-300のビジネスクラスはフルフラットですね。

ワイドボディー機材の座席は2-2-2の配列で5列、合計30席。

シートピッチもたっぷりしていて、とっても快適です。オットマンに座って話し込む人も。

 

 

アメニティはロクシタンですが、これも中国製なのでしょうかね。

アイマスク以外は家族へのお土産になります。

 

 

ウエルカムドリンクは、またまたスパークリングワインを選択。明らかに飲み過ぎです。

こちらは結構冷えていて、さっぱりとした飲み口も私好みです。

 

 

食事を出すタイミングを聞かて、着陸前をオーダー。

ラウンジでしっかり食べてきたので夜食はいりませんよね。

北京発の便ですので、ここは中華料理をお願いすることにしました。

 

 

これが朝食。ウゥーん。日本でいただく中華料理に慣らされているからでしょうか?

それとも素材のせいか?なかなか食が進みませんね。

 

 

 

さて、早朝にシンガポール・チャンギ国際空港に到着。

さすがはアジアを代表するハブ空港。

案内表示も清潔さも、ワンランク上の国際空港です。

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:324 最後に更新した日:2019/10/18

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM