Lesson 25 エネルギーについて考えてみよう。 その2

 

エネルギー問題を議論するとき、資源の質と量、消費と枯渇問題、そして環境インパクトを総合的に評価することが大切になります。建築環境の創造現場でも省エネルギーが目的化しつつある現代において、政府や産業界が誘導しようとする結論がエネルギー問題の本質的な解決策となり得るのか考えてみましょう。

 

太陽からは使えきれないほどのエネルギーが到達しているが・・・。

 

太陽から降り注ぎ地上に到達するエネルギーは平均で 85,000 [TW]にも上ります。人類が使用するエネルギー量は 15 [TW]程度ですから、太陽エネルギーに比較すると微々たるものに過ぎません。絶え間なく降り注ぐ太陽エネルギー利用の将来像を考える前に、エネルギーに関する基本的な事項を押させておくことにしましょう。

 

 

1956年に米国の地質学者ハバートが米国石油学会で発表した「ピークオイル理論」を模式的に示したのが上図です。エネルギーの需要が高まると価格は上昇しますが、新たな埋蔵の発見がなく採掘技術にも進歩がないとすると、エネルギーの生産量に極限値としてのピークが出現する、というのがこの理論の趣旨です。実際にピークオイルは2005年に出現したと言われています。

 

また、エネルギー利用で最も深刻だと考えられるのが、ゴミ排出問題です。気候変動に関する政府間協議でも度々レポートが発出されているように、地球規模での気候変動や異常気象は地球温暖化物質の排出量の増加に起因しているという仮説が注目されています。とりわけ二酸化炭素濃度の上昇は化石燃料の消費によって引き起こされると言われているため温暖化の主犯格として槍玉に上がっているところです。もちろんこの仮説にも科学的な異論はあります。

 

エネルギー革命が起きるまでの対応を、今から考えよう。

 

太陽光発電に代わる日射利用の方法として人工光合成の研究が急速に進展しています。また、藻類バイオマスは安価で大量のエネルギーをゼロエミッションで利用できる可能性を秘めている技術で、資源小国日本でも次世代型エネルギー革命を担う主役候補として期待が集まっています。エネルギー技術は必ず革命的に進歩します。それまでの時間にしっかりとした科学的検証が必要です。

 

毎月届く電気料金の請求書には見えないほどの小さな字で「再エネ発電賦課金」という項目が記載されています。悪名高き消費税よりも高額ですが、ほとんどの人は気付かずに支払っているのではないでしょうか?私は発電事業者でもありませんし、再生エネ発電を誰かに依頼したこともありませんが。

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/kenkou.html

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:346 最後に更新した日:2020/02/27

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM