消えたオーバーツーリズムと、インフルエンザ感染。

 

 

 

大変残念なことですが、新型コロナウィルスの感染拡大に歯止めがかからず、

 

全世界の累計死者数が100万人に達しようとしています。

 

 

 

(出典)https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-world-map/

 

 

日本でも1400人あまりの尊い命が奪われる事態となりましたが、他の地域と比較して

 

死亡率が極めて低く、対策との因果関係に注目が集まっています。

 

 

 

 消えたオーバーツーリズムと、病院の待ち時間。

 

 

昨年まで年間4,000万人に迫る勢いだった訪日観光客数ですが、コロナ禍の影響で

 

街では外国人観光客の姿を全く見かけなくなりました。

 

全国の有名観光地では生活文化の違いを背景とした軋みが拡散して、オーバーツーリズム

 

が危惧されるほど社会問題となっていたのも、ずいぶん昔のような気がします。

 

 

(写真)閑散とした、連休初日の成田空港第1ターミナル。

 

 

 

自粛生活の影響は、病院の待ち時間にも現れています。診療時間に対して待合での

 

待機時間の長さが日本の医療の大きな課題の一つとなっていましたが、院内での感染を

 

避けるために受診を控える傾向が定着して、自然と待機時間が短縮されたのもニューノーマル

 

の特徴の一つでしょう。

 

 

 

インフルエンザの患者は、どうして1000分の1に。

 

 

2020年9月7日から9月13日までの一週間で確認されたインフルエンザの感染者数は4人。

 

昨年同時期の感染者数は5,738人でしたので、インフルエンザの患者数は激減していること

 

が明らかになりました。

(出典)https://www.sankeibiz.jp/econome/news/200923/ecb2009231330001-n1.htm

 

 

 

これから冬場のインフルエンザシーズン本番を迎えるにあたって、コロナ対策とインフルエンザ

 

感染者数減少の因果関係を、エビデンスを持って解明していきたいところです。

 

 

 

従来の生活を見直して、新たな日常を作り出す好機に。

 

 

世界的なパンデミックを引き起こす感染症は、今世紀に入って4回目となります。

 

幸いなことに、SARS-CoV-2まで感染拡大を経験してこなかった日本ですが、

 

この経験をこれまでの生活を見直していく契機としたいものです。

 

 

 

(写真)抗ウィルス・調湿性能を具有する、新規建材開発の様子。

 

 

 

1日も早く普通の日常が取り戻せるよう、パッシブ環境設計の観点からのアプローチにも

 

新たな感染対策の期待が高まっています。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         


Lesson_57を、公開しました!

 

 

秋から冬にかけて訪れるインフルエンザシーズンを控え、コロナ対策も待ったなし。

 

これからどんなふうに感染症対策を進めていくのか、準備が大切になりそうです。

 

 

 

「快適」な温湿度に、室内を維持すればいいのだけれど。

 

 

 

コロナウィルス感染症対策で大切なことは、冬の間も室内を快適な温湿度に維持すること。

 

エアコンと加湿器の出番なのですけれど、本当に日本の住宅で22℃、50%の環境を

 

創出し、24時間維持することは可能なのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

加湿器を運転すると窓やサッシが結露でびしょ濡れ。

 

カビが生えて不衛生になったのでは、コロナ対策としては本末転倒ですよね。

 

 

<本文は公式HPで>  http://iwall.jp/column.html#Lesson57

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 

 


ニューノーマルは、当たり前が優先される生活か。

 

 

 

新型コロナウィルスの感染拡大を防止するために、政府が示した「新しい生活様式」

 

いわゆる「ニューノーマル」。密閉、密集、密接の「三蜜」回避や、ソーシャル・ディス

 

タンスの確保は、私たちの日常生活の中でも強く意識されるようになってきましたね。

 

 

 

(写真)ソーシャルディスタンスを確保した、座席間間隔が常識に。

 

 

 

ニューノーマルは、当たり前が優先される生活様式かもしれない。

 

 

もともと経済用語だった「ニューノーマル」ですが、新型コロナウィルス感染症の拡大

 

という大災厄を経験した我々の生活様式が変革し、さらに常態へと遷移していく現象、

 

という意味で使われているようです。

 

 

(写真)マスク着用は、公衆エチケットの必須条件になりました。

 

 

 

日本人のマスク好きは、来日観光客から揶揄されることも多かったのですが、

 

これも遠い昔の出来事のように感じられます。フランスでは、マスク着用の義務化に

 

対する抗議活動が起きていますが、マスク着用習慣が新しい生活習慣として世界的に定着

 

してきたように思います。

 

 

 

密閉を避け、窓開け換気も行われる時代に。

 

 

高断熱・高気密住宅の普及の前提として、2003年に義務化された24時間換気システム

 

ですが、その必要性を改めて知らせてくれたのもSARS-CoV-2でした。

 

注目しなくてはいけないのは、換気量の最低基準です。

 

 

 

(写真)ダクトで新鮮空気を各室に送る、熱交換換気システム。

 

 

 

マンションや戸建て住宅では、部屋の中の空気を2時間かけて入れ替えるのが現行の

 

最低基準量なのですが、ウィルスの飛沫感染を防止するにはこの量が不十分かもしれない

 

と考えられるようになってきたのです。

 

 

 

もちろん学校の教室や講堂などの大空間、飲食店など大勢の人が密集する空間では、

 

ウィルスの濃度を下げるために換気設備に加えて、窓を開けて換気を促進することが

 

推奨されています。

 

 

 

(写真)窓を開放して生活するには、ウチとソトの関係をしっかり整理する必要がある。

 

 

 

飛行機の中の空気は、意外にキレイだった件。

 

 

窓を開けて換気することのできない密閉空間の代表選手が、航空機のキャビンでしょう。

 

飛行機に搭乗すると、機内アナウンスで十分な換気量が確保されている事を知らせて

 

くれるようになりました。

 

 

 

(写真)新鮮な空気で、3分に一回空気が入れ替わる航空機のキャビン。

 

 

 

一般的な旅客機は、上空のきれいな空気を大量に取りこみ、約3分で機内の空気がすべて

 

入れ替わります。 航空機の換気回数は、住宅の40倍。

 

 

 

 

飛行機に乗ったら空調ノズルを自分に向けて、新鮮な空気が自分の周囲を常に流れるように

 

調節して、飛沫感染を予防するよう自己防衛しています。

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         


「健康講座」の改訂作業が始まりました!

 

 

2016年10月から公式HPで公開を始めた「健康のための室内気候講座」ですが、当初の

 

執筆目標を大きく超えて、「Lesson 56」まで公開させていただくことができました。

 

 

これも読者の皆さんの温かい応援があればこそと、改めて心から感謝申し上げる次第です。

 

 

 

 

2020年に世界的なパンデミックを引き起こした新型コロナ禍の収束が見通せない中、

 

「ニューノーマル」へと生活を柔軟に移行していくためには、その基本となる「健康的な

 

生活環境」の創出が喫緊の課題となっているところです。

 

 

これらの事情を勘案して、これまで掲載してきた原稿に最新情報を交えながら、全面的に

 

改訂作業を実施していくことが決定いたしました。

 

 

新規稿と合わせて、既報の改訂版もHPに掲載してまいりますので、

 

「健康のための室内気候講座」をご愛読いただきますよう、

 

引き続きよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         


Lesson_56を更新しました。

 

 

 

中国武漢市から拡散した新型コロナウィルスによる肺炎が、猛威をふるっています。

 

2003年のSARS発生の時よりも中国国内や海外を往来する人口が激増していますので、

 

日本国内の人・人感染もさらに増加していくでしょう。

 

 

(出典)https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-world-map/

 

 

 

室内の相対湿度管理で、ウィルスを不活性化しよう。

 

 

新型ウィルスに対する有効な治療薬やワクチンはまだ開発されていません。

 

不要な外出、人混みなどの3密を避ける。手洗い、うがいを励行しマスクを着用する。

 

十分な栄養の摂取して、休養による免疫の維持確保を図る。

 

 

一般的なウィルス感染症に対する予防措置が、今の私達にできる最善の防護策と言えるのかもしれません。

 

一方で、コロナウィルスは相対湿度を40〜60%に維持すると不活化させることが明らかに。

 

室内の湿度調整が、感染防止にも有効だということです。

 

 

 

 

室内の水蒸気を呼吸して、自然に調湿する調湿建材の採用が効果的。

 

 

壁や天井に蓄えられた水蒸気は、室内が乾燥してくると壁から放散されて湿度を調整してくれます。

 

安定した湿度環境を、機械を使うことなく上手に調整してくれるのです。加湿器の使用で懸念

 

される水蒸気過多による結露の被害も、調湿建材なら心配はいりません。

 

もちろん電気代もフリーですね。

 

 

 

(写真)調湿効果のある左官材料の、施工風景

 

 

 

 

調湿建材を施工した室内の温湿度環境の実測データから、調湿建材を採用した室内では

 

温湿度が健康的な範囲内に維持できていることが明らかになりました。

 

 

 

 

コロナと共生する時代に、先人たちの生活の知恵を現代に生かす。

 

ウィルスの不活化と室内の健康環境を考えるとき、自然素材を使った調湿建材には

 

大きな可能性がありそうです。

 

 

全文はこちらのアドレスから!

 

http://iwall.jp/column.html#Lesson56

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 

 

 

 

 


健康講座に、Lesson_55を追加しました。

 

 

OECD加盟国の中でも、睡眠時間が少ないことで有名な日本人の生活!

 

 

「良質な睡眠」の確保は免疫システムを活性化させるなど、健康な生活を支えています。

 

 

質の良い睡眠を十分に取った朝には爽快で気持ちの良い目覚めが待っています。

 

十分な睡眠を取り免疫細胞の活性化させたなら、睡眠を誘導する物質「メラトニン」の分泌を

 

速やかに停止させましょう。

 

 

 

(写真)天然素材に囲まれた、質の良い睡眠を促す寝室(設計・施工:北洲ハウジング)

 

 

 

特に幼児期にはサーカディアンリズムの発達が不十分ですから、この習慣を乳児期から身につけて

 

おくことが健康と成長の秘訣になります。起床後いつまでも新陳代謝を引きずることは、遺伝子の

 

損傷を促進し免疫の不活性化の要因ともなりますので注意が必要ですね。

 

 

【詳細全文は】  http://iwall.jp/column.html

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 

 


健康講座Lesson_53を更新しました。

 

 

 

隠れたお風呂の健康リスク、足裏温度に注意しよう。

 

 

足の裏が床に触れて冷たいと感じるのは、熱が床へと移動して足の裏の温度が急激に低下して

 

冷たくなっている証拠です。また、足裏の温度が3℃低下をすると、血圧は瞬間的に

 

30〜60 mmHg も急上昇すること言われています。

 

 

いわゆる「足裏温度のヒートショック現象」です。

 

 

 

 

 

 

 

健康な人であれば耐えられる血圧上昇も、動脈硬化が進んだご長寿さんにとっては大問題!

 

浴室で脳血管障害を発生する健康リスクが、場合によっては高まることになるのです。

 

 

 

 

 

住宅内で素足で歩く可能性がある脱衣室やトイレなどでは、床に使用する材料にも注意する

 

必要があります。また、マットやラグなどを効果的に利用することで、足裏温度低下による

 

ヒートショックを防止していきたいものです。

 

 

 

 

全文はこのリンクから> http://iwall.jp/column.html

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 

 

 

 


床の素材選びが、ヒートショックの原因になる?

 

 

 

住宅内での「ヒートショック」といえば、寝室や浴室、トイレなど、非居住部分の室温が

 

快適範囲よりも低い時に起きる「健康リスク」を思い浮かべるのではないでしょうか?

 

 

 

それでは、室温さえ快適な状態に維持されていれば、ヒートショックは起きないのか?

 

今回はこの問題に迫ってみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

室温程度に温められたお部屋の中のテーブルを思い浮かべてみてください。

 

ひんやり冷たく感じる素材と、そうではない素材があることに気がつきましたか?

 

 

「木のぬくもり」と言いますが、まさに言い得て妙!

 

 

スティールデスクに比べると、同じ温度でも木のテーブルの方が暖かく感じるものです。

 

それはどうしてなのか、もう少し物理的に考察してみましょう。

 

 

 

 

 

 

手のひらが冷たく感じるかどうかは、机へと移動する熱のスピードが関係しているのです。

 

熱のスピードが早ければ早いほど冷たく感じますし、ゆっくりならば暖かく感じます。

 

 

どうやら暖かさは熱のスピードと密接な関係があるようです。

 

 

 

素足の足裏温度は27℃と、誰でもほぼ同じであることが知られていますが、

 

素足で床に立った時、足裏から逃げる熱のスピードがヒートショックの原因になることは

 

あまり知られていません。

 

 

 

 

 

 

足が冷たいと感じるのは、足の裏の温度が急激に低下して冷たくなっている証拠です。

 

既往の研究で、足の裏が3℃温度降下をすると、血圧は急上昇することが知られています。

 

 

いわゆる「足裏温度のヒートショック現象」です。

 

 

健康な人であれば耐えられる血圧上昇も、動脈硬化が進んだご長寿さんにとっては大問題!

 

浴室で脳血管障害を発生する健康リスクが、高まることになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは床の材質ごとに、足裏温度の降下度を計算して比較してみましょう。

 

室温が20℃に設定されている時、床の表面温度はおおよそ18℃程度になっています。

 

 

先ほども言及したように、足からの熱移動速度は床に使用されている材料の性質に関係しています。

 

コンクリートやタイルなど、熱伝導率の低い材料では足裏からの熱移動も即座に行われ、

 

あっという間に危険温度の24℃を下回ってしまうことがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

一方で、畳やカーペットなど熱伝導率の低い材料では温度降下のスピードも緩慢で、足裏が

 

冷たくなるまでの時間を稼ぐことが可能なのです。

 

 

ご家庭で素足で歩く可能性がある脱衣室やトイレなどでは、床に使用する材料にも注意して

 

足裏温度によるヒートショックを防止していきたいものです。

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

       


運動不足になりがちな冬は、転倒事故の多発する季節!

 

 

 

猛暑の夏や、相次ぐ台風被害が発生した2019年。でも冬はもうすぐそこまで来ています。

 

 

 

 

 

ヒートショックによる入浴中の溺死が、冬に発生していることはよく知られていますね。

 

でも家庭内の死亡事故のうち、転倒や転落によって亡くなられる数の多さをご存知ですか?

 

残念ながら犠牲者はここでも、65歳以上のご長寿さんが多数を占めています。

 

 

 

 

 

住宅のバリアフリー化やユニバーサルデザインの導入によって、転倒事故は減少傾向に

 

あるようです。確かに段差の解消や手すりの設置は転倒防止に役立ちますね。

 

 

でも、高齢者の転倒事故の根本的な原因はどこにあるのでしょうか?

 

驚くことに、冬季間の運動不足による全身の筋力低下が引き金になっているのです。

 

 

 

 

断熱が十分でない住宅では、暖かい部屋と寒い部屋が同居することになります。

 

この部屋間の温度差が、冬季の運動不足の原因となっているという研究成果があります。

 

 

確かに暖房された居間と、寝室やトイレ、玄関などとの温度差が大きいと、

 

家の中で活動はどうしても制限されて、運動不足になりがちです。

 

 

さらに家が寒いと、どうしても散歩に出かけようという意欲も低下してしまいますね。

 

 

 

 

 

 

高断熱・高気密化の効果は、住宅内部のヒートショックの予防、という観点から議論される

 

ことが多いのですが、運動不足の解消にも一役買っているというのは新しい視点ですね。

 

 

 

 

 

家中どこにいても寒さを感じることのない住宅の環境は、一年を通して活動的な生活を

 

送る上で欠かすことのできない大切な価値です。

 

ユーザだけでなく住宅を設計している専門家にも、断熱の新たな価値を十分理解して

 

いただきたいものです。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

     

 

 

 

 


Lesson 50 汚れた空気は希釈するか、置き換えるか?

 

 

 

(写真)新鮮空気を供給するために設置された、休憩スペースの巨大なダクト。

 

 

 

汚れた空気を屋外に排出するためには、二つの換気手法があります。

 

 

一つめ方法は汚染物質で質が低下した室内の空気を、外部から取り入れた新鮮空気と混合

 

して希釈することで、汚染濃度を低減しようとする考え方です。

 

一般にこの換気方法を「混合換気」と呼んでいます。

 

 

(写真)大空間では、冷暖房と換気を同じシステムで行うことが多い。

 

 

 

でも、いくら導入する新鮮空気量を増やしたとしても汚染物質の濃度はゼロにはなりません。

 

あくまで限りなくゼロに近く低減するだけで、汚染は無くならないということですね。

 

 

 

汚染された空気と新鮮空気を、置き換えるという考え方。

 

 

 

積雪寒冷地である北海道では床下空間に新鮮空気を直接屋外から取り込み、汚染した空気を

 

居住空間の上部から電動ファンで屋外へと排出する「置換換気」システムが広く採用される

 

ようになってきました。

 

 

 

(写真)「床下集中換気システム」を採用した住宅のリビング(設計・施工:武部建設)

 

 

 

換気によって居室の温熱的快適性が低下するという「第3種換気」の欠点を解決するために

 

考案されたのが、「床下集中換気システム」です。

 

 

 

(写真)床面に設置された換気用のスリット(設計・施工:り・ぷらんにんぐ)

 

 

 

床下放熱器の放熱量を調整すれば、置換換気と同時に室内の暖房も可能になり一石二鳥です。

 

 

 

(写真)床下に設置された、外気を予熱するための放熱器

 

 

 

「混合換気」では空調用の送風量と必要換気量に10〜20倍程度の大きな差異があります。

 

「床下集中換気システム」では必要換気量と床下温度の関係から暖房量を求めることができ、

 

自然対流を利用した送風と暖房が可能になるため空調の搬送動力が不要になります。

 

 

 

(写真)床下集中換気で快適性を高めたリビング(設計・施工:北央建設)

 

 

 

つまり室内で風を感じることのない快適な暖房環境と、新鮮空気に満たされた居住域を

 

同時に生成することが可能になるわけです。

 

床下空間を衛生的に維持する必要はありますが、寒冷地の空調方式としては魅力が

 

ありそうですね。

 

 

 

 

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

 

「健康のための室内気候講座」: http://iwall.jp/column.html

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

       

       

 

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:378 最後に更新した日:2020/09/24

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM