秋の大清掃で、事務所の「断捨離」してみました。

 

 

 

リモートワークの時間がどんどん長くなり、事務スペースが気になるように。

 

 

代表の一声で、研究所の秋の大清掃を実施しました。

 

キーワードは「3年間使用していないもの」。しかも背後で見張られております(^o^;)

 

 

 

 

 

書籍、カタログ、資料、事務機器などなど。大量の情報が、廃棄物となる瞬間です。

 

大切に保管して(隠して)あったマックたちとも、ついにお別れの時です。

 

 

 

 

30年前のPowerBook140、そして540C。随分いろんなところを一緒に旅したものです。

 

しかし持ってみると、ともかく重い。現行機では、考えられないくらいの重量です。

 

 

 

 

お別れに、 iBookにも電源を投入にしみましたが、見事な縦縞模様!

 

残念ながら、往時の雄姿を拝むことはできませんでした。

 

 

 

 

漢字Talkは1986年の発表当時から使っていましたが、7.5当時はシステム管理者を

 

していたので随分とお世話になった思い出があります。

 

 

 

 

ゴミ処理施設まで車で4往復。大量の荷物をゴミとして処分していただきました。

 

あとは仕分けできなかった大量の書籍たちが、処理されるのを待っております。

 

 

秋の夜長は、炊き込みご飯ときのこ汁、自家製ピーマンで栄養補給です。

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 

 

 


札幌では、ソーシャルディスタンスとマスク着用が厳守されていた。

 

 

 

2020年は、研究の打合せ、セミナーや大学での講義以外の外出はできるだけ控え、

 

自粛研究生活を過ごしてきましたが、感染対策をしながら社会活動を再開することに。

 

 

 

 

2018年に「さっぽろ創生スクエア」の中にオープンした「札幌市市民交流プラザ」。

 

コロナ禍がなければ観光客を含め、多くの市民で毎日賑わっていたことでしょう。

 

 

先日は「さっぽろ文化芸術劇場 hitaru」を初めて利用させていただきました。

 

 

 

 

オペラやバレエが鑑賞できるプロセニアム型の劇場は、4Fで収容人員が約2300人。

 

加飾を控えた質実剛健、簡素なデザインではありますが、公共劇場としての機能は

 

立派に果たすことができそうな、そんな素晴らしい空間が完成していました。

 

 

 

 

密集を避けるため、劇場では一席おきに座席を使用。間隔が広くてとてもリッチな気分です。

 

 

観客の退出も、やはりニューノーマル仕様。係員さんに誘導されながら、整然と退出します。

 

とりわけ不満を言う人も皆無で静かに移動。やはり「ここは日本だ」と実感します。

 

 

 

 

札幌の地下歩行空間も歩いてみましたが、大きなキャリーケースをたくさん引いた

 

インバンド客はどこにも見られず、どちらかというと閑散とした雰囲気。

 

こちらでも、マスクの着用率は100%ですね。

 

 

これから季節は、雪道を避けて運動不足を解消できる、貴重な空間ですので、

 

移動だけではなく、市民の健康をそっと支えてくれるのではないでしょうか。

 

 

 


峠や標高の高い山道では、雪の便りが聞かれる季節になりました。

 

秋を知らせてくれるイクラの醤油漬けが、今年も食卓に並びました。

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 

 

 


WHOがパンデミック宣言を発出。どうする自己防衛。

 

 

 

 

緊急事態宣言が出た北海道では、休校措置と週末の外出自粛の影響がジワリ。

 

マスク、消毒ジェルはもちろん、どういうわけか納豆までもが欠品状態?

 

 

まさに非常事態の様相を呈してきました。最近では胆振地震以来かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

そんな時期でも、大切なお仕事はこなさなくてはいけませんので新千歳空港へ。

 

いつも行列のできている手荷物カウンターも、今朝は閑散としていますね。

 

 

 

 

 

 

東京でのお仕事を終えて、打合せ先の近くにある浅草寺にお参りに来てみました。久しぶり。

 

境内は外国人観光客がすっかり消えて、ちょっと、というかかなり寂しい状況。

 

 

 

 

 

 

いつもは人とぶつからないように歩くのにも苦労する仲見世通りも、今日は人がいませんね。

 

雨の水曜日ということを差し引いても、かなり影響が出ているようです。

 

 

 

 

 

 

いつもは行列のできている雷門外の老舗和菓子店も、お客様なし。

 

入手困難で有名な銘菓を、やすやすとゲットすることができました。

 

 

 

 

 

 

帰宅後、今度はお客様のお見送りのため新千歳空港の国際線出発ロビーへ。

 

こちらも中国、韓国路線がキャンセルされたせいか、ほとんど乗客がいませんね。

 

 

 

 

 

 

午前8時に売り出し直後に、いつも完売のこちらのお菓子も簡単にゲットです。

 

 

 

 

 

中国武漢での感染ピークは、ほぼ峠を越えたとの公式アナウンスがありましたが、WHOは

 

パンデミック宣言を発出。イタリアを含め、欧州での感染拡大が懸念されています。

 

 

医療が重症化しそうな患者に行き渡るよう、また自分が感染源にならないよう、

 

しっかりと免疫力を高めて、自覚ある行動を心がけていきたいものです。

 

 

いずれやってくる収束の日まで、頑張れ日本。頑張れ人類。

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 


本年もよろしくお願いします!

 

 

 

当ブログにお越しの皆様、あけましておめでとうございます。

 

 

 

 

大晦日の日は積雪がゼロだったのは、北海道に帰ってきてから初めてのような気がします。

 

異常という言葉は使いたくないのですが、異例の気象であることは間違えないようです。

 

 

 

 

例年だと除雪の雪置き場になっている家庭菜園も、全く雪がありません。

 

真っ白よりも、色のある世界の方がなんだか嬉しいものではありますが。

 

 

 

 

年末休暇に入ってから、飲み放題、食べ放題の生活を続けていますので、少し体重が増。

 

お正月料理を食べたら、少し運動でも始めようかと思います。

 

 

 

 

2020年が、皆様にとって素晴らしい年になりますようにお祈りしています。

 

本ブログも、気ままに更新し続けようと思いますので、たまに見にきてくださいね。

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 

 

 


いよいよ冬将軍の前触れが、北海道へと!

 

 

 

今年は、初雪が遅いなあと思っていたのですが・・・。

 

とうとうやってまいりました。しかも、いきなりドッサリで、ビックリです。

 

 

 

 

 

 

今週は気温も低く、雪が降ったり止んだりの日が続く予報のようです。

 

おかげさまで、暖房対策は十分ですので、お部屋の中は暖かいのですが。

 

 

 

 

 

 

普段の運動不足の解消には、毎朝の雪かき作業はピッタリなんて、少し負け惜しみを。

 

しばらくは白い世界の中での生活が続きますね。

 

 

 

 

 

 

SNSでも、ヒートショックによる溺死問題が取りざたされる季節になりました。

 

入浴時には、健康に気をつけて! 日本人の楽しみ、毎日の入浴で事故に遭わないように。

 

 

 

 

 

 

来週から、冬の健康法についてブログを更新していこうと考えております。

 

 

 

 

2018_gmark_Type_F.jpg

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

                         ツイッター_50.png

 

 

 

 

 


北海道は、秋本番を迎えています。

 

 

 

北海道にしては珍しく、厳しい暑さを経験した2019年の夏。

 

各地に甚大な被害をもたらした台風19号が去って、すっかり秋の気配がそこここに

 

感じられるようになってきました。

 

 

 

 

ブログでは画像の色が再現できずとても残念なのですが、木々の葉は赤や黄色に衣替えです。

 

 

 

 

自宅の庭には珍しいお客様も。近くの森に住んでいるキツツキのようです。

 

 

 

 

10月11日から14日まで、台風が接近している最中に仙台市を訪れていました。

 

大変な暴風雨で命を落とされた方、被害に遭われた方には心からお悔やみ申し上げます。

 

 

 

 

地震や台風などの災害が頻発しています。住宅内部にある健康リスクを含め、住宅に必要な

 

レジリエンスの重要性について、改めて考えさせられる今回の台風被害でした。

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

       

 

 

 


ブラックアウトから、もう1年。被災体験は活かされたか?

 

 

 

台風15号の被害を受けられ、今も不自由な暮らしを余儀なくされている方々に、

 

心からお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

昨年9月。北海道は未曾有の台風被害に見舞われた直後に、胆振東部地震が発生。

 

 

 

最大震度7の強い揺れとともに苫東厚真発電所が運転を停止して、北海道全域が一斉に停電。

 

北海道民は、「ブラックアウト」深刻な被災状況を経験することになりました。

 

 

 

 

 

 

原因となった発電所故障の復旧には時間がかかり、暗闇の中での不安な生活が続きます。

 

携帯電話の基地局は、非常用電源が切れて電波難民が次第に続出。

 

 

テレビからの貴重な情報も、停電中では被災者に届くことはありませんでした。

 

 

 

 

 

 

数日後に一部で停電が解消された後も工場での生産が間に合わず、コンビニやスーパーの

 

店頭からは多くの商品が姿を消しました。

 

 

完全に復旧するまでの長い時間、不便な生活を余儀なくされることになります。

 

 

 

 

 

 

厳冬期の被災でなかったことが不幸中の幸いでしたが、非常用食料、防災グッズの確保や

 

被災時の便利情報など、今でも特集が組まれるほどの深刻な被害でした。

 

 

震源地では今もなお復興を待ち望みながら、避難所生活を送っている方が沢山います。

 

 

 

 

 

 

北海道での台風、震災、そして広域停電の経験は、今回共有されていたでしょうか?

 

 

千葉県や神奈川県など被災地では、台風一過の猛暑も重なって、健康状態に不安を

 

抱える人が続出しています。

 

 

 

自然災害は必ずまた襲いかかってきます。まずは身の回りの防災対策を見直しませんか?

 

 

 

 

 

北海道は本格的な秋。一年に一度の、収穫の時期を迎えています。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

        


台風10号が通過して、また猛暑に!

 

 

長引くきびしい残暑、お見舞い申しあげます。

 

 

先週は北海道にも大型の台風10号が接近して、大変な強風と豪雨に見舞われました。

 

皆様の地方はいかがでしたでしたか? 被害はありませんでしたでしょうか?

 

 

 

最近我が家の近くに、野生動物?または、野生化した動物が出没するようになりました。

 

 

 

 

 

 

台風一過の実験農場に残された足跡です。

 

赤ちゃんの手のヒラほどもある大きさで、はっきり五本指!

 

どうやら野生化したアライグマの仲間ではないかと思います。

 

 

 

 

 

札幌市の南区では住宅街にヒグマが出没して、人間とコンタクトしないかヒヤヒヤしました。

 

野生動物と触れ合う機会が極端に少なくなった人間社会ですが、ペットの管理にも課題が。

 

 

人間と環境との関わりについて、色々な事を考えさせられる実りの秋です。

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

 

 

 

 

 


強い揺れを感じましたが、無事です! #地震 #北海道中東部地震 #地震情報

 

 

昨夜21時22分頃、北海道胆振東部を震源とする強い地震が発生しました。

 

室内気候研究所でも強い揺れを感じましたが、幸いにも棚の荷物が少し落下した程度で

 

家族の怪我や器物の破損など、被害はありませんでした。

 

 

 

 

ここのところ昨年9月の余震がなかったので、注意をしていた矢先の強い揺れでした。

 

 

 

 

 

札幌地下鉄やJRの在来線が不通となり、新千歳空港やススキノ、札幌駅などで帰宅できない

 

いわゆる帰宅難民が不安な一夜を過ごしているようです。

 

震源に近い安平や平取の方々の安否も心配です。今後の余震にも注意していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

         

 

 


寒波襲来。明日の成人式に影響がないと良いのですが。

 

久しぶりの厳しい冷え込みです!こんな日は積雪の心配がないので、少し安心。でも寒い!

 

 

 

本日の予想最高気温は -6℃。もちろん真冬日です。

 

こんな日でも室温が20℃を下回ることはありません。q = 1.6 はこんな実力です。

 

 

 

昨日は都内でも初雪になったようですが、明日から出張予定なので欠航が出なければと。

 

 

 

【Good Design  Award 2018受賞】

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

         



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:384 最後に更新した日:2020/10/27

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM