ローマ・テルミニ駅まで、イタロに乗って移動します。

 

 

 

午後のフィレンツェ中央駅。サンタ・マリア・ノベッラ駅のプラットホームの様子です。

 

高速鉄道イタロとフレッチャロッサの車両が、仲良く並んで停車中です・・・。が・・・。

 

 

 

出発間際だというのに、ローマ・テルミニ行きの入線プラットホームがまだ表示されません。

 

ミラノ発ローマ行きの列車のですから、まだこの時間に停まってるはずはありませんよねー。

 

 

発車5分前にようやくプラットホームも決定。大急ぎで移動してビジネスクラスの車両へ。

 

なんとものんびりしたと言うか、イタリアンなフィレンツェ中央駅のサービスです。

 

 

車両は3列シート。シートも快適でゆったり過ごせます。デッキの自動販売機も便利!

 

 

ビジネスクラスは無料のドリンクサービスもありますので、少しだけ得した気分になります。

 

 

トスカーナの田園風景をぼんやり眺めていたら、あっという間にローマが近づいてきます。

 

 

ふと前の席に目をやってびっくり!女性の脚ほどもあろうかという、屈強な二の腕筋!

 

この写真では伝わりにくいかと思いますが、それはもう立派だったのでパチリ!

 

 

こちらのデッキのイケメンお兄さん。キャリーケースを荷棚に上げる時に苦労していたら、

 

さっと無言でやってきて、親切にも手伝ってくれたんです。

 

そう言うことがスマートにできるのが、日本人との違いですよね。グラッチェ。

 

 

90分の高速鉄道の旅。3日ぶりにローマテルミニ駅へと戻ってきました。既視感半端なし?

 

 

正面に見えるのがテルミニ駅。今日は左側のホテルに宿泊ですので、アクセス抜群です。

 

でも舗装が結構デコボコしているので、重いキャリーケースだとちょっと難儀します。

 

突き当たりを駅に沿って右に進むと、フィウミチーノ空港へのリムジンバス乗り場です。

 

 

二度目だからでしょうか?プレミアムルームにアップグレードしてアサインされました。

 

お部屋の詳細は、そのうちに公開しようかと画策中ですので、ご期待を。

 

 

シャワーを浴びたら、周辺のお土産店でお買い物の仕上げです。さて本日のディナーは?

 

 

テルミニ駅のメルカート・チェントラーレ・ローマで、石窯ピザにしましょうかね。

 

 

こちらがナポリ? オイルサーディン載せピザで、€9.9ですからお安いような。美味です。

 

 

さて、今日は移動で疲れましたので、早めに寝てフィレンツェの夢でも見ましょうか。

 

 

 

【Good Design  Award 2018受賞】

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

       

 

 

 


#フィレンツェ の中央駅で、#イタリアン のランチをいただきます。

 

 

大満足のフィレンツェ小旅行も終了。午後のイタロでローマに向けて出発しましょう。

 

町のシンボル、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会とも、しばらくお別れとなります。

 

 

向かいにあるフィレンツェ中央駅舎も、景観を損なわないようにデザインされています。

 

 

大勢の観光客が行き来するコンコース。スリや置き引きが頻発するようですので注意を!

 

 

チケット売り場には、今日も長い列ができています。インターネット発券なら並ばずに!

 

ヨーロッパの個人旅行も、本当に便利になったものです。

 

 

出発までもう少し時間がありますので、駅舎にあるカフェでランチをいただくことに。

 

 

なかなかオシャレな佇まいのレストランですね。駅員さんたちもランチ中。

 

 

今日はグリルチキンのワンプレートランチ。これをシェアして、二人とも満腹です。

 

 

テラス席は暑かったので、ビールをいただきます。とっても冷えていて美味しい。

 

 

観光客、鉄道員やビジネスマンと思われる方々が、仲良く食事できる雰囲気が素敵です。

 

 

食事を終えたら、イタロのラウンジで時間調整と食後休憩することにしましょう。

 

 

ブランドカラーのフェラーリレッドで統一された、落ち着いた雰囲気のラウンジですね。

 

フリーのWi-Fiも飛んでますので、テレビ電話をしたりメールをチェックしたり・・・。

 

 

ソフトドリンクとスナック、エスプレッソなどが無料で、しかも飲み放題です。

 

 

出発まであと30分なんですけど、プラットホームがまだ決まっていないようですね。

 

このあたりがなんともイタリア的? 10分前まで分からないなんてことが頻発します。

 

 

ここは焦らず、スパークリングワインを楽しんじゃいますか。

 

 

 

 

【Good Design  Award 2018受賞】

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

      

 

 


#フィレンツェ 小旅行の締めくくりに、朝のお散歩を楽しみます。

 

 

楽しい思い出がたくさんできた、3泊のフィレンツェ小旅行。今日はローマへの移動日です。

 

お土産を調達しがてら、ホテルの周辺をブラブラ散歩しましょう。地図はもう不要ですね。

 

 

 

とりあえず中央市場でお土産を見て回ります。できるだけ軽いものがいいのですが・・・。

 

 

ワインのお供に「パルミジャーノ・レッジァーノ」。少々重くても、これだけは外せません!

 

現地価格は、日本の3分の1くらいでしょうか。とってもお安く感じます。

 

 

乾燥トマトも種類がいっぱい。どれとどれを、誰と誰に・・・。お買い物は、今日も相方任せで。

 

 

おぉ、トマトの使い方が日本語で!! 日本人も、沢山お見えになっているんでしょうね。

 

 

購入したお土産はお店に預けて、もう少し周辺の散歩を続けてみましょうか。

 

まずは中央市場から直近の、サン・ロレンツォ教会とメディチ家礼拝堂へ。

 

今回の小旅行でも、ルネッサンス芸術とミケランジェロの作品を満喫することができました。

 

 

フィレンツェは良質な革製品の宝庫でもあります。どのサンダルも綺麗で、履きやすそう!

 

 

広場ではジョヴァンニ・デッレ・バンデ・ネーレが、教会と観光客を優しく見守っています。

 

 

もう少し足を伸ばしてドゥオモ広場まで散策してみます。すっかり見慣れた、異次元の風景。

 

 

何度見ても見飽きないファッサード。ルネッサンスの至宝といっても過言ではないでしょう。

 

 

また時間があるので、花の大聖堂をぐるっと一回り。朝の静かな時間が過ぎていきます。

 

次に来るまでには、主祭壇の外壁も綺麗にお色直しが済んでいるでしょうか?

 

 

今回もチャレンジできなかったジョットの鐘楼、登頂! 次は体を鍛えて、絶景を目指します。

 

 

さてホテルに戻ってパッキングの時間です。その前にペローニで一息つきましょうか。

 

 

【Good Design Award 2018受賞】

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

       

 

 


S.M.N.広場の #カフェ で、#アペリティフ を楽しみます。

 

 

 

ルネッサンス芸術の都フィレンツェのぶらり散歩を、終日楽しんだ日の夕暮れ時です。

 

散歩を終えホテルで休憩しても、初夏のフィレンツェの空にはまだ明るさが残っています。

 

 

 

 

夕食前に、コスメのお土産がとても有名な薬局を少しだけ見学することにしました。

 

1612年から絶えることなく営業を続けてきた、S.M.N.修道院製の商品が入手可能な有名店。

 

入り口も立派で、歴史と伝統を感じさせてくれます。

 

 

 

 

教会の敷地内で作られたオリーブオイルのクリームや、バスソルト、香水も人気の商品です。

 

みなさんとっても熱心に品定め中。コンシェルジュが好みに合わせて案内してくれます

 

 

 

 

時刻はもう19:00になろうとしています。今日は歩き疲れましたのでサンタ・マリア・

 

ノベッラ広場に面したホテルで、アペリティーフを楽しむことにしましょう。

 

 

 

 

お邪魔したのは、広場に面した「ロロロジォ」というホテルに付設されたカフェレストラン。

 

白い二つの笠のところにドアマンがいるのがわかるでしょうか?ここがカフェの入り口です。

 

 

 

 

ドアマンに案内されたオシャレな店内では、すでに数人のお客様が食前酒を楽しんでいます。

 

 

 

 

ホテル名のロロロジォは、イタリア語で「時計」の意味。

 

店内にはこんなオシャレな水盤も設けられ、照明も落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

 

 

 

 

フィンガーフードが綺麗に並べられたカウンター。お酒を一杯注文すると、なんと食べ放題です。

 

 

 

大粒のオリーブや、ベケットに載ったレバーペーストもいただくことができます。

 

 

 

今夜はシャンパーニュをお願いして、乾杯。うまし。そしてこちらが本日のオツマミたち。

 

本格的なイタリア料理の夕食をいただこうかとも思いましたが、お代わりが自由ですので

 

日本人ならこのアペリティフだけでも十分満足ですよね。それにしても美味。

 

 

 

 

シャンパンの後は、地元の白ワインとおつまみのお代わりでお腹もそろそろ一杯に。

 

さらにストロングタイプの地ビールも堪能させていただきました。

 

イタリアにして、これが結構イケていたんですよ。驚。

 

 

 

 

フィレンツェの街並みと芸術散歩を堪能して、ビステッカとアペリティーフで大満足の一日。

 

時刻はもう午後9時です。もう少し滞在したいところですが、明日はローマに戻ります。

 

 

 

 

【Good Design  Award 2018受賞】

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                        

 


#東京 ぶらぶら #散歩 で、素敵な #神社 を発見しました。

 

 

 

1件目の打ち合わせを終えて新橋駅まで移動。レトロな煉瓦アーチと汐留の高層ビルが

 

本当に対照的で、美しい景観を見せてくれます。綺麗な青空にスッキリ映えていますね。

 

 

SL広場から次の打ち合わせ場所まで歩いて移動する途中に、ステキな参道を発見しました。

 

 

SL広場の近くにひっそり佇む烏森神社。このお稲荷さんの縁起も、平安時代の平将門の乱の頃まで

 

遡るのだとか。東京の路地裏には、歴史と文化がたくさん残されているんですね。

 

 

神社で必勝祈願をしてから次のお打ち合わせへ。さてビジネスの首尾は如何だったでしたでしょうか?

 

翌朝は運動を兼ねて、宿泊先の周辺をぶらぶらと散歩しました。有名なお寺とタワーがお出迎えです。

 

 

増上寺の三解脱門の上に、東京タワーの頂がヒョッコリと。それにしても良いお天気の朝です。

 

 

開山から600年。徳川家の菩提寺としても、大きく発展してきた増上寺。

 

三門から大殿までの庭園領域は、私たちが生活している穢土(えど)から極楽浄土までの

 

道のりを表しているのだそうです。本当にこんな感じなんでしょうかねぇ。もうじき分かりますが。笑

 

 

参拝を済ませ、大殿の中でほっと一息。不敬にも御本尊をパチリ。申し訳ありませんでした。

 

 

ここまできたらやっぱり徳川将軍家の霊廟も見てみたいですよね。

 

6人の将軍を含め、徳川家の38人の方々が静かに眠る墓所なのだそうです。

 

 

葵の御紋が入った立派な門扉。緑青がういて、とても美しい姿を見せてくれます。

 

 

ちなみにこちらがフィレンツェにある天国の門。どちらも聖域への門としての象徴性に富んだ芸術品です。

 

これからも大切に継承されていくことを、心から祈らざるを得ません。

 

 

こちらが地下鉄の大門駅近くにある、予てからのロースカツの課題店。

 

ビジュアル、味や食感も最高の出来栄えで、こちらもサイホ決定です!

 

 

 

 

 

【Good Design  Award 2018受賞】

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 

 

 

 

 

 


フィレンツェ旧市街の街並みを、気ままに散歩します。

 

 

 

ビステッカのランチに大満足した帰り道。S.M.N. 駅に向かって気ままな散歩は続きます。

 

アルノ川にかかるポンテベッキオを渡り直進すると、左側にメルカート・ヌーヴォが見えて

 

きます。皮革製品などの土産物屋さんが軒を連ねている、16世紀創建の小さな市場です。

 

 

 

 

ここにあるイノシシの鼻先を撫でてから口にお金を入れて落とし、下の格子の中に落ちると

 

幸運が訪れると言われています。鼻がピカピカな理由、わかりますよね。

 

ちなみに周囲にあるカエルの彫刻もピカピカ。恋愛成就のお守りだそうです。

 

 

 

 

さらに直進すると、古代ローマ時代に神殿のあった共和国広場(レブッブリカ)に到着です。

 

 

 

 

さらに直進して、出発地点のドゥオモ広場へと戻ってきました。ここでノルマの10,000歩!

 

 

 

 

広場から少し入った有名店グロムで、美味しいジェラートをいただくことにしましょう。

 

 

 

 

清潔な店内には蓋をしたジェラートが。衛生面だけでなく、味を維持するためにも蓋は必須。

 

新鮮な果物のジェラートをいただくなら、ジェラートに蓋がしてあるお店を探しましょうね!

 

 


 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                        


浅草周辺を、ブラ散歩してみました。#東京 #浅草 #散歩 #グルメ

 

 

 

次のお打ち合わせまでは、もう少し時間がありますので浅草あたりに出没してみました。

 

前回来た時には東京スカイツリーはありませんでしたの、本当に久しぶりの浅草です。

 

 

 

 

浅草といえば浅草寺。雷門に仲見世の雑踏。そしてグルメの宝庫としても有名ですよね。

 

 

 

 

インバウンドの影響でしょうか、聞きなれない言葉が行き交います。それにしても賑やか。

 

 

 

 

浅草寺といえば「雷門」が有名ですが、仲見世通りの先にある「宝蔵門」も立派です。

 

通称は「仁王門」ですが、両脇には阿形と吽形の仁王像が配置されています。ツリーも。

 

 

 

 

山形県村山市から奉納されてた大わらじ。全長4.5メートル、使った藁は2,500キログラム

 

だそうです。宝蔵門の再建後から、約10年に一度作り変えられるというお寺のお守りだそう。

 

 

 

 

飛鳥時代、推古天皇の時代にまで遡る浅草寺の縁起。何と1,400年の歴史を誇る大伽藍です。

 

 

 

 

本堂の前にある「常香炉」から立ち上る煙を、参拝の皆さんが厄除けのために浴びています。

 

 

 

 

浅草寺の五重塔の最上層には、スリランカのイスルムニヤ寺院から奉戴した仏舎利が

 

納められているのだとか。五重塔はストゥーパが起源ですので塔頂には傘がありますが、

 

本物の仏舎利が納められているからでしょう、最上級の仏位を示す九重の金の傘です。

 

 

 

 

都内最古の観音寺、金龍山浅草寺。観光客も含めて、今日も参拝客が後を絶ちません。

 

 

 

 

東京大空襲で焼失した国宝の本堂は昭和33年の再建。川端龍子の天井画「龍の図」や

 

「天人散華の図」がとっても有名です。ヨーロッパの教会建築や装飾も素敵ですけれど、

 

日本の寺院建築も美しさでは引けを取りませんね。

 

 

 

 

そして何と言っても浅草といえばグルメ。今日はコスパ抜群のお寿司屋さんでお好みにぎり。

 

この中トロ、本当に美味です。再訪決定です!

 

 

 

 

 

【Good Design  Award 2018受賞】

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                        

 

 

 

 


アルノ川南岸のレストランで、ビスッテカをいただきました。

 

 

 

賑やかなポンテベッキオ橋を渡って、中世の情緒あふれるアルノ川南岸地区を散歩します。

 

 

 

サント・スピリト通りを西へどんどん向かっていくと、サンタ・マリア・デル・カルミネ

 

教会が見えてきました。展示されているマンゾーニの遠視画法を、巨匠ミケランジェロも

 

学んだということでも大変有名な教会です。 でも拝観の前に、とりあえずランチを。

 

 

 

 

何度かお邪魔している、カルミネ広場に面したリストランテで地元料理をいただくことに。

 

 

 

 

ここにきたら、メインはやっぱりビステッカ・ア・ラ・フィオレンティーナですよね。

 

オーナーがにこやかに運んできたキアニーナ牛のお肉です。二人でこの分量です!?

 

 

 

 

グリッシーニとハード系のパンはいただいた分だけ、後でお会計をします。

 

どのパンも、とっても香ばしくって美味です。ビールのおつまみにも最高!

 

 

 

 

目の前で切り分けてくれた焼きたてのステーキがこちら。これで一人前です。

 

今回はお醤油と山葵を持参していましたので試してみましたが、これが最高の味わい。

 

旅先で日本人であることを実感する瞬間ですね。うまし。

 

 

 

満腹になりましたので、午後の散歩へと出かけましょうかね。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 

 


ポンテベッキオ周辺を、ぶらぶら散策しました。

 

 

 

サンタ・クローチェ教会でミケランジェロのお墓参りを済ませたら、もうお昼を過ぎて

 

しまいました。ベンチ通りをアルノ川に向かって南下すると、グラッツェ橋に到着します。

 

川を挟んだアルノ川南岸地区で、ランチをいただく前にポンテベッキオを散歩しましょう。

 

 

 

 

朝方の雲もすっかり消え快晴の空に。アルノ川では学生たちがボートの練習をしていますね。

 

世界遺産の歴史地区の中心地とは思えないほど、実に長閑に、まったりと時間が過ぎます。

 

 

 

 

さらに下流に向かって歩いていくとフィレンツェのシンボル、ヴァザーリの回廊が見えて

 

きました。南岸にある居城ピッティ宮からポンテベッキオを通り、執務室である現ウフツィー

 

美術館まで全長1kmにも及ぶ回廊。雨にも濡れずに自宅から執務空間まで行けるなんて、

 

なんと便利で豪華なんでしょう。回廊は定期的に公開され、美術館になっているようです。

 

 

 

 

そして有名な撮影スポットから見たポンテベッキオ。まるでおとぎの国から抜け出して

 

きたかのような、不思議な建造物ですね。フンデルト・バッサーの原型みたいな?

 

 

 

 

そして橋の上は今日も、世界中からの観光客で大変混在しています。

 

 

 

 

(意外にも)同行者はお土産店めいた宝飾店には、まったく興味なし。

 

やはり宝石はもっとシックで高級そうなお店の方が、購買意欲が湧くようです。

 

 

 

 

その名の通り700年の歴史を誇るフィレンツェ最古の橋の中ほどには、伝説の金細工師

 

チェッリーニの胸像があります。フェルディナンド1世が、貴金属工房を橋に集めたという

 

故事に由来しているのでしょう。欄干に結ばれた南京錠が、いつもより少ないような気が

 

します。撤去された直後だったのでしょうかね?

 

 

 

 

胸像の向かいには、ここにも公衆水道が。ボタンを押すと、白鳥の口からお水が出てきます。

 

 

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


ミケランジェロのお向かいには、ガリレオのお墓が。

 

 

今回もサンタ・クローチェ教会での、お墓参りの様子をご紹介します。

 

 

フィレンツェ共和国に生まれ、ローマに移住する壮年期までをフィレンツェで過ごし、

 

ルネサンスを代表する芸術家として生涯活躍したミケランジェロ。

 

お墓の上には彼が活躍した「絵画・彫刻・建築」の3つの分野を表す女性像が、

 

ミケランジェロの胸像を取り囲むように配置されています。

 

 

 

 

宗教裁判で有罪となり、幽閉中に失意の死を遂げた天才天文学者ガリレオ・ガリレイ。

 

望遠鏡を持ったガリレオの胸像の下には、木星と4つの衛星が見えます。天体観測図を

 

持つ左の女性はガリレオの専門分野である「天文学」、右の女性は「物理学」を示します。

 

 

 

こちらはフィレンツェ生まれの詩人で、哲学者・政治家でもあるダンテ・アリギエーリの

 

お墓ですが・・・。実は、本物のお墓はイタリア北部の都市ラヴェンナ(Ravenna)に

 

あるサン・フランチェスコ教会の近くにあるそうです。終生フィレンツェの支配層と

 

政争を繰り返して追放されたダンテの遺骸は、いまだに故郷には返還されていないんですね。

 

 

 

こちらはイタリアを代表する人気オペラ作曲家、ジョアッキーノ・ロッシーニのお墓です。

 

『セビリアの理髪師』『ウィリアム・テル』を作曲した後、多忙による疲労と不眠症に

 

悩まされはじめたロッシーニ。晩年は休養のために妻を伴いボローニャの父のもとに戻り、

 

逝去後にこの地に埋葬されたそうです。そういえばスカラ座にも、しばらく行ってませんね。

 

 

 

ミケランジェロの墓碑のお隣では、額縁から外された大型の油絵の修復作業が行われて

 

いました。 作業の様子がすぐそばで見られるなんて、本当にラッキーでした。

 

 

 

こちらが修復の終わった主祭壇のフレスコ画「聖なる十字架伝説」とステンドグラス。

 

高さが50メートル近くもある大壁画で、旧約聖書のエデンの園から始まる壮大な歴史的

 

長編ドラマを見事に描ききっています。

 

 

 

今日はフィレンツェを一日中散歩して疲れてしまいましたので、ご褒美にワインを。

 

さて、どっちにしようか・・・。

 

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:264 最後に更新した日:2019/01/21

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM