ヴェッキオ宮でダンテに会う。

ドゥオモからシニョーリア広場に移動して、ヴェッキオ宮とウフィツィ美術館の見学に出かけます。ヴェッキオ宮は1299年から1314年にかけてアルノルフォ・ディ・カンビオによって建設されたゴシック様式の建物。高さ94mの鐘楼「アルノルフォの塔(時計塔)」がシンボルになっています。

 

 

ヴェッキオ宮はフィレンツェ共和国の政庁舎として建設され、一時期メディチ家の住まいにもなっていました。隣接するウフィツィ美術館はメディチ家の仕事場だったと言われています。二つの建物は、雨に濡れることなく仕事場まで移動するための天蓋歩道で接続されており、ポン・テ・ベッキオの上に作られた「ヴァザーリの回廊」へと続いています。ベッキオ宮は現在市庁舎、博物館としても利用されており、入り口ではミケランジェロの傑作の一つダヴィデ像のレプリカが出迎えてくれます。

 

 

フィレンツェ共和国の政庁舎として使用されていた時代を忍ばせる500人広間。市民大評議会の会議場です。フィレンツェ共和国は、巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロに500人広間の壁画を依頼し、競作させたと言われています。2007年5月、イタリア文化庁は、レオナルド・ダ・ヴィンチの幻の壁画「アンギアーリの戦い」がヴァザーリの壁画の裏側に隠されていると発表した。映画にもなったこの謎、名画は本当に隠されているのでしょうか?

 

 

スペイン王室からメディチ家に嫁いだ王妃の肖像画が、彼女専用の祈祷室に描かれています。祖国から遠く離れたフィレンツェに嫁ぎ若くして命を落とした王妃の、美しくも悲しげな横顔が彼女の運命を暗示しているかのようです。ちなみに同居していた姑との仲は良かったようですが。

 

 

宮殿2階にはいくつもの展示室がありますが、その中で最も日本にゆかりのある展示物が下の写真です。「黄金の国ジパング」と呼ばれていたルネッサンス時代に制作された古い地図です。左下の島の名称が「GIAPAN」と記されているのがわかるでしょうか?

 

 

そして今回の視察の主目的の一つ、「神曲」で有名なフィレンツェ出身の文豪、ダンテのデスマスクにご対面です。1265年にフィレンツェで生まれたダンテは、宗教政争に巻き込まれるものの敗北。フィレンツェを追われてイタリア各地を放浪しながら生涯を閉じます。今は生まれ故郷のフィレンツェで、新たな世界観を構築しようと思索しているのかもしれません。

 

 

ベッキオ宮をゆっくりと見学したら、ここで小休止。シニョーリア広場に面してグッチ博物館があります。

 

 

この博物館にはカフェが併設されているのですが、ここでいただくエスプレッソが絶品、とのことで伺いました。写真奥に見えますでしょうか?日本人のイケメン・バリスタが本場のエスプレッソを淹れてくれます。ぜひこの方にオーダーしてみてください。間違いなく最高です。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


Lesson 7 入浴中の心肺停止は、交通事故死の4倍以上!

毎年17,000人もの方々がヒートショックに関連した「入浴中急死」で亡くなるという事実をご存知でしょうか。

交通事故死者数の4倍にも相当する人が、家庭内で起きる入浴中事故の犠牲となっています。

 

原因は? 予防法は? 今回は冬の健康な暮らしについて考えてみます。

 

 

1月の死亡者数は8月の約11倍。死亡原因には季節性があることが浮き彫りになります。

突然、幸福な家庭を襲う不慮の事故。住宅の熱性能が死亡原因ではありませんか?

 

ソーラーパネルを設置しても、冬の健康被害は減らせません。

健康リスクを減らしたいなら、まず「断熱」することです!

 

■詳細は、公式ページでご覧ください。

健康のための室内気候講座HP http://iwall.jp/kenkou.html

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


プレミアム・パッシブハウスの見学会に参加しました。

昨年10月末に着工した「北洲 プレミアム・パッシブハウス(PPH)」(仙台市)で、構造見学会とミニセミナーが開催されました。

 

PPHは省エネ先進国のドイツやスイスの基準を上回る超高性能住宅。

新たに「断熱」「蓄熱」「遮熱」に関する革新的技術を採用して、現在実現できる最高レベルの健康・快適環境を創造しようとするプロジェクトです。

 

 

当日はPPHの設計コンセプトに関するセミナーに加えて、無機系断熱材では世界最高の性能を誇るシリカエアロゲル断熱材「SLENTEX®」(BASF社)の施工見学も行われ、多くの来場者が熱心に見学していました。

 

 

4月に予定されている完成見学会では、潜熱蓄熱内装材「エコナウォール25」や日射遮蔽アミ戸、外付けブラインドを採用した「Passive Fenster」の発表会も予定されています。

 

健康的な居住環境を経済的に実現するため、室内気候研究所も環境設計に参画。

今後の実証評価では東北大学大学院の小林准教授とも協働して、住環境とエネルギー消費に関する実測調査を実施。結果を随時公表していく予定です。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/

 


ドゥオモの威厳に圧倒されます。

みなさん、新年あけましておめでとうございます。2017年が良い年でありますことを、心からお祈りしています。

 

さて、フィレンツェの旅も午前中のクライマックスへ。いよいよドゥオモにやってきました。休日ですから観光客でどこも混雑しています。それにしてもこのマッシブで絶大なボリューム感と色彩。これでもかと主張するような加飾技法。色酔いしてしまいそうな強烈さでドゥオモのファッサードが迫ってきます。手前がサン・ジョバンニの洗礼堂ですね。

 

 

フィレンツェのドゥオモの正式名称はサンタ・マリア・デル・フォーレ大聖堂。花の聖母教会です。ジョットの鐘楼と洗礼堂を合わせた3つの建築で構成されています。

 

 

この大聖堂はイタリアの晩期ゴシックから初期ルネッサンスを代表する建築です。トリコロールの大理石をふんだんに使用した豪華なファッサードは精巧な彫刻で加飾され、見る人々を聖なる世界へと誘います。カトリックの信者でなくても、その理想とする姿と歴史の奥行きに引き込まれていきそうです。

 

 

 

サン・ジョバンニの洗礼堂にはミケランジェロが絶賛したことで有名な天国への門があります。旧約聖書を10枚のパネルで再現した現在のレプリカは日本からの寄贈によるもので、オリジナルは聖堂裏手にあるドゥオモ付属博物館に収蔵されています。遠近法でブロンズが浮き彫りに見えるギベルティーの超絶技法。製作者自身もパネルの中に描かれていますので、見つけてみてください。

 

 

この日は日曜日で午前中は礼拝のために内部を見学することができません。でも、外周を一周するだけでその魅力は十分把握することができます。クーポラの見学は後回しにして、近くのカフェでちょっと休憩です。

 

 

正面右側の広場近くにある、とっても美味しいジェラード店です。フィレンツェ在住の方から、こっそりと教えていただきました。一見ブテイックのような外観ですが、是非一度本場のジェラードを試してみてください。

 

 

 

地元民の良いジェラード屋さんの見分け方!!冷蔵庫の中のジェラードに蓋がしてあるお店は味も良いそうです。観光客相手のお店では商品を直接お客様に見せたいところですが、ジェラートも生鮮食品。酸化を防止するため、蓋がしてある方が美味しいのだそうです。注文は簡単。自分の食べたいジェラートの種類を英語で言うか指差し確認。カップかコーンかを選択するだけですから、日本と全く同じスタイルですよね。きっと。

 

 

普段はあまりいただかないジェラートですが、このお店ではとっても美味しくいただきました。今回はデザート系男子も同行されていましたので、このあとジェラートをいただく機会が何度かありました。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


サンタ・マリア・ノヴェッラ教会へ。

ローマ・テルミニ駅からユーロスターで1時間30分。1930年代に改修されたフィレンツェの中央駅、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅に到着しました。近代建築様式らしい抑制的なデザインですが、落ち着いた色彩と低く伸びやかなファッサードが、さりげなく観光客を出迎えます。ドゥオモまでおよそ650m、徒歩で10分程度の距離にあります。

 

 

中央駅名にもなった、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会は駅の正面、真向かいに位置しています。駅のファッサードは、教会の色彩やデザインとの調和を考えて計画されたことが窺えます。もちろん駅の高さが教会よりも高くならないような配慮も。ルネッサンス絵画に見られる水色の空、ちぎれ雲、そして緑の山々といった大自然に調和した建築材料の選択と意匠が見事に成功しています。

 

 

教会の側道を回り込むと、フィレンツェ・ロマネスク様式をテーマとした美しいファッサードが見えてきます。博愛の赤、正義の白、自由の緑を表す多彩な色調の大理石で幾何学的に構成されたデザインは、フィレンツェを訪れる旅人を魅了してやみません。希少で高価な大理石をふんだんに使用しており、往時のフィレンツェの経済的な繁栄を象徴する代表的な建築です。

 

 

ゴシック様式のトリフォーラを正面にのぞむ聖堂の内部。フィリッポ・リッピの祭壇をはじめ、有名な美術品がいくつも展示されています。この教会は世界最古の薬局があることでも有名ですが、薬局は聖堂から歩いて10分ほどの場所にあります。余談ながら、令夫人向けのお土産購入には最適な薬局かと思います。

 

 

正面ファッサードのバラ窓も、美しいステンドグラスで彩られています。このバラ窓を鑑賞するだけでも、1日の視察では時間が足りませんね。

 

 

EUの文化首都でもあるフィレンツェ。見たいものがたくさんありすぎて、気が急いてくるのは仕方がありません。教会前の広場を抜けて、いよいよドゥオモに向け再び散策を開始します。ルネッサンスの街フィレンツェですから、市街地のファッサードも美しいルネッサンス様式。数分でドゥオモとジョットの鐘楼の頂部が、少しだけ見えてきました。最もドキドキする瞬間です。

 

 

花の女神フローラを街の名の起源にもつフィレンツェ。旧市街は城壁でかこまれた狭い街区ですが、古代の城壁も教会の一部としてしっかりリユースされています。下の写真の左側廊部分が旧城壁です。色彩を含め違和感なく利用保存されていて、デザインの力を痛感する瞬間です。

 

 

閑話休題。モータリゼーションなんて全くなかった頃に作られた市街地は、現住民の自家用車でびっしりと埋め尽くされています。それにしてもどうやって縦列駐車したのでしょうか?これじゃあ、明日の朝、出庫できませんよね。ここもパリ流なのでしょうか、バンパーが心配になります。

 

今年も当ブログをご愛読いただき、ありがとうございました。それではみなさん、良いお年をお迎え下さい。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:63 最後に更新した日:2017/01/13

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM