Lesson 42 屋根の断熱不足が「睡眠の質」を低下させる。

 

 

 

2階にある寝室や子供部屋が深夜になっても暑くて、ぐっすり眠れない。翌朝もスッキリ起きられない。

 

夏型の睡眠不足に悩む方は意外に多いようです。今回は住宅の2階がとりわけ暑くなる原因と、その対処方法について考えてみることにしましょう。

 

日射を受けた屋根から侵入した熱が「睡眠時熱中症」の原因になる。

 

木造住宅の最上階の天井(多くは2階ですが)と屋根の間の空間を小屋裏空間といいます。屋根の断熱が不十分な住宅では、日中の日射熱で小屋裏空間の温度が 60〜70℃ にも達することも珍しくありません。

 

 

小屋裏空間にたっぷりと蓄えられた熱は夜になっても2階の天井を温め続け、徐々に室内へと流れ込んできます。冷房の冷たい風と天井からの照り返しが同時に存在するという非常に不快な環境が夜通し続くと、寝苦しくて「睡眠の質」はますます低下してしまいます。

 

断熱性能の低さが健康を阻害し、空調エネルギーを増大させる。

 

木造住宅に比べると熱容量が大きいマンションなどの最上階では蓄積される熱量も多いので、夜の室温が高く推移しがちですからこの問題は特に厄介です。

 

 

ここで住宅の断熱性能と体感温度との関係について考えてみましょう。

 

上の図は気候区分ごとに定められている断熱性能の指標、UA値の基準と体感温度の関係を示しています。横軸は外気温度で、体感温度は日射によって温められた建築躯体の影響も加味して計算してあります。

 

本州の東京以西の地域が属する5〜7地域の断熱基準はUA=0.87 [W/m2/K]です。図から、外気温が25℃の夏日に冷房をしたとしても、晴れていれば日射の影響で体感温度が26℃を上回り、不快に感じる始めることがわかります。

 

一方で北海道レベルの断熱基準 UA=0.46 [W/m2/K]まで断熱を強化すると、猛暑日でも体感温度は26℃以下に保つことができますので「夏の暑さ対策」にも「住宅の断熱強化」が有効であることがわかります。

 

エアコンの使用だけでは、防ぎきれない体感温度の上昇。

 

日射が窓を通して室内へと自由に侵入すると、床や家具にも大量の日射熱が蓄えられることになりますから、健康室温の維持はさらに難しくなります。エアコンを利用する場合でも遮熱効果の高い日よけの利用は必須と言えるでしょう

 

環境弱者を住宅内での熱中症から守るためには、以下の4項目が必須です。

 

  1 エアコンの適切な配置と利用

  2 屋根や外壁の断熱強化

  3 外付けブラインドなどの日射遮蔽装置の利用

  4 温湿度計などによる室内環境の可視化

 

年々増える続ける「住宅内熱中症」とりわけ「就寝時熱中症」の患者数。

住宅の睡眠環境の改善は、まだまだ不十分なようです。

 

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/column.html

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 


ヴァチカン美術館の鑑賞を終え、サン・ピエトロ大聖堂へと。

 

 

4時間にもわたるヴァチカン美術館の鑑賞ツアーを終えて、次はサン・ピエトロ大聖堂へと移動します。

 

初代ローマ教皇でもある、使徒ペトロの墓所を祀る聖堂が起源となった大聖堂ですね。もちろんキリスト教会としては世界最大級で、ローマ教皇が住むヴァチカン宮殿に隣接しています。夕刻の写真なのですが正面のファッサードには夕日が当たっていませんね。ということは後壇が西向きにオリエント!?

 

 

バロック芸術の巨匠ベルニーニが設計した広場の中央には、古代ローマの時代にエジプトから運ばれたオベリスクが立っています。

 

 

正面左側の宮殿通用口には容姿端麗なスイス人衛兵の姿が今日も。スイス各地の教会から推薦された選ばれし者のみが果すことのできる、誉れ高いお務めです。

 

 

正面のアーチをくぐると豪華に装飾されたアトリウム、そして聖堂に続く5つの扉があります。右から二番目「秘跡の扉」が通常の見学者入口で、左から二番目の「善と悪の扉」が出口になります。

 

 

一番右側にある「聖年の扉」は25年に一度、聖年の年にだけ開く扉です。ローマにある4大バシリカの「聖なる扉」をくぐると、特別な赦しが得られると言われています。

 

 

身廊に入ってすぐ右側に、人だかりのできているところがありますね。幕の後ろには有名なあの作品が・・・。

 

 

ミケランジェロ26歳の作品「ピエタ(慈悲)像」です。十字架から降ろされたイエス・キリストと、キリストを抱く聖母マリアの悲しみの表情はローマに来たら必見ですよね。

 

 

そして大聖堂に入ってすぐに目に飛び込んでくるのは、眩いばかりの壮麗な装飾。スタッコ、大理石、ブロンズなどの像だけでも400体以上あるという、世界最高で最大の芸術劇場です。サン・ピエトロ大聖堂を訪れると観光客が「スタンダール症候群」に罹ると言われるのも納得できますね。遠くの参拝客の大きさで、隔世感溢れる天井の高さが感じられるかと思います。

 

 

こちらがラファエロの絶筆となった祭壇画『キリストの変容』のレプリカです。天啓によってキリストが神であることを認識する場面と、悪魔に取り憑かれた少年が奇跡で治癒する場面が、一つの画面に描かれています。それにしても美しい。
 

 

ベルニーニ作の大天蓋も大聖堂内の見どころの一つです。この巨大なブロンズ製の天蓋の真下に、聖ペトロのお墓があります。強い力でねじ曲げられたヴァナキュラスな印象を与える4本の柱で、重厚な天蓋が支えられていますね。後陣には同じくベルニーニ作の「聖ペテロの司教座」が少しだけ見えています。この椅子は教皇だけが腰掛けることを許されているそうです。テレビ中継の準備のためでしょうか、残念ながら本日は立ち入り禁止のようです。

 

 

大天蓋の真上を見上げると、ミケランジェロが設計した有名なクーポラを内側から眺めることができます。高さ138メートル。よく見ると円形の黄金モザイクで聖人たちが描かれているのですが、今日は太陽の光で神秘的に光り輝いています。

 

 

大天蓋の位置から入口方向を見るとこんな感じです。大聖堂の中にはたくさんの礼拝堂や歴代教皇の墓所があり、一つ一つが彫像で美しく飾られています。輝かしい縁起と2000年の歴史、空間のスケール、装飾の完成度、どれをとっても世界最高峰のバシリカでしょう。カトリックの信者にとっては、一生に一度は訪れたい巡礼の地です。

 

 

さてイタリアのデザートといえばジェラート。今回の旅行で、一生分のアイスクリームをいただくことになりました。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


想い出多い実験棟に感謝しつつ「論文一覧」を更新しました。

 

 

望外にも25本以上の査読論文が雑誌に掲載され、数多くの卒業論文執筆も支えてくれた、北海道職能大の『PCM実証実験棟』が、2018年10月に撤去されることになりました。

 

2007年9月に着工してから早いもので11年。毎年のように改修を重ねながら新規の実験テーマを実施できたのも、この実験棟の存在が支えとなってくれたおかげです。

 

 

写真は2007年12月の冬工事の様子。当初から仮設実験棟でのデータ取得を目標としてきましたので、経済性も考慮して外装は樹脂の波板で仕上げることに。PCM建材の性能実証試験に加えて、急遽決定した屋根瓦の実験も加わりバラエティーに富んだ研究が始まろうとしていた頃です。

 

データの取得は順調に進んだものの、やはり大変だったのが冬場の除雪。日本海に面した小樽市銭函では最大積雪深が2m近くになることもあり、水平面全天日射計の維持のためにも毎日の除雪を欠かすことができませんでした。

 

実証試験を積み重ねることで、冬場の日射量が少ない小樽でもパッシブソーラーハウスが実現できること、PCMの潜熱蓄熱によって朝の冷え込みを予防しエネルギーインフラが途絶しても最低限の生活温熱環境が維持できること、ソーラー温水パネルを壁面に垂直設置することで積雪が多くても十分な暖房エネルギーが獲得できることなどなど、貴重な研究成果を多数あげることができました。

 

研究の実施にあたって終始、熱心に取り組んでくれた北海道職業能力開発大学校の教職員や学生の皆さん、共同研究でお世話になった協賛メーカーや工務店、左官工事店の皆さんに、衷心より御礼申し上げる次第です。本当にありがとうございました。

 

これまでに発表した論文リストは、下記のリンクからご覧になることができます。

 

「論文一覧」のリンク: http://iwall.jp/about.html#ronbun

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


北海道を襲った災害は、地震だけではなかったようです。

 

 

北海道で最大震度7を観測した地震発生から10日が経過しました。今回の地震で亡くなられた方は41人。地震の揺れや地盤の液状化によって被害を受けた建物は1,300棟に上り、今も1,500人以上の方々が不自由な避難所生活を強いられています。地震による大規模な土砂崩れなどの直接的な被害に隠れがちですが、その他にもいくつかの災害が同時に発生したことが被害の影響を大きくしたようです。

 

地震前日に北海道を襲った、台風21号の強い風雨による災害。

 

とても強い勢力を保ったまま4日、近畿地方に上陸した台風21号。関西国際空港が水没して完全閉鎖され、一時30万戸以上が停電するなど、台風21号は甚大な被害を全国にもたらしました。

 

北海道地震の前日、5日未明には北海道も強風域に入りました。数千年前まで続いた樽前山の噴火によって、震源地である胆振地方や石狩平野には大量の火山灰が積層し、軟弱な地盤を形成したことは道民なら周知の事実です。また植生も単調で根を張らない樹木も多く、強風による倒木被害が起きやすい地域でもあります。

 

 

札幌を襲った大規模な地盤の液状化はこうした地質学的な特徴に加えて、沢地を埋め立てて宅地造成を急いだ都市計画上の問題もあったように思います。また前日降った大量の雨が、土砂く崩れの被害を増幅したことは容易に予測がつきます。

 

全道一斉停電という災害は、地震が原因なのでしょうか?

 

地震発生直後に起きた苫東厚真火力発電所の緊急停止に端を発したブラック・アウトは、今も道民生活に大きな影響を与え続けています。

 

航空、鉄道や流通網は徐々に回復しつつありますが、市民生活に直結する食品工場や地場産業である農産品の加工工場の被害は甚大でした。今も点検作業を余儀無くされている乳製品工場や冷凍食品工場も多いと聞きます。

 

いつもなら棚いっぱいに並ぶお弁当などがコンビニから消えるのは、東日本大震災以来です。

 

 

いつもはこれでもかと言うくらいならぶ、納豆や豆腐の棚も空っぽ。しばらく生産を再開できないそうです。

 

 

冷凍食品もこのような状況。停電で廃棄せざるを得なかった在庫品も大量にゴミ処理場に運び込まれています。北電によれば想定外の地震だったようですが、東日本大震災以降たびたび指摘されてきた苫東厚真火力発電所への依存度の高さと設備の老朽化問題。

 

政策的に集中させた自然再生エネルギー利用への過度な傾斜を見直す、良い契機としたいものです。

 

 

台風は、秋の味覚も運んでくれたのですが・・・。

 

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


いよいよ「ラファエロの間」へと、鑑賞の旅は続きます。

 

 

いよいよ見えてきました。「ラファエロの間」への順路を示す看板が「オスティアの戦い」の絵の前に。何と言っても巨匠ラファエロの絵画がこれほどまでに系統だって、しかも間近に鑑賞できるのはこの美術館しかありません。ラファエロ・ファンは必見です。

 

 

現在も連綿と続いているフレスコ画の修復。今日は「コンスタンティヌス帝の洗礼」が作業中のようです。修復技術者の育成と技術の伝承には、継続的な修復作業が欠かせません。次回はきっと美しい姿になって、出迎えてくれるのでしょう。

 

 

それでは「ヘリオドロスの間」へ移動しましょう。4面あるフレスコ画から、こちらが「ヘリオドロスの神殿からの追放」です。財宝を盗み出すためにエルサレム神殿へと侵入したヘリオドロスですが、天使たちに打ち負かされて神殿から追放されようとしていますね。天使、強し!です。

 

 

こちらは「アッティラの会談」。大教皇レオ1世と、ハンガリーの基を築いたフン族王のアッティラとの停戦交渉の様子です。教皇の頭上には剣を持った聖ペトロと聖パウロの姿も見えています。聖人といえども正義のためには戦うのでしょうね?写真やビデオのなかった時代の、記録画像的な意味合いなのでしょうが・・・。

 

 

こちらは「ヘリオドロスの間の天井画」。旧約聖書の創世記の物語を題材にしているのですが、ややタッチが荒いような気もします。もちろん工房のお弟子さんたちも、制作に参加していたのでしょうね。今は修復も完了して、色鮮やかに復活です。

 

 

こちらはローマ教皇の力の源泉を示す「聖ペトロの放免」。3つの場面が同じ壁面に描かれていますね。松明の明かり、月の明かり、そして天使の後光が鮮やかに表現されています。窓の扉が閉まっていれば、もっと綺麗に・・・。

 

 

いよいよラファエロがバチカンで最初に手がけたと言われる「署名の間」へと移動。そして「アテナイの学堂」に再会です。ルネッサンス絵画の代表作としても知られるこのフレスコ画。構図はギリシャ十字で、完璧なまでの遠近法。プラトン、アリストテレスを中心に、キリスト教とギリシャ哲学との融和を念頭に描かれた絵画です。画面の中から登場人物のモデルになった巨匠たちを探すのも楽しみですね。

 

 

弟子たちに講義する天才幾何学者ユークリッドの後ろでは、作者ラファエロがこちらを伺っているようです。

 

 

そしてもう一つの大作がこちら「聖体の論議」です。天上に君臨する父なる神は、キリストの上に。そして足元には聖霊が描かれています。画題は「父と子と聖霊」ですね。キリスト教が地上と天上の両方に、遍く広がる存在として表現されています。

 

 

さらに「ボルゴの火災」が展示されている部屋へと移動。ボルゴで実際に起こった火災を、画面奥のテラスにいる教皇が祝福により鎮火した、という奇跡を描写しているそうです。

 

 

こちらは同じ部屋にある「カール大帝の戴冠式」。西暦800年のクリスマスのミサ中に突如行われた、初代神聖ローマ皇帝にしてフランス王カール大帝の戴冠式の模様です。授冠しているのが大教皇レオ3世です。

 

 

ラファエロにどっぷりと浸かった後は本日のメイン、システィーナ礼拝堂の鑑賞です。日本テレビが持つ著作権の関係で撮影が禁止されていますが、巨匠ミケランジェロの渾身作「最後の審判」と壮大な天井画を1時間ほどかけてたっぷり楽しみました。

 

 

今夜はテルミニ駅のメルカート・チェントラーレ・ローマでお食事を。こちらの前菜盛り合わせ。ワインとのマリアージュが抜群で、とっても美味でした。

 

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


今回の震災で、改めて気づいたこと。

 

 

9月6日の深夜、北海道胆振地方を震源とする震度7の非常に強い地震が発生し一週間が経過しました。今回の震災で被害に遭われた全ての方々に、心からお見舞い申し上げます。

 

室内気候研究所がある北広島市は震源からも近く、食器が戸棚から飛び出して壊れたり、書棚や冷蔵庫が移動するほどの激しい揺れを感じました。おかげさまで被害はいずれも軽度で、また社員にケガもなく現在は通常の営業を再開しております。メールや電話でご心配をいただいた皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

発送電網のブラック・アウトにより、全住戸で停電が発生。

 

日常生活も徐々に戻りつつありますが余震への不安、食料品の不足、節電要請による不便な生活など、まだまだ課題は多いようです。

 

今回の地震では建物の倒壊や土砂災害などの直接被害ばかりでなく、苫東厚真発電所の停止によってブラック・アウトが発生し北海道全域の295万戸で停電が発生しました。日本では初めての大規模事故であり、完全復旧は11月以降になる見込みのようです。

 

これから冬に向かって暖房需要期を迎える北海道。電化住宅の普及で電気暖房の住宅も多く、節電にも限界があるため市民生活への影響が懸念されるところです。

 

発電設備の老朽化が進む北海道の電力事情はとても脆弱で、しかも改修が遅れている。

 

東日本大震災が発生してから泊原子力発電所は運転を停止しており、運転開始後4、50年を経過した火力発電所も多いことから、北海道では大規模停電のリスクが非常に高いことが以前から指摘されていました。また、本州からの電力融通を受けるための北本連携の設備もリスク回避には能力が不十分で、さらにリスク対応のスピードも全く実情に見合っていないことが明らかになりました。

 

現状の危機的なリスクを放置してきた経済産業省や電力事業者の責任解明と、電力供給の改善に資する早急な行動が求められるところです。同時に、需要者である道民の電力消費に関わる問題意識の喚起も課題になりそうです。

 

電気の利便性の陰には大きなリスクが存在しています。エネルギー源のハイブリッド化を進めるとともに、エネルギー利用に依存しないパッシブ技術の開発と利用を促進していく必要があると思います。

 

 

原子力発電を早期再開しようとする動きに注目。

 

ブラック・アウトの原因を泊原子力発電所の停止に求めようとする動きが、すでに始まっているようです。今回の震災で再確認できた現実とはなんだったのでしょうか?

 

1 地震は予知できないし、いつでも身近で発生する可能性がある。

2 発電設備は地震で損傷する。原子力発電所も例外ではない。

3 老朽化した設備は、時間とともに摩耗故障のリスクが高まる。

 

法的な規制もあって、地震が起きないことを説明するための理論武装に追われてきた電力事業者。東日本大震災以前の「原子力発電所は安全で、事故は起きない」という思考停止と同じ事象が再現されているように思えて仕方ありません。

 

今回も震度2の揺れで泊原子力発電所の全外部電源は喪失し、非常用電源は作動したものの作動時間は限りがあるのが現実です。事故の記者会見で「想定外の事故である」かのごとき論調が電力事業者から発出されましたが、想定できない事故に対応する技術力と覚悟がないのなら、原子力発電からは即座に撤退すべきです。

 

泊を動かせば火力の老朽化、延いては北海道の電力問題も解決できる、といった甘えを許してはいけません。

 

 

台風21号と大地震の被害にも耐えた野菜たちが、畑で収穫を待っていました。

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


HPに「事業内容」を追加しました。

 

公式HPに弊社の「事業内容」のページを追加しました。

 

下のリンクからご覧になることができます。

 

http://iwall.jp/about.html#jigyonaiyou

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


9月7日夕刻、学会から無事帰宅できました。

 

 

2018年9月6日 3:08 。北海道東胆振地方で深夜に発生した震度7の大地震。山の崩落などで、甚大な人的被害が発生しました。

 

同時に発生した「ブラック・アウト」で北海道全域が停電。通信状況も次第に悪化し、家族との情報交換も途切れがちになっていきます。

 

 

懸命の復旧作業が奏功してか、翌9月7日午後には新千歳空港も再開。JRも千歳と札幌を結ぶ「快速エアポート」だけの運行です。前日は終日欠航していましたので、新千歳のロビーは大勢の旅行客で埋め尽くされていました。

 

 

地震発生時には学会参加で不在でしたが、自宅に帰ってみると隣家のバスケットボール用のゴールが倒れています。

 

 

研究所は本棚や机などの重量家具が少し移動した程度で、建物には損壊はなく一安心。日本の住宅の耐震性能の高さに感謝です。

 

冬場の震災で大規模停電となると2次的な被害の増加が予測されますので、事前の対策が不可欠になりそうです。

 

 

 

これから少しずつ震災で感じたことや、復旧の情報をアップしていきたいと思います。

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 


大混雑の燭台のギャラリーから、地図の間へと移動します。

 

 

先回からご紹介しているヴァチカン美術館の鑑賞ツアー。今日は大混雑の「燭台のギャラリー」から続きを始めましょう。

 

 

劣化防止のために少し照明が落とされた「タペストリーのギャラリー」へと進んで行きます。新約聖書に著されたキリストの生涯を、一連の大きな織物作品(タペストリー)で表現してあります。

 

 

ラファエロの弟子たちが下絵を描き、当時最高の織物技術を誇ったブリュッセルの職人たちが丁寧に仕上げた作品です。

 

 

経年劣化による退色はあるものの、織物とは思えないような精緻な表現でキリストの生涯を描き出していきます。こちらは「キリストの復活」でしょうか。

 

 

タペストリーのギャラリーに続くのは、明るく煌びやかな「地図の間」です。大デレゲーションを振り返りながらパチリ。左に見えるのがイタリア半島全図ですね。それにしても大勢のお客さんです。

 

 

こちらはコルシカ島の地図。地中海に浮かぶ島の山や川の様子が、本当にリアルに描けています。いつか旅してみたいものです。

 

 

「地図の間」は天井画も本当に素晴らしいので、どうしても視線をあちらこちらと移動させなくてはならず、通りぬけるまでにかなりの時間と体力を消耗します。しかも首が痛い。

 

 

大混雑のギャラリーを抜けると次は「ソビエスキーの間」。ウィーンでイスラムの大軍に包囲され、危機に瀕したヨーロッパのキリスト教連合軍。現れたのは救世主、ポーランドのソビエスキー王のヤン3世ですね。この絵はキリスト教軍の勝利を報告するため、教皇への手紙を使者に手渡している場面だそうです。ヤン王の背後には、後光のように虹がかかっていますね。

 

 

次の部屋では「無原罪の御宿り」の聖母マリアが待っていてくれます。神の恵みによって聖母マリアは原罪の汚れをはじめから一切受けていなかった、とするカトリックの大切な教義を表した作品です。

 

 

この先に「ラファエロの間」、そして「システィーナ礼拝堂」へとまだまだ続くヴァチカン美術館。いくら時間があっても足りないくらいです。遠くに頭が少しだけ見える松ぼっくりの中庭から、左側の回廊を進んできたことになります。

 

 

疲れていたので、本日はパスタとピザはパス。寿司バーで購入したパックのお寿司をいただくことにします。でも、なぜフラミンゴ!?

 

 

日本にいれば何の変哲も無い寿司弁当。これが23€(3,100円)、しかもガリは別売り。でも同行者とつついてみれば、これもまたうまし。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 


Lesson 41 夏季の室内は、25〜27℃ (50rh%)に維持しよう。

 

 

今回は酷暑の続く日本の夏をテーマに、健康の維持と知的生産性の向上という異なる視点から「夏のかしこいクラシ」について考察してみます。

 

寝室は28℃ (50rh%)、執務室は26℃ (50rh%)以下に維持しよう!

 

下着程度のごく軽度の着衣(0.4clo)で横臥している時でも室温28℃、相対湿度50%以上になると暑く、発汗による体温調節が始まります。就寝時の寝室の室温は28℃が上限と考えられます。また、テレワークなどで自宅就労をされる場合や、子供の学習環境では活動量がもう少し上がりますから(1.0〜1.2 met)室温はさらに低く調整する必要があります。室温26℃程度、相対湿度50%が上限となるでしょう。

 

 

 

室温が28℃以上になり発汗が連続して起こるような状況は、無意識のうちに自律神経が亢進しますから、人体には大変なストレスがかかることになります。このような環境下で就寝しても「睡眠の質」の低下は避けることがでません。睡眠時にのみ活性化する免疫系の修復・再生、人成長ホルモンの分泌にも大きな影響を与えますので注意しましょう。

 

最近では「省エネのため設定室温を28℃にしましょう」といったスローガンを、環境省も広告しなくなりました。知的生産性の維持、向上を目指すならクールビズ・スタイル程度の着衣量でも室温の上限は26℃ (50rh%)であり、これ以上の室温では作業能率、延いてはGDPが低下するからです。

 

 

エアコンの設定温度を28℃に設定していたとしても、住宅の断熱、遮熱性能やエアコンの冷房能力の影響を受けて、実際の室温が設定温度になっていない住宅が多いようです。温湿度計は常に身の回りに置いておき、周囲環境を量として把握することを心がけましょう。

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/column.html

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:222 最後に更新した日:2018/09/24

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM