潜熱蓄熱の「e−プラスター」で熱損失係数を改善:iWall研究会

 2012年の日本建築学会(東海)で発表したe−プラスターの研究論文を公開します。木造住宅の断熱性能を強化することなく、「e−プラスター」の施工で蓄熱性能を高めると等価的な熱損失係数が減少することを、通年の環境測定で実証しました。

パッシブソーラーハウスの性能は、室内の熱容量が大切な鍵をにぎります。2013年、住宅に適用される新省エネ基準では、熱容量の省エネルギー効果を評価することになります。コンクリートより6倍も高性能な「e−プラスター」の蓄熱性能。この論文では「e−プラスター」の建築環境工学的な評価方法について論述しています。

下記のアドレスで論文(PDF)をご覧になれます。

 http://iwall.jp/news.html

 

T-project LDKの内部写真

 

iWall アイ・ウォール研究会
公式ホームページURL http://iwall.jp/


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:324 最後に更新した日:2019/10/18

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM