暑さとスコールで、作物も順調に成長中です。

 

4日連続の真夏日は、6月の北海道の記録なのだそうです。

その反動でしょうか、昨日は東南アジアの雨季ようなスコールがありました。

畑もすっかり浸水してしまいましたが、作物にとっては恵みの雨かもしれません。

 

 

幹高がトンネルの2倍にまで成長したトマトたち。

トンネルの中では、たくさんの青いトマトが実っているようです。

 

 

雨の前に土寄せをしたジャガイモたちも元気に成長。もうすぐ白い綺麗な花が咲くシーズンになります。

 

 

新顔の絹さやエンドウの白い花も咲き始めました。

寒い日が続く予報なので、トンネルを外してあげられるのは来週の日曜日以降になりそうですが。

 

 

枝豆たちも順調に大きくなって、葉の数も増えてきました。

 

 

仙台に出張した時にいただいた、今が旬の三陸のホヤ。お酒のあてに最高ですね。

生臭みもなく、ほんのり海の香りを感じながら美味しくいただきました。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


寒さの中でも、成長中の野菜たち。

 

朝の最低気温が10℃にも満たず、まだまだ寒い北海道の春。

桜に続いてライラックの蕾も膨らみ始め、3年目のアスパラガスも順調に成長してくれました。

 

 

無農薬で育てていますが今年は立派なサイズに成長したので、さっそく春の香りを楽しみます。

 

 

寒さには強いジャガイモ。27個植えた種イモは100%の発芽率で、お盆の芋掘り大会が楽しみです。

 

 

路地植えの枝豆も順調に発芽中。

 

 

2、3日経つと、あっという間に葉の数が増えていきます。

 

 

トマトは観賞用にも普及していたようですが、じっくりと花を観察すると綺麗ですよね。

 

 

トンネルの中のレタスもそろそろ食べごろに。毎日の朝食を楽しみにしてくれる名脇役です。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


ビニールトンネルに、キュウリとレタスを植えました。

 

北海道は北東の季節風が吹いて、最高気温が15℃程度の日が続いています。

GWは肌寒さの中の花見シーズンなんです。

 

 

5月中旬でも桜を見ることができます。

 

 

晴れ間を見計らって、ビニールのトンネルに野菜の苗を植えることにします。

 

 

黒サンゴという品種のキュウリを5本。ミニトマトも5本植えました。

 

 

ピーマン好きの家族のために、こちらも。もちろん無農薬ですので安心です。

 

 

ビニールトンネルの中で、リーフレタスも気持ちよさそうですね。

 

 

ブラックベリーの葉も、どんどん成長中。寒い地域が原産地なのでしょうね。

ドイツでも甘いブラックベリーが朝食に出てきました。

 

 

春の花は一斉に。桜もチューリップも同時に満開になります。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


ジャガイモを植えてみました。

 

毎年のことながら、工事業者の方々が路盤の凍結で傾いた排水溝を補修してくれています。

一層の事路盤ごと本格的な工事をした方が・・・と思うのですが、市の予算がないのだそうです。

 

 

春の恒例行事が始まりましたので、畑の作業も準備に取り掛かることにします。

 

 

まだ寒い日もありそうなので、とりあえずジャガイモから植えることにしました。

 

 

できるだけ直線になるように溝を掘って!土寄せの時に耕運機が入るスペースもありそうです。

 

 

少し土を乾燥させてから種芋を植えます。今年はメークイーンですね。

 

 

芽もしっかり出てきているので、あとはお盆すぎの豊作を祈るばかりです。

 

 

庭の花たちも、一斉に咲き出しました。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


桜も満開、農作業もいよいよスタートです。

 

開花したと思ったら、桜はもう満開。週末には散ってしまうのだそうです。

道北やオホーツク海側では、まだしばらくお待たせでしょうか。

 

 

ちょこんとだけ出ていたブラックベリーの芽も、あっという間に急成長!

 

 

暖かさに誘われてネギも青々としてきました。もう美味しくいただけそうな感じですよね。

 

 

4月に突然降った雪も・・・。

 

 

あっという間に融けて、地面が見えてきました。すっかり春らしくなりましたよ。

 

 

耕運機で耕して、畑の下準備をします。何を植えようか思案中です?

 

 

今年の豊作を祈ってせっせと畝作り。早速枝豆と絹さやの種を植えてみました。

お盆にはたくさん収穫できるのではないかと思います。何事もなければですが。

 

トマトやきゅうりの苗も買ってきたのですが、まだちょっと早すぎますかね。

 

 

北海道の春はいつも一斉にスタート。時期ごとに花が入れ替わるのではなく、ともかくヨーイドンです。

今年も綺麗な花たちを楽しみに、毎日散歩に勤しみたいと思います。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


来年の収穫に希望を託して。17.10.4

 

北海道はすでに晩秋。峠からは積雪の便りが届く季節です。

グログのメインテーマである「健康」に欠かすことができないのが「食」。

 

無農薬で有機栽培した野菜を食卓に載せるため、10年前から家庭菜園を始めました。

我が家の朝食に欠かせないブラックベリーは、今年30kgを収穫。

一年分のジャムを作り残りは冷凍保存。幸いなことに、今年も皆さんにお裾分けできました。

 

 

最高気温が15℃を下回るようになりましたので、トマトともそろそろお別れですね。

寒さのせいでしょうか、最近とっても甘くなってきたのには驚きました。

 

 

今年は枝豆、ジャガイモ、大根、ネギ、アスパラガス、きゅうり、レタスなどなどに挑戦。

天候にも恵まれ、春からお手入れ作業を楽しませていただきました。

もちろん研究者ですから成長の観察と記録は必須ですが。

 

来年も大収穫を夢見て、気ままな農作業を続けていきたいと思います。

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:191 最後に更新した日:2018/06/14

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM