Lesson 14 北緯38°は、北国なのか?

四季折々の変化や風光明媚な景観など、南北に長く広がる日本は、世界的にみても稀有な自然大国です。

 

下図からは、仙台市が位置する北緯38度付近はヨーロッパで言えばポルトガルのリスボンと同緯度と言うことがわかります。札幌もローマとミラノのほぼ中間であり、ドイツやスイス、北欧の諸国からみればとても南方に位置しています。

 

北日本、とりわけ冬の寒さが厳しい北海道の住宅を考えるとき、北欧やドイツの建築基準が参考として取り上げられますが、太陽の位置だけを考えると北海道は欧州の南の地域とほぼ同等であるのです

 

つまり日本で住宅を考えるときには季節に合わせた日射利用の最適化が不可欠であり、「断熱」に加えて「蓄熱」や「遮熱」の技術開発がとても大切になる、ということでしょう。

 

<出展> http://takaotera.jugem.jp/?eid=1362

 

■詳細は、公式HPをご覧ください。

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/kenkou.html

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


Lesson 13 暖房と冷房、エネルギーを消費するのはどっち?

「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。」

 

よく知られた吉田兼好の「徒然草」の一節は、住宅の環境創生に建築技術をどう落とし込むべきかに、多くの示唆を与えてくれます。開放系と閉鎖系の何が日本の風土に適合しているのか、といった議論も過去には話題にも。

 

高効率の冷・暖房用エアコンを容易に入手できる現代では、どのような建築を旨とすれば良いのでしょうか?

 

下図からもわかるように、那覇市以外の全ての県庁所在地で暖房エネルギー消費量は冷房を大きく上回り、住宅の空調エネルギー消費に占める暖房の割合は80%を超過しています。

 

「冬はいかなる所にも住まる」とは、創意工夫によって寒さは解決することができるということです。「出アフリカ」以来、様々な社会的適応能力を身につけてきた現代人にこそ、新たな住まい方の創生が求められているようです。

 

 

■詳細は、公式HPをご覧ください。

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/kenkou.html

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


札幌市立大学の公開講座に参加しました。

札幌市立大学のサテライトキャンパスで「ウェルネス・ハピネスを高める地域医療 × まちづくり」をテーマに公開講座が開催されました。

 

世界に冠たるご長寿社会へと急速に変貌を遂げる、現在の日本社会。

 

病院の「Cure(治療)」技術は病気を治すことが主目的ですが、癒しや幸福感を与える「Care(介助)」を包括した地域医療のあり方について、先駆的な実践者でもある紅谷浩之先生1)から、事例を交えた興味深い講演がありました。

 

治す医療・戦う医療と癒す医療・支える医療との連携は、病気で苦しむ患者や自立が困難な高齢者に、癒しや幸福感を届けることはできるのでしょうか?

 

 

■詳細は、公式HPをご覧ください。

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/

 

 


Lesson 12 微弱な気流が「寒さ」の原因になる。

盛夏には一服の清涼感を醸し出してくれる「そよ風」も、冬の室内では「寒さ不快」の原因になります。

 

冬季の室内で生じる微弱気流はFig.1に示すように、「すきま風」「コールド・ドラフト」「換気・空調」によって生じることが知られています。気密性能を改善すると、室内から「すきま風」排除して不快を低減する効果があります。

 

一方で「換気」や「エアコン」などの設備から吹き出される気流には十分な注意が必要になります。

 

エアコンやFF式ストーブで生じる気流の速度は、およそ0.8[m/s]ほどです。この気流の中に3時間滞在すると、体感温度は6.5 ℃も低下してしまうのです。暖房設定温度の推奨値が20℃であるにもかかわらず、エアコンの設定を26℃以上にしなければ寒く感じてしまうのは、室内気流の影響ですね。

 

冬の暖かさと省エネルギーには、暖房設備の選択も大切です。

 

 

■詳細は、公式HPをご覧ください。

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/kenkou.html

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


リガの街を散歩しました。

「バルト海の真珠」とも詠われるラトビアの首都、リガの街を散歩してきたました。

前日は1月にしては珍しく雨が降るほど暖かかったのですが、この日は極寒。

寒さ対策を十分にしてから、旧市街を中心に建築を見て回りました。

 

 

6月のオペラシーズンにはヨーロッパ中から音楽好きの方々が集まってくるのですが、さすがにシーズンオフです。早朝の市役所広場にやってくるのは、建築好きの我々くらいしかいませんよね。

 

 

ラトビアは親日的な方が多くいらっしゃると聞いていましたが、小学生みなさんから「コンニチハ」と声をかけられてびっくり!将来、日本にも遊びに来てくれるといいですよね。歓迎します。

 

 

戦禍の影響が少なかったせいでしょうか、リガ城を始め多くの建築が建築当初の姿を残したまま保存されているのが印象的です。アールヌーボ様式の建築も多数あり、色彩も豊かで美しい街並みが旅行者を楽しませてくれます。

 

 

定番の猫の家。屋根の上にいる2匹の猫のお尻はドイツの方を向いているのだそうですが、理由は・・・。EUでも一人勝ちと言われているドイツですが、欧州人でなくては分からない歴史的な事情もあるようです。

 

 

次の目的地プラハを目指し国営航空会社であるエア・バルチックの飛行機に乗り込みました。ボンバルディア社が製造した噂の最新鋭機で、シートや照明デザインもオシャレにまとまっています。それにしてもラトビアの方々はとっても高身長で、通路の天井に頭を打ち付けるのではないかと、ヒヤヒヤしたくらいです。

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:75 最後に更新した日:2017/04/08

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM